さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 反省。

2019年09月26日

秋色。

もうすぐ10月。朝の冷え込みが一段と加速し始めた・・・。

昨日じっとしていることに耐えられず午後から徒歩お買い物に出かけた。
枯れ始めた木の葉が秋の深まりを否が応でも思い知らされる。もうすぐ
10月。ハローウィーンが来る日だ。そして旅烏がまた一つ歳を重ねる。
そう思うと否が応でもため息が漏れ始めた。ボヤボヤしている場合では
ないとわかっていても身に染み付いたサビが愛車「旅烏2号」のように
広がっている。徒歩では行くには限界があるのは充分承知。でも北大や
農試公園ならテンションを上げさえすれば問題はない。後はその原動力
となる興味と意欲があれば可能。じたばたしていては問題解決が遠のく
ばかりなのに今一歩踏み出せない旅烏がいる。(反省多々?^^;)
今日も青空が広がり出かけるには格好の一日。はてさてパソコンを捨て
外出するか、はたまた閉じこもっているかの苦渋の選択を迫られている。
  


Posted by 北の旅烏 at 06:54Comments(2)反省。

2019年06月19日

迷い。

優柔不断・・・。
お天気が良いと散歩に出ようと思っているのですが、ここ最近なかなか
実行にまで至らずが続いています。もったいないとわかっていても背を
押すパワーが湧いてこないのですね。買い物もパターン化している性で
見慣れた風景に心が躍りませんのこと。もっと遠くにある他店に行けば
違うのでしょうけど面倒臭いが先に立って行動が伴いません。いかんな
これでは。6月も後半に入ったというのに。う〜む。

歩いて行ける場所は限られています。近場だと北大構内か、琴似駅側に
ある本屋さんくらいが関の山。ただ読みたいと思える文庫本がないので
却下。煩雑な場所へも通過点と割り切れる先に目当ての風景が広がって
いれば「よし行くぞ!」になるのですが、それも無し。パターン化した
日々が心を弱らせるのは分かっていても、これを払いのける方法が見つ
からず悶々とした日々。いけませんな、こんなことでは。どこかで踏ん
切りをつけて行動あるのみ...なのですけど。う〜む。
この際、唸ってばかりいないで『外に出よう』しか解決策がありません。
と言いつつ、あれ?堂々巡りのメビウスの輪が頭をぐるぐる回っている。
出口はどこじゃ〜。(なに書いてんだろう旅烏は。愚痴の更新でごめん
なさい。反省猛省。失意多々?なんちゃって。^^;)


  


Posted by 北の旅烏 at 09:10Comments(0)反省。

2019年05月22日

工作。

最近、行動パターンが一辺倒すぎてイラつくことが多くなった・・・。
気になることは「心のすぐやる課?」の虫が騒ぎ出す旅烏。だから一旦
手を止めやり始めるが、あれもこれも...と次々に片付けの指摘を受ける
ものだから一番最初の指令がきれいにすっ飛んで、はてなんだったの?
と悩み始める始末。そんな時は落ち着いて、気持ちの入れ替えをすれば
いいのに堂々巡りのスパイラルにはまり込み落ち込んでしまう。きっと
脳みそが干からびカチンコチンになっているのかも・・・。(^^;)

愚痴はさておき、ジオラマ作りを再開しようと丸太に似せた壁を作った。
でも設計図なんてありゃしない行き当たりばったりが災いし中断を余儀
なくされている。以前作ったログハウスは居間の柚子の木に取り付けて
いるが時とともにいい風合いが出てきている反面、もろくなって触ると
壊れそうなのだ。新しい家を作るいい機会だとこの時は思っていたのだ
けれど、いざ作り始めて材料がないことに気がつき作業が中断。うん?
材料というよりアイディア不足が勝っているかもね。やがて制作意欲も
日増しに衰退し、今ではこれを捨てようかと思い始めている。やっぱり
工作は雪が降る冬に限ります。今は陽射しを浴びて、徒歩散歩するのが
一番かもしれないな・・・。  


Posted by 北の旅烏 at 10:59Comments(2)雑記。反省。

2019年04月17日

沈黙。

お買い物だけではもったいない程の青空が広がった・・・。

待ちわびた春が来たというのに、今ひとつテンションが上がらない旅烏。
隠れ家に置いた自転車を出そうにも錆びが目立って二の足を踏んでいる。
昨日に続き晴れ渡った空。風も無く遠出するには最適な日だというのに。
思えば3年も放置された愛車「旅烏2号」は黙して語らず。自転車で旅
する高揚感はいったいどこにいったのだろうか。壁に貼られたマップの
コピーに色付けされた道程すら遠い記憶の果てに追いやられている始末。
長年放置していたサビは元には戻らない。かといって新車を買うまでの
思いには至らず、ため息すら枯れてきた。愚痴ばかりでは解決しないと
頭ではわかっている。否これは行動を起こせない屁理屈のなにものでも
ない。季節は待ってはくれない。錆びた心の扉をこじ開けるには、少し
づつでいいから行動あるのみ。それが次のステップにつながると信じて。
反省はそれからでいい。今の自分に沈黙し流されるのが一番いけない。
こんなこと書いている私は本来の旅烏ではなくて、愚痴烏かもしれない。
  


Posted by 北の旅烏 at 09:29Comments(2)雑記。反省。

2019年03月06日

適温。

例年よりも暖かな日が続く北国・・・。
いつものように隠れ家に到着。石油ストーブを点けるか迷うが、すぐに
肌寒さを感じてスイッチを押した。窓外に広がる灰色の空は気だるさが
漂い、やる気を削ぐ。そういえば毎日決まった行動ばかりしているもの
だから事あるごとにうろたえてしまう旅烏がいて、ますます嫌になって
しまう。愚痴ってもなにも変わらないのに、まさに堂々巡りの悪循環と
でも言うのかしらん。ああ〜この負のスパイラルから早く抜け出さねば
いけない。まず手始めに気になっている些細な事から片付けねば...。

そうだ!隠れ家の模様替えをしてみようかな。うららかな日和が訪れる
春の先取りだと体を酷使すれば、負の考えが剥がれ落ちるかもしれない。
そして溜まったホコリもきれいに片付き、漫然と時が過ぎていくやるせ
ない気持ちからの脱出もできるかもしれない。このまま時だけが過ぎて
いく無駄とも言える日常に今すぐ区切りをつけねばいけない。午後から
某所へ娘と出かける。同じ市内でも違った風景や雑踏に身を置くことで
変化が生まれるというものだ。背に当たる温もりに負けてしまい、まっ
いいか...にならないよう行動あるのみだ。(反省&愚痴?^^;)

  


Posted by 北の旅烏 at 07:58Comments(2)反省。

2019年02月22日

地震。

昨夜9時22分、震度6弱の地震が襲った・・・。(我が家は震度5弱)

突然の強い揺れにまたもや右往左往。揺れは程なくして収まったが昨年
9月の胆振東部の地震を思い出し、テレビから流れる速報にまた揺れが
来るかもと、しばらくのあいだ放心状態が続いた。幸いにしてブラック
アウトにはならず、まずは一安心。居間に行ってみたら娘がテーブルの
下に身を潜めていた。相当怖かったのだろう。とりあえず壊れたものが
ないか各部屋を見て回ってみた。床に落ちたものはなかったが、乾燥を
抑えるために置いている蒸発ざらの水がこぼれていた。ただそれ以外の
被害はなく落ち着くことができました。(^^)
地震って本当に怖いですね。いつなんどき前触れもなく来るのですから。
地下鉄が全面ストップになったことでタクシー乗り場は大混雑。やがて
あきらめた人々が徒歩で帰宅する様子がテレビに映し出されていました。
この日は気温が高めであったことが、せめてもの救いだったと思います。
我が家では昨年の教訓から懐中電灯は各部屋に置き非常用ガスコンロや
非常食も常備しています。でも怖いことには変わりはありません。予測
不可能な災害は、なす術がないことを改めて思い知らされた夜でした。  


Posted by 北の旅烏 at 11:02Comments(4)雑記。反省。

2019年02月12日

失態。

あれっ!こんなはずじゃなかったのに・・・
隠れ家に着いて忘れものに気づく。カバンに入れたはずのタバコが無い。
吸わなければいいのだと一瞬思ってみたがやはり落ち着かない。そこで
家まで戻って自室を調べてみたがいつも置いてる場所には無い。うん?
旅烏の勘違いか。どうやらよく調べもせず先走る悪い癖が出てしまった
ようだ。粉雪降る中また隠れ家に戻りバックを見直すとあるではないか。
ふんとにもう。馬鹿たれの旅烏。(^^;)

勘違い。先走り。思い込み。最近これらが一日に数回やってくるように
なった。短気は損気と分かっているつもり...は反省していないのと同じ
かもしれない。身勝手な意見を通そうとしても時間が過ぎる頃には反省
しかないのにね。この歳になるまで身に染み付いた堂々巡りの悪循環は
一体どうすれば治るのかしらん。やっぱり旅烏には自転車での逃避行が
一番性に合っている気がする。まだ見ぬ場所や木漏れ日がさす森を快走
している時のワクワク感がたまらなく好き。向かい風に押し戻されても
行っちゃるもんと新たな元気がもらえるのだ。歳の性だからと諦めずに
負けん気を奮い立たせて前進あるのみ。(自戒を込めて...ね。^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 08:31Comments(2)反省。

2018年12月01日

師走。

ああ〜また今年も懺悔室の扉が開く12月に入った・・・。

近頃一日の使い方がおろそかになっている自分に気づき、失意と反省の
朝を迎えることが増えた。いまさら元に戻らないことはわかっていても
あの時こうすればよかった...などと過去を振り返るばかり。前を向いて
歩まなければ心の葛藤が増すというのにね。今日一日のやるべきことを
ノートに書いて、やりとげた順に消していく心地よさが脳を活性化する
のだから、今この瞬間からやればいいものを面倒臭がって明日伸ばしに
しているのだ。やがてすべきことが満杯になると重い腰を上げようにも
怠け癖の心地さに慣れているものだから、なかなか事が上手く運ばない
悪循環に陥ってしまうのだ。だから大晦日の懺悔室で来年の抱負を語る
前にいくら悔い改める言葉を述べても神様は聞いてくれやしない。過去
よりも未来の計画をもっと持つべきといまさらながら深く反省した次第。
さて、手始めに何をしようか。隠れ家のカレンダーをめくって12月に
する。うん?あららっ!来週後半にカミさんと娘が旅行に行くと書いて
あった。これを聞いたのはかなり前?ですっかり忘れていた。
次の瞬間、脳裏に飛来したものといえば、独りご飯をどうしたものか...
なんてことを考えているバカアホ旅烏がいることをまず反省しなければ
いけませんな・・・。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 08:26Comments(3)反省。

2018年11月14日

寒雨。

いつもなら雪との格闘が始まっている頃。いくら暖かな秋といえ、そぼ
降る冷たい雨に濡れると一気にテンションが下がっていく。最近時計の
読み違えが頻発している。日の出が遅くなってきたこともあって深夜と
勘違いすることもしばしば。さらにあれとこれをしようと考えたことが
一つ抜け落ちていても、なにを忘れているのか浮かんできやしないのだ。

ああ!半月前の誕生日を境にこの傾向がますます顕著になってきている。
ひょっとして健忘症、そして認知症の扉が開いたのでは...と末恐ろしく
なるのだ。日頃から頭を使えと自分に言い聞かせても惰性が身につくと
甘えが支配し流されていくばかりだ。なにかにつけて勘違いすることも
多くなった。新聞記事を読んでいる時などすんなり脳に定着せず何度も
読み返してはイラつくことがある。挙げ句の果てにこの記事の書き方が
間違っているなどと愚痴ったりして。それと最近増え始めた省略用語が
わからず頭にくることも多々あるのだ。紙面の都合もあるのだろうけど
意味が伝わらない書き方は厳に慎んでもらいたいのだよ。あっ独りよが
りの?愚痴がまた出ている。う〜む。いかんな・・・。(^^;)
先日買い求めた文庫本を読み始めたが、大好きな椎名節が鳴りを潜めて
いて手が止まる。だから数ページ読んではまた閉じるの繰り返し。全て
読み終えるのはきっと暮れが押し迫った頃になりそうです。(^^;)

でも、椎名誠さんの文庫本はこれからもず〜っと好きですよ。(^^)  


Posted by 北の旅烏 at 08:48Comments(2)雑記。反省。