さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 反省。

2021年06月18日

愚痴。

ブログに載せる写真がないので・・・(^^;)

今までなんど同じ手を使っただろうか...。今回も苦肉の策としてカップ
メンを載せた。だがポークソーセージを入れただけで味気ない。これが
ラーメンだったら市販のチャーシューをのせ豪華さを出せるんだけどね。
旅烏が出歩くといえば夕食の食材を買うだけ。徒歩で海を見に行くには
体力が持たない。かといって最近自転車に乗らなくなったことで愛車の
「旅烏2号」も私のことをすっかり忘れてるみたいだ。こんなことでは
脳の退化、そして筋力のおとろえ増すばかり。最近やたらと足やひじを
家具にぶつけて涙目になる回数も増えた気がする。6月も半分が過ぎた。
老化の最前線に立つ我が身をぼやいても始まらないが、魔法のランプを
探しに行く旅に出ようかと思い始めています。(バカ丸出し?^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 07:27Comments(0)反省。

2021年05月26日

遠征。

自転車に乗ってぶらり散歩には絶好な季節になりました。

あとは旅烏がスタートラインに立つだけなのですが、身体中にまとわり
つく面倒臭いに押し流されて実現していません。自転車のサビがどうの
とか、もしも走行中にパンクしたら...とか、負の考えばかりが出てくる
のです。体力の衰えに拍車をかける言い訳三昧ときれいさっぱりお別れ
すべきなのにね。毎日グダグダしていると、行くと決めた翌朝に限って
雨が降っていることもありました。今年はまだ石狩の海を見ていません
ので、勇気をふりしぼって旅烏を変えねばいけない。どこかに処方薬が
あれば...な〜んて言っている甘ちゃん心を払いのけて自転車逃避行へと
出かけたいと思っています・・・。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 08:14Comments(0)反省。

2021年05月04日

愚痴。

寄る歳には勝てないと諦めが先に立つ旅烏・・・。(^^;)

どこかへ出かけて気分転換が一番...とわかっていても行動がともなわず
我が愛車の「旅烏2号」は暗い車庫の片隅に置かれたままになっている。
このままじゃダメと叱責をくり返しても、心に染み付いたダラダラ感が
薄ら笑いをしているだけ。青空微風を待ち望む気すら湧いてこないのだ。
う〜む...とうめいても、ため息が漏れるだけ。遠出をするなら今が一番
いい季節。数年前まで自転車逃避行に夢中になっていたのにね。地図を
見ながら次回は難攻不落の激坂を攻略するぞ!とパワーが湧いてきたと
いうのに。このままでは今までの記憶も失せていくばかりだ。テレビに
流れる懐かしい風景すら霞みがかって消えていく。ああ〜情けなや旅烏
・・・とかなんとか、ぼやいていないでここは行動あるのみ。近場でも
構いはしないではないか。そうだろう?旅烏よ...。face07
いま置かれている現状に見切りをつけて、いざ出発!これしかないのだ。
  


Posted by 北の旅烏 at 07:00Comments(2)反省。

2020年12月31日

抱負?

とうとうきちゃった大晦日。この一年思い返すも何も浮かんでこない。

あいたたっ!と言っている場合じゃないけど、毎年記憶に残る出来事が
減るばかりだ。自転車逃避行然り。徒歩散歩も買い物の時だけだ。これ
じゃ〜神様に来年の抱負を語っても聞いてくれないのは目に見えている。
何か一つでもよく頑張ったね...と自分を褒めることがあれば笑顔が生ま
れるのに。今年は後悔先に立たずを絵に描いたような一年だった。face03
旅烏はこの繰り返しで歳を重ねていくのだろうか。ああ〜もう嫌になっ
ちゃう。今更愚痴っても時間はもどらない。大晦日は来年の抱負を描く
日と決めていた。隠れ家に来てパソコンに向かっていてもため息が出る
ばかり。ここは頑張って次のステップを踏むパワーを呼び戻さなくちゃ
いけない。まず思いつくのが自転車逃避行の再開だ。錆び付いた汚れを
落として意気揚々と出かける元気を取り戻すこと。季節の移ろいを肌で
感じ、自然の情景からパワーをもらうこと。これに限る。なにも遠くへ
行くことだけではないのだから季節を肌で感じることが一番。来年こそ
愛車の旅烏2号とお出かけしようと思っています。(^^;)
今年も来てくれた方々に感謝申し上げます。つたない更新ばかりが続き
ますが、皆様よい年をお迎えくださいね・・・。(^^)
  


Posted by 北の旅烏 at 07:56Comments(2)反省。

2020年12月20日

自戒。

近頃「癇癪の虫」が増えたようで嫌になっちゃう・・・。

些細な過ちを何度も繰り返すとやがて頭が混乱し自分をなだめようにも
収拾がつかなくなる。近くにある物に八つ当たりしても置き換えようも
なく増々イライラが急上昇し、最後の手段?と頭を叩いて我に帰る始末。
怒りん坊は今に始まったことではないが名誉ある「雷おやじ」の称号を
授かりそうです。きっと高齢者の域に入ったことで、和やかな心までも
封じ込めているのだろう。でも諦めてはダメですね。たとえ持って生ま
れた性格でもそれを変える気概を持たねばなりません。(^^;)
今朝は数センチの雪が積もっていました。でも雪かきを始めると結構な
量です。これくらいで文句を言っても始まらないと除雪をしてから隠れ
家に来ています。でも歳を重ねた身にはやっぱり身体の疲労が半端ない。
自宅に戻ったら湿布薬を貼りましょう。あれま!さっきまで晴れていた
のに吹雪のようです。早く荒れた天気が回復するようにと願いを込めて、
我が心も落ち着きを取り戻すに限りますね・・・。face03  


Posted by 北の旅烏 at 11:21Comments(0)反省。

2020年10月25日

老齢?

楽しいイベントと思っていたのは、いつ頃だったろうか...。(^^;)

のんべんだらりと一日を過ごすのが日常になった旅烏。このままじゃ〜
いけないと反省しきりの毎日だけど、いつものルーティーンを変えると
頭が混乱してパニック状態になってしまう。今こうしようと思いついた
ことが別の動作をしたことで、瞬時に消えて思い出せないことが増えた
気がする。だから最近はいったん無視して行動することにした。いくら
自分を責めてもどうにもならない。今ある自分を受け入れることで心に
余裕が生まれるとそう思うようになった。イライラするばかりでは何も
生まれないのだから。まっそうは言っても癇癪虫は相変わらず心の奥に
居座って出番はまだかと待っている。やっぱり旅烏にはボヤキ節が性に
合っているようです。だから新しいボヤキ節を作って大晦日の夜に大声
出して歌っちゃおうかな...な〜んてね。(バカ丸出しの旅烏。^^;)
これから雪が降る寒い日がやって来ます。そろそろ雪かきの準備をしな
くてはいけません。新型コロナウィルスもこの寒さで退散してくれると
嬉しいのですが。早く日常に戻れる日が来ることを願うばかりです。

  


Posted by 北の旅烏 at 09:16Comments(0)反省。

2020年10月19日

無残。

手が滑ってマグカップを落としてしまった。ああ〜とほほ...。face11

しばらく茫然自失の旅烏。とりあえず壊れた破片を拾い集め、直せるか
どうかを考える。捨てるなんてこと思いもしない大切なカップ。そこで
熱に強い接着剤を使って固定することにした。だけど直してもまた壊れ
たら熱いコーヒーを辺りにぶちまくことになる。そんなことになったら
二次災害のお手本として笑い者になるだけ。でもいくらう〜むと悩んで
いても解決しない。踏ん切りをつけて今できる方法で直すしかないのだ。
多めに接着剤を塗り固定して様子を見ることにした。ただこの接着剤は
乾燥が遅い。数日間置きっ放しにしなければいけない。せっかちな旅烏
にとって辛い日々が始まったのである。もう乾いたかな?うん?まだか。
翌日もこの繰り返し。これでは遺憾。そこで目につきづらい場所に置く
ことにした。その場所とは何処と思います?...な〜んてね。(^^;)

  


Posted by 北の旅烏 at 10:01Comments(2)反省。

2020年09月03日

初秋?

この赤い実は散策路でよく見かけるツリバナマユミというらしい。先日
その一つを持ち帰り、空きビンに入れて窓際に飾っている。

グダグダしてる間にもう9月。今年も残すところ4ヶ月を切った。毎年
この時期になると一年のサイクルのあまりの早さにめまいを感じる旅烏。
ここ数年これといった達成感も、来春に向けた躍動感も五里霧中状態が
続いている。このままではけないと思いはすれど、次のステップに踏み
込めないでいる。その代表が自転車逃避行に行く意欲が消えていること。
車庫に置かれたままになっている「旅烏2号」を引っ張り出して遠出を
する意欲が湧いてこない。以前なら微風快晴の日は小躍りしてペダルを
漕いでいたのに。そういえば大好きな石狩灯台に行かなくなって何年に
なるだろう。冬の無味乾燥とした月日を思えば今行かなければいつ行く
というのだ。己を叱責するだけじゃ何も変わりはしないのに。このまま
歳を重ねていけば、ただの用無しと蔑まれるだけだ。う〜ん。どこかに
元気印が落ちていないかな?な〜んて探している場合じゃないよね。face11
  


Posted by 北の旅烏 at 07:38Comments(4)反省。

2020年06月06日

不精。

出不精の癖が抜けないもどかしさ・・・。

と言うのも、夕食の献立を買うために某スーパーにしか行かなくなった。
自転車に乗れば遠い場所のお店にも行けるのですが風が少しでもあると
怖気付いて近隣の店にしてしまう。これじゃなんのために自転車を整備
してきたのか意味不明。ただ整備と偉そうに言っても、布で乾拭きした
程度ですけど。それと「これ欲しい...」という品が思いつかないことも
あったりで、自転車に乗る回数が減りっぱなしです。(^^;)
そして今は体調を崩したカミさんに代わって夕食を旅烏が作っているの
ですがおのずと献立が限られています。今さら愚痴をこぼしても始まら
ないことは重々承知と言いつつ?作る前からボヤキ節が出る始末。いい
かげん開き直りなさい!と怒られそうです。ただ昨夕はカミさんと娘が
久しぶりとなる我が家自慢のカレーを作ってくれました。だから旅烏は
炊飯器に入れるお米を洗っただけで、この日の作業は終了というありが
たい自由時間をいただきました。否それよりも、我が家のカレーを食べ
れたことに感謝多々になったのでした・・・。face02  


Posted by 北の旅烏 at 07:56Comments(2)反省。

2020年05月13日

愚痴。

困ったもんです。記憶の糸が無くなりそうで嫌になっちゃう。(^^;)

何気に開けた箱から真新しいタイアが出てきた。薄れた記憶をたどると
確かジオラマに置いたらいいかも...と街中で買ったように記憶している。
でも買ったお店の名前が出てこない。う〜ん。さらにこれが使われずに
残っていること自体摩訶不思議。左のバイクは何かの景品についてきた
ライター。これも使っていた記憶はない。ここ最近ジオラマ作りをして
いない性で何かに使えると集めていた厚紙や紙箱などがそれでなくても
狭い場所を占領して始末におえないのだ。何度か断捨離しようと片付け
始めたけれど、もったいない精神が邪魔をして完結に至ったことがない。
自分でわかっているつもりは、しないことと同じ。な〜んて堂々巡りが
始まるのだ。以前作ったジオラマは今でもケースに入れて保存している。
長い年こびりついてきた習慣病?なのかしらん・・・。
今日は三ヶ月に一度の診療に行く日だ。ああ〜面倒臭い。忘れちゃいけ
ない診察券や、その他もろもろをまとめて机に置いて隠れ家に来ている
けど、今しようと思ったことが忽然と消えてうろたえることが頻発して
いる性で不安がつきない。もっと楽観的になれるといいのね、旅烏くん。
  


Posted by 北の旅烏 at 07:14Comments(0)反省。