さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 徒歩散歩。

2019年10月31日

郷愁。

北大構内の紅葉を愛でながら帰路に着いた・・・。(一昨日の続き)
するとおおっ!なんともかわいい行灯がぶら下がっている。その場所は
北大第二農場跡の敷地内だ。ここはいつも立ち寄ることにしている場所。
木造の建物が古き歴史を感じさせ今に語り継がれている。しんと静まり
かえった中に立つと、その当時牧舎で働いていた学生や牛の息づかいが
どこからか聞こえてくるようだ。今回は牧舎には入らなかったが、次回
来た時には是非また中に入ってみようと思う。

徒歩での散策は、太ももや腰に負担をかける。しかも遠距離ときている
のでこの時点での疲労度はピークに達しようとしていた。でもここまで
来たからにはタクシーを拾うなんてもってのほか。頑張って歩いて帰る
ことで得られる自信と満足感の方がはるかに大きいのだ。やがて視線の
先に懐かしい風景が見えてくる。そう自転車逃避行に出かけた帰り道に
最後の休憩場所と位置付けた場所。なんとも懐かしくて汗だくでたどり
着いた当時の自分が思い出される。あの時疲労困ぱいの中やっとたどり
着いたこの場所でわずかに残っていたスポーツドリンクを一気飲みして
いたものだ。そして自宅まではあと数キロと元気が湧いてきた。嘆いて
ばかりではなにも変わらない。まずは行動すること。それが一番だ。
  


Posted by 北の旅烏 at 10:10Comments(0)徒歩散歩。

2019年10月29日

北大。

昨日は青空が広がる散策日和。この日を逃してたまるかと歩くにはやや
遠い北大構内へと出かけてみました。期待に胸を膨らませながら構内の
裏手から入ります。するとさっそく紅葉が始まった見事な木々が旅烏を
出迎えてくれました。同じように散策を楽しむ人で賑わうイチョウ並木。
カメラを向けようにも人々であふれ、いいアングルで撮れませんのこと。
まっいいじゃないかと適当に数枚撮り、先へと向かいます。こんな時は
被写体をアップで撮るに限りますね。真っ赤に色づいた葉が雲一つない
青空に映えてそれは見事な風情を醸し出しています。来てよかった。face02

真っ赤に燃えるモミジをズームアップ。風がほとんどないのでブレずに
楽チンこの上もない。さらに構内の先を目指してずんずん進みます。

秋はうらびれた気持ちになりがちですがそれを打ち消す見事な色合いに
テンションが上がります。そして枯葉が舞う11月中頃には銀杏拾いの
人で賑わうことでしょう。

色づく木々の中を進んでいくとやがてハスが水面を覆う池が見えてきま
した。晴天そして無風の今日は絶好のお散歩日和。行き交う人の笑顔が
キラキラ輝いていましたよ・・・。(^^)


  


Posted by 北の旅烏 at 08:36Comments(2)徒歩散歩。

2019年10月23日

散策。

先日、今年初となる「農試公園」まで行ってきました・・・。(^^)
どうせ行くならまずjR 琴似駅前の「文教堂」へ行き、文庫本を買って
から農試公園へ行くのが旅烏の定説。そこでまず最初に琴似の繁華街を
テクテク歩いて向かいます。今まで何度も通った道がなにやら新鮮その
ものに感じ、立ち止まっては過去の記憶を呼び起こします。あの焼き鳥
屋さんがまだあったとか、シャッターを閉めた店が増えたとか。懐かし
さと郷愁がほろ苦さを伴い足を止めざろうえません。程なくして琴似駅
到着。文教堂で椎名誠さんの文庫本を買い、農試公園へと向かいました。

さてお次は今日の本命、農試公園。歩くと遠いと思っていた道もあっと
いう間に橋が見えてきました。ありふれた風景ですがどこか懐かしさを
伴なって込み上げてきます。琴似発寒川の清らか流れ。もっと早く来て
いたらサケの遡上が見えただろうにとちょっぴり反省。紅葉が始まった
中を進むとやがて目的のツインキャップの建物が見えてきました。おっ
ツタの見事な紅葉が始まっているではないか。出かけた甲斐があったと
うれしさ多々。以前なんども書いたドラキュラ伝説を(旅烏だけのね?
^^;)思い出して苦笑い。ツタの絡まる建物はこれからも来た人々に
いろんな思い出を残し、感じさせることでしょう・・・。
  


Posted by 北の旅烏 at 08:42Comments(4)徒歩散歩。

2019年10月05日

快晴。

青空から外出のお便りが届く・・・。

いい機会だとインスタントコーヒーの補充を兼ねた徒歩散歩に出かけた。
買い物を済ませた後、もっと遠くの本屋さんに行こうかと内心迷ったが
メモに書かれたものだけで充分と川沿いに向かった。思った通り辺りは
枯れ草が目立ち始め、これといった感慨は湧いてこなかった。それでも
澄んだ空気が心地よく、日頃のよどんだ気だるさから解放された気分に
させてくれた気がします。ただアリやトンボさんの数がめっきり減った
散策路はやがて来る冬を思わずにはいられません。ぼやいていても何も
変わらない。ここは腹を据えて根性を入れ直すに限りますね。(^^;)

途中にある排水口にカメラを向けている人がいた。なにを撮っているん
だろう。お魚の数を調べている風ではないし。きっと川を管理している
お役人さんだと思うが水質検査でもなさそう。それにしても今日の川は
透明度が高く気持ちがいい。丸三年間もご無沙汰の自転車。この青空を
見ていたら、また遠出したい気持ちが高まってきました・・・。  


Posted by 北の旅烏 at 07:58Comments(0)徒歩散歩。

2019年09月26日

秋色。

もうすぐ10月。朝の冷え込みが一段と加速し始めた・・・。

昨日じっとしていることに耐えられず午後から徒歩お買い物に出かけた。
枯れ始めた木の葉が秋の深まりを否が応でも思い知らされる。もうすぐ
10月。ハローウィーンが来る日だ。そして旅烏がまた一つ歳を重ねる。
そう思うと否が応でもため息が漏れ始めた。ボヤボヤしている場合では
ないとわかっていても身に染み付いたサビが愛車「旅烏2号」のように
広がっている。徒歩では行くには限界があるのは充分承知。でも北大や
農試公園ならテンションを上げさえすれば問題はない。後はその原動力
となる興味と意欲があれば可能。じたばたしていては問題解決が遠のく
ばかりなのに今一歩踏み出せない旅烏がいる。(反省多々?^^;)
今日も青空が広がり出かけるには格好の一日。はてさてパソコンを捨て
外出するか、はたまた閉じこもっているかの苦渋の選択を迫られている。
  


Posted by 北の旅烏 at 06:54Comments(2)徒歩散歩。

2019年09月22日

驚愕。

川沿いの散策路に行ったのは数えるくらい・・・。

最近遠出する機会がめっきり減った。それというのも出かける原動力が
買い物の時だけという体たらく。重たい荷物を手にして枯れた草花しか
ない中を歩きたくもないのだ。先日イヤイヤ買い物に出かけた高架下の
遊歩道で虫の大群を見てしまった。なんだこりゃ。その数が尋常でない
多さで思わず後ずさりするほどだった。虫が苦手な方はご覧にならない
ほうがいいですよ・・・。(いま見ても気持ち悪いのね。^^;)
  続きを読む


Posted by 北の旅烏 at 07:50Comments(3)徒歩散歩。

2019年09月06日

秋色。

散策路を歩くと赤い実をつけたツリバナがそこら中に見てとれた・・・。

ぶらり散歩が苦手な旅烏。出かけるためにはそれ相応の目的を見つけて
外に出ることが多い。はたから見たら笑われてしまうけど、それでなく
ても重い腰を上げるには背を押すパワーが必要なのである。目的はあく
までお買い物。散策は出かけたご褒美として納得できるのだ。先日出か
けた散策路では、赤く色づいたツリバナの実がそこら中にぶら下がって
いた。買い物をすませた帰路にその一つを家に持ち帰った。買った品を
所定の場所に収めるとお次はこれを入れる容器を何にするか。そうだ!
ずいぶん昔、自転車逃避行で行った石狩太美駅前のお店で買ったものが
あった筈。水を注ぎツリバナを入れ、しばし目の保養をした後玄関先に
置くことにした。居間に飾ることも考えたがこれ以上旅烏の趣味である
キャラがあふれることは意にそぐわないのだ...とね。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 08:31Comments(0)徒歩散歩。

2019年06月15日

散歩。

お天気が良いと遠出がしたくなりますね・・・。(^^)

昨日久しぶりに農試公園へ出かけてみた。ツインキャップのツタの葉は
青々と輝き、見慣れた風景でも春を謳歌する生命の息吹を感じさせます。
この日は近所の小学生たちが大勢集まっていました。ちびっこの晴れや
かな笑顔を見ると元気がもらえますね。琴似発寒川の堤防をぶらり散歩。

いつもと変わらない風景でも、どことなく新鮮に思えます。堤防をテク
テク歩き、やがてJR高架近くまで来ましたが、この日は無理せず引き
返すことにします。ふと思う「自転車だったらきっと平和の滝まで行く
のに...」な〜んてね。我が愛車「旅烏2号」をもう一度引っ張り出すか
はたまた買い換えるか。それとも諦めるか。ちょっとばかり悩んでみた
けれど、結論は出ず。いまは徒歩で楽しみましょうか。(^^;)

農試公園入り口にある噴水にもう一つの子クジラさんが増えていました。
子供たちの木工教室「トントン館」が賑わいを見せるのももうすぐです。
晴れた日にまたお出かけしたいなと思った一日でした・・・。
  


Posted by 北の旅烏 at 08:07Comments(5)徒歩散歩。

2019年04月29日

散歩。

北国でもようやく桜の花が満開になり始めました・・・。(^^)

遠出の買い物の帰り、このまま車道を通るのは気に食わないと川沿いを
歩いて帰路につくことにしました。無味乾燥とした堤防の草木も緑色に
染まり始めています。この日アリさんに出会わなかったのですがチョウ
チョが2匹ひらひら飛び回っていましたよ。川面ではたくさんのカモが
一心不乱にエサをついばんで春うららの光景が見れました。堤防沿いの
桜の木も満開を迎えています。時折通り過ぎるランニング中の人たちも
この日を心待ちしていたでしょうね、長い冬からの開放感がそこここに
あふれ、やや涼しげな風も心地よく感じられました。(^^)

隠れ家に置かれたままの旅烏2号。乗らなくなってから3年が経ちます。
ただ部屋から出して...との気持ちになかなかなれず置き去り状態。この
まま朽ちていくのは不憫ですが、長い年月が災いしているのか気力回復
までには至りません。晴天のこの日、自転車に乗っていればきっと海岸
まで出かけていたと思います。はてさて5月を迎えたら自転車逃避行へ
出かける日が来るのかしらん。沈黙遠目...な〜んちゃって。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 07:58Comments(2)徒歩散歩。

2018年10月27日

散策。

昨日の午後、意を決して出かけることにした・・・。
所用を済ませた後、徒歩で行くにはかなりの距離がある琴似文教堂へと
向かった。目的は文庫本を買うこと。そして農試公園経由で紅葉をこの
目で見ることだった。視界の先には懐かしい琴似界隈の街並みが連なり
テンションが上がる。本屋さんで目的の本を探したけれど見当たらない。
そこで店員さんに事情を説明して一緒に探してもらい、二冊の文庫本を
手に入することができましたよ。(^^)

帰路はもう一つの目的である農試公園へ向かう。橋のたもとから車道に
別れを告げて散策路へと入る。久しぶりに見る琴似発寒川。清い流れが
しっかりと心に伝わってくる。橋の上から川面を見ると遡上途中の鮭が
一匹確認できました。これが見れただけでも足を運んだ甲斐があったと
笑みがこぼれる旅烏。自転車に乗って遠出を繰り返した頃は当たり前に
思っていたけれど、乗らなくなってから二年の歳月が過ぎたことをいま
さらながら思い知った。来年こそまた遠出ができるといいな・・・。

公園内にある「ツインキャップ」の壁は紅葉が始まっていた。これから
さらに深紅に様変わりすることだろう。夕日が沈む頃あのドラキュラと
飛び交うコウモリが脳裏に浮かぶ...な〜んてね。旅烏だけが勝手に思い
連想するおふざけストーリーですけど。これでいいのだ?(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 08:10Comments(6)徒歩散歩。