さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。

2017年03月26日

長短。

キーボードのほこり対策にラップで覆うことを始めて随分時が過ぎた。

私の使うパソコンの機種が古くなった性もあり市販のそれはもう売ら
れていない。ならば代案がないかとあれこれ調べ、この方法にたどり
着いた。ラップは安価で交換に手間がかからず、とても重宝している。
ただ耐久性は期待できない。頻繁に打つ箇所が数週間も経てば磨耗し
破けてくるのだ。交換が面倒臭い時にはセロテープを貼ってしのいで
いるが、それもやがてみすぼらしくなってくると新しいラップを巻く。
延々続くこの繰り返し。他に良い案があればそれにするが今のところ
見当たらない。パソコンの機種変更はハードディスクだけ。今使って
いるHDはOS X Yosemite。以前のパソコンは基盤に傷をつけ廃棄
処分にした。残るは付随する周辺機器なのだが、これがバカでかくて
捨てるに捨てられない。レーザープリンタや、ディスク本体。そして
難儀な22型ブラウン管モニター。旧プリンタがないところをみると
廃棄したようだ。もう忘れるくらい昔になりつつある。
機器がニューバージョンになると否応なく新しいそれに交換せざろう
得ない。動作が格段に速くなり、新しいアプリが使える利点があるの
だけれど、まだ現役で充分使えるそれが無用になるのは腑に落ちない。
でも一般ユーザーは嫌でも従うしかないのだ。ただね、利便性だけを
追求するのは如何なものかと常々そう思っている。メーカー側は保守
点検の義務はもう無いの...と明後日の方角を見るばかり。利潤を求め
ざろう得ないのは分かっていてもこの悔しさをぶつける手立てが無い
ことに苛立ちさえ感じてしまう。消費社会がますます進み使い捨ての
時代に突入している現代。果たしてこれが地球に優しいと言えるのか、
はなはだ首をひねるばかりなのですね。(愚痴のつぶやき多々^^;)

  


Posted by 北の旅烏 at 07:18Comments(0)etc...提案・疑問?

2017年03月24日

ヤダ!

4月を目の前にして、もう雪かきなんて絶対ヤダ。ヤァ〜ダ〜ッ!face12

不安を押し殺し窓のカーテンを開ける。ウップス!なんだこの雪量は。
隣の車が雪に埋もれて真っ白け。その厚さたるや20センチをゆうに
超えていそうだ。朝刊を読むも心が滅入って記事が頭に入ってこない。
どうする旅烏。重い心と重い雪。ここは雪かきを先に済ませて、気を
楽にするのが得策ではないか。嫌な事は先伸ばしにせず片付けようと
外に出た...が思った通り水を含んで重そうな雪。ショベルを入れても
動かん。嗚呼この野郎。とりあえず雪山を作って融けることを願った。
体力が底をついたと言うより、頼りの気力が空っぽ。信心が無い旅烏
だからか、昨夜の神頼みは通じなかった。お赤飯も置かなかったしね。

隠れ家の階段周りも雪に埋もれ、ジャンプ台のスロープ状態。とりあ
えず長靴で雪を蹴飛ばし荷物を部屋に置く。そして小型のショベルで
階段の雪を退けて終了したが、また雪が降り出す始末。悪態どころか
遠吠えも出やしないのだ。プラス気温で雪融けが進んで、気が緩んだ
しっぺ返しの大量の雪。本当にこれが最後の除雪作業であって欲しい。
自宅の玄関に出したばかりのスニーカーは邪魔にならない場所へ移動
させた。来年まで出番が無いと思われた長靴くんだけが鼻息を荒くし、
頬を紅潮させている。そんなにテンション上げないでねお願いよ。face03
  


Posted by 北の旅烏 at 07:15Comments(6)etc...

2017年03月23日

失意。

降雪予報が当たる。窓外の雪まみれに...落胆失意。冬季到来。嗚呼!

やはり侮れない3月。これが2月なら諦めもつくが、もうすぐ4月に
入ろうというのにね。きっと重たいだろうな、この雪野郎めが...。face03
ふざけるのもいい加減にせい!などと悪態三昧。このまま見なかった
ことにして出かけようかなと思ったが、そうもいかずしぶしぶ雪かき
ショベルを手に外に出た。ほとんどが水じゃないか今朝のお雪さんは。
一度で退けれない重さが手に腰に伝わってくる。雪を押すのをやめて
切り分けて運ぶ。背を低くした雪山がまた、その標高を高くし始めた。
どんより暗い灰色の雲が立ち込め、雪が止んだり降ったりを繰り返す。
今冬の降雪量は思いの外少なかったのにね。ここにきて帳尻合わせを
する雪の神様。ああ!おねげ〜ですだ。堪忍してけろ。先日美味しく
食べたお赤飯が残っていたらお供えしたんだけれど、一粒残らず食べ
ちゃったし。お米に絵の具で桃色に染めて...否々ますます怒り心頭に
なって降り続くかも。ここはおとなしく様子見がよろしいようですな。  


Posted by 北の旅烏 at 07:07Comments(0)etc...

2017年03月22日

旨し!

お彼岸の日に義母からいただいた甘納豆入りのお赤飯。これが抜群に
美味い。お腹が空くとつまみ食いに走ってしまう魔力を?秘めている。
だから昨日の夕食にと思っていた分量がかなり減ってしまった。

お赤飯に甘納豆を入れるのは北海道と限られた地域だけとか。ご飯と
いうより和菓子に近いかもしれない。小さい頃からこの味に馴染んで
いる性か小豆入りのそれは物足りなく感じます。昔懐かしい味付けが
恋しくなる昨今、食膳に上がるお惣菜もスーパーで売られている出来
合いのものが主流となりつつあります。以前にも書いたニシン漬けは
その最たるもので甘酸っぱさの中に旨味が凝縮して食べ飽きることが
ありませんでした。でも今となっては、それは叶わず。似た味付けの
「ニシン漬け」を探して放浪の旅に出る...な〜んてね。できればそう
したいのだけれど。あくまで個人的な意見ですがお店で売られている
お惣菜の味付けは、どちらかと言えばしょっぱ過ぎ...が多いと感じて
います。ほのかな甘みと酸味が凝縮して、もっと食べたいと思わせる
一品があるといいのですが。(^^;)
今日は午後からお買い物の日。はてさて、夕食の献立は何になるので
しょうか。ちょっぴり楽しみでもあり、こんな筈じゃ〜の失意落胆も
待っていたり。それより最近「これ食べたい」が思いつかなくなりま
した。これって贅沢病?かしら。それとも歳とともに食が細くなった
性かしらん。歳を感じるのは物忘れ?だけでいいのにね・・・。face03  


Posted by 北の旅烏 at 08:21Comments(4)etc...

2017年03月20日

遅延。

バイク屋さんのジオラマは棚に置かれたままで埃をかぶり始めた...。

だからと言って別の展開を考えているかといえば、その気が起こらず
眠ったまま。日増しに雪が消えてアスファルトが顔を出すと自転車を
外に出し、どこへ行こうか楽しみにしていた昨年までは。今はそれも
叶わず悶々とした日々が続いている。バスや電車の旅も考えていたが
もう一つ背を押すパワーが足りない。車庫の奥に置かれたままの旅烏
2号はサビ放題で寂しげに下を向いているし。こんな筈じゃなかった
春分の今日。清々しい青空がうらめしい・・・。
な〜んて愚痴を言って自分を責めても何も変わりはしないのは分って
いるがどうしても引きずられてしまう。気分転換に最適の今日の青空。
午後から長靴をスニーカーに履き替えて、散歩がてら出かけようかな。
行くなら本屋さんがある場所か、トミカのコーナーがある所。そして
無駄遣いの殿堂?ゲームセンターって手もある。久し振りにクレーン
ゲームもしたいし。特にこれが欲しいになるのは無いだろうけど釣り
上げた瞬間がたまらないのだ。うんうん。(自己満足の極み?^^;)
帰路はめったに行かない道の探検も兼ねて歩いてみようかな。ただし
不審者扱いされないよう礼節正しき大人の作法を心がけねばならない。
調子に乗って辺り構わずカメラを向けてはいけないのだ。東西南北...
これから行く方角は、どっちだ!・・・あれれっ悩み始めている。face03  


Posted by 北の旅烏 at 08:41Comments(2)趣味。想う。

2017年03月18日

晴天。

今日もいい天気になりました。写真は以前撮ったものです。似た青空
なので構わないよねと載せました。(^^;)隠れ家の暖房は数時間
前に止めましたが、少し肌寒い程度で我慢できない程ではありません。
真冬日が去り、最低気温もプラスに転じると、いよいよ待ちにまった
春うららがやって来ます。ただうだる夏日が続く頃には雪の冷たさが
恋しいと思い始めたり。これって「無いものねだりは人間の特権なの。
だから許されて。おほほ ...」などと、うそぶくのが旅烏の毎年の定番。
きっと虫さん達に「旅烏はご都合主義の生き物だ... 」と舌打ちされて
いることでしょう・・・。(ちょっぴり反省^^;)

川沿いの雪も日増しにそのかさを低くし、融け始めました。桜並木が
ピンク色に染まる日まで後一ヶ月半。前夜祭好きの旅烏としては首を
長くして開花を待っていることの方が、よりワクワクします。そして
農試公園の桜吹雪も大いに楽しみ。おっと忘れていた。明後日は春分
ですね。桜餅を買ってこなくちゃ。(^^)時間があれば窓を開放し、
新鮮な空気を胸いっぱい吸い込む日がすぐそこまで来ています。face02  


Posted by 北の旅烏 at 11:22Comments(0)etc...

2017年03月16日

雑多。

載せる写真がないと何度も言っているが無いものはきっぱりないので
ある。困った時の神頼み?排水溝の写真を強引にチョイス。しか〜し
テーマが思いつかない...う〜ん。書きながら考えますね。(^^;)

今日は北風が強い。キャップが飛ばされそうになる。足先ばかり見な
がら歩いているものだから、ツルツル路面にどんどん向かっていたり。
何やってるんだかと舌打ちが出る始末。強風であおられるキャップを
押さえ、もと来た道に引き返す。手にした黄色いゴミ袋をゴミステー
ションに持っていくと、あれま!網カバーがぐっちゃぐちゃ。辺りは
ゴミが散乱しカラスのけたたましい鳴き声が頭上から投げかけられる。
てめ〜やるのかよ!と言っても虚しさだけが去来する。聞く耳を持た
ないカラス集団にポケットライトを点滅させてもさらにうるさく鳴く
だけでして。効果てきめんの威嚇方法がないのだ。
そういえば旅烏とニックネームをつけていた私。決めた時は三度笠を
かぶった風来坊をイメージしていた。あてどなくふらふら歩いている
姿が様になっているとそう思っていた。自転車の旅がそうだったから。
誰の迷惑にもならず、行くあてのない旅を満喫するのが原点。だから
雪が融けると出かけたい虫がきっと騒ぎ出すだろうな頭上のカラスと
同じように。う〜ん。うるさく騒ぐ烏(カラス)と名付けて正解かも。
なにを書いているんだか意味不明。旅烏が得意とする?起承転結には
程遠い終わり方ですな。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 07:50Comments(2)etc...

2017年03月13日

閑散。

毎年思うこの3月。春の足音は聞こえて来るが現実の外はまだ雪景色。
だからといって何もしないのは精神的に参ってしまいます。外を歩き
たくても融けた雪道は難儀至極。車道のわだちに足を取られ、ひざに
痛みを感じることもあったり。近所の散策路に行こうにも、まだ雪に
埋もれたまま。無理は禁物とお医者さんにも言われているしで外出も
ままならないのです。どないしたらいいの?と嘆き節炸裂。(^^;)

そんな嘆きの底から思いついたのが、今年のお出かけ予定。自転車に
乗るのが無理ならば(まだ決めた訳ではありませんが^^;)電車や
バス旅行があります。海を見たけりゃ電車に乗って余市への旅。旨い
もの食べたきゃバスに乗って近隣に行くこともできます。さらに足を
伸ばして東北は仙台や気仙沼へ向かい、採れたて新鮮旨し!の料理に
ありつくことだってできます。気圧の変化に敏感になっている旅烏は
飛行機は除外。なのでフェリーの旅もありえます。問題は天候と旅費
かな?いったいどれ程になるんだろう。考えたこともないので調べな
きゃ分からんのです。行くなら家族一緒。一人旅はさみしいんだもん。
だぁ〜って話し相手がいなければ、窓外に見飽きたらすることがない
なんてつまらんのだ。ただ自分勝手な行動がとれないジレンマはある
けどね、自転車の一人旅と違って...。(^^;)
本気モードで調べてみようかな。背中を押してくれる魅力ある場所を
探してみようかしらん。その前に、一度は行きたいと思っていたその
場所はどこ?...とそこから考えなくちゃならないかも。あいたたっ!
超面倒臭い旅烏。これじゃ本気じゃないでしょと疑われそうだね。face03  


Posted by 北の旅烏 at 09:26Comments(4)etc...

2017年03月11日

雑記。

雪が降っても太陽が顔を出すと路面はすぐ融け、もとの乾いた状態に
戻る。この繰り返しが春が近いことを思わせるのだが、今朝の降雪は
10センチを超えていた。この雪量が二桁になるか否かは、気持ちを
楽にさせるか萎えさすかの分岐点。それがなんと!まぁ〜トホホ...の
落胆仕打ちとは。嘆き節も3月に入ると枯れ果て出やしない。気落ち
するには充分過ぎる。そうはいってもふと我に返った時には雪かきは
後半戦に入っていたのだった・・・。えらいでしょ?!(^^;)

写真は前日まで積もっていた車庫の映像。だからこの上にどど〜んと
増えました。太陽だけが我が味方。幸いにして今日はお昼頃から顔を
出す予定。予定だから未定がふさわしい?あっいけん。悲観的思いが
押し寄せ心が後ろ向きになりそうだ。3月中旬に入ったとはいえまだ
侮れない北国の...憂鬱悲哀。冬将軍様。退散命令。郵送確認してくだ
さいまし。お・ね・が・い・よ。
ところで今日は東日本大震災から丸6年目になります。復興はいまだ
終わらず、ましてや原発後処理は気の遠くなる先の話。否々原発処理
そのものが終わりを迎える保証は、どこにも無い。なのに被災地への
帰宅を促す行政府は命の保証をするどころか事あるごとに責任転嫁を
して、うやむやにするばかり。身の保身を図ることには長けていても
他人に対して温かい目を向ける心情を持っているとは思えないのだ。
いま何かと世間を騒がせている籠池理事長が退任するとか言っていま
したよね。こちらが知りたいことは何も答えず、会見を放り出したり。
都合が悪くなると逃げ出す姑息な小心者かよ...と言いたくなります。
教育勅語の何がいけないのかと言い放った稲田朋美防衛大臣。言葉の
断片を取り上げ賛美しようが、そもそもこの勅語が作られた時代背景
というものを理解していない。否しようとすることすら排除している。
どこに顔を向けて政治を司っているのか、はなはだ疑問が残ります。
アメリカの新大統領トランプ氏の物言いにのっかるだけの発言しても
ボロはすぐ出ます。世の中がきな臭い右翼傾向へと走るのだけは是が
非でも避けたいと思うのですね。戦後70年、平和を愛し民主主義を
尊ぶ日本が胡散霧消するのだけは避けたい。ご都合主義は誰の目にも
明らかなのですから・・・。旅烏はそう思うのです。
  


Posted by 北の旅烏 at 07:36Comments(4)etc...提案・疑問?

2017年03月07日

氷道。

ここ数日の気温の上昇とともに、雪解けのスピードがグンと早まりま
した。車道を見る限り冬には見えません...と言っても今朝はうっすら
雪化粧。1センチほどの雪の下ではツルツル氷がほくそ笑んでいます。
これから4月に入るまで雪かきの朝がまた来るかもしれません。まだ
まだ侮れない北国の朝なのです。

昨日は早めの帰宅をして、ちょっと遠いかな?の場所へと久し振りに
お出かけいたしました。長ぐつで歩くには不都合な乾いた路面。でも
風もなく陽をいっぱい浴びながらのお出かけは心が軽く感じウキウキ
気分を高めてくれます。用を済ませお次の場所へ移動。しかし歩道は
滑って半端ない危険地帯と化していました。車道を歩きたくても車の
邪魔になるので凍った歩道をおっかなビックリ歩きます。気が緩んだ
途端、股裂きの刑にでもなったらこの日のお出かけが台無し。う〜む。
下ばかり見て歩いていると通行人との接触事故?もあり得ます。下を
見る。そして前を見る。超不安定な足下。それでも歩を進めなければ。
疲れてくると一旦立ち止まり、どこのルートを通ろうかと思い巡らす。
これが昔から言い伝えられた?由緒正しき北国の風物詩なのでござい
ます。お店に着いた時には額に汗がにじんでいました。face03
平日にもかかわらずお店は混雑多々。月曜日は混む曜日?大安売りが
ある訳でもないのに...と疑問だらけの旅烏。大量には買わないのだけ
れど、とりあえずカートを探す。あっチラシのチェックを忘れていた。
しかし案の定めぼしいものは無い。きっぱりと。ひと通り見て回った
後、早々に帰宅の途に着きましたとさ・・・終わり。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 09:37Comments(0)徒歩散歩。