さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 反省。

2020年10月25日

老齢?

楽しいイベントと思っていたのは、いつ頃だったろうか...。(^^;)

のんべんだらりと一日を過ごすのが日常になった旅烏。このままじゃ〜
いけないと反省しきりの毎日だけど、いつものルーティーンを変えると
頭が混乱してパニック状態になってしまう。今こうしようと思いついた
ことが別の動作をしたことで、瞬時に消えて思い出せないことが増えた
気がする。だから最近はいったん無視して行動することにした。いくら
自分を責めてもどうにもならない。今ある自分を受け入れることで心に
余裕が生まれるとそう思うようになった。イライラするばかりでは何も
生まれないのだから。まっそうは言っても癇癪虫は相変わらず心の奥に
居座って出番はまだかと待っている。やっぱり旅烏にはボヤキ節が性に
合っているようです。だから新しいボヤキ節を作って大晦日の夜に大声
出して歌っちゃおうかな...な〜んてね。(バカ丸出しの旅烏。^^;)
これから雪が降る寒い日がやって来ます。そろそろ雪かきの準備をしな
くてはいけません。新型コロナウィルスもこの寒さで退散してくれると
嬉しいのですが。早く日常に戻れる日が来ることを願うばかりです。

  


Posted by 北の旅烏 at 09:16Comments(0)反省。

2020年10月19日

無残。

手が滑ってマグカップを落としてしまった。ああ〜とほほ...。face11

しばらく茫然自失の旅烏。とりあえず壊れた破片を拾い集め、直せるか
どうかを考える。捨てるなんてこと思いもしない大切なカップ。そこで
熱に強い接着剤を使って固定することにした。だけど直してもまた壊れ
たら熱いコーヒーを辺りにぶちまくことになる。そんなことになったら
二次災害のお手本として笑い者になるだけ。でもいくらう〜むと悩んで
いても解決しない。踏ん切りをつけて今できる方法で直すしかないのだ。
多めに接着剤を塗り固定して様子を見ることにした。ただこの接着剤は
乾燥が遅い。数日間置きっ放しにしなければいけない。せっかちな旅烏
にとって辛い日々が始まったのである。もう乾いたかな?うん?まだか。
翌日もこの繰り返し。これでは遺憾。そこで目につきづらい場所に置く
ことにした。その場所とは何処と思います?...な〜んてね。(^^;)

  


Posted by 北の旅烏 at 10:01Comments(2)雑記。反省。

2020年09月03日

初秋?

この赤い実は散策路でよく見かけるツリバナマユミというらしい。先日
その一つを持ち帰り、空きビンに入れて窓際に飾っている。

グダグダしてる間にもう9月。今年も残すところ4ヶ月を切った。毎年
この時期になると一年のサイクルのあまりの早さにめまいを感じる旅烏。
ここ数年これといった達成感も、来春に向けた躍動感も五里霧中状態が
続いている。このままではけないと思いはすれど、次のステップに踏み
込めないでいる。その代表が自転車逃避行に行く意欲が消えていること。
車庫に置かれたままになっている「旅烏2号」を引っ張り出して遠出を
する意欲が湧いてこない。以前なら微風快晴の日は小躍りしてペダルを
漕いでいたのに。そういえば大好きな石狩灯台に行かなくなって何年に
なるだろう。冬の無味乾燥とした月日を思えば今行かなければいつ行く
というのだ。己を叱責するだけじゃ何も変わりはしないのに。このまま
歳を重ねていけば、ただの用無しと蔑まれるだけだ。う〜ん。どこかに
元気印が落ちていないかな?な〜んて探している場合じゃないよね。face11
  


Posted by 北の旅烏 at 07:38Comments(4)反省。

2020年06月06日

不精。

出不精の癖が抜けないもどかしさ・・・。

と言うのも、夕食の献立を買うために某スーパーにしか行かなくなった。
自転車に乗れば遠い場所のお店にも行けるのですが風が少しでもあると
怖気付いて近隣の店にしてしまう。これじゃなんのために自転車を整備
してきたのか意味不明。ただ整備と偉そうに言っても、布で乾拭きした
程度ですけど。それと「これ欲しい...」という品が思いつかないことも
あったりで、自転車に乗る回数が減りっぱなしです。(^^;)
そして今は体調を崩したカミさんに代わって夕食を旅烏が作っているの
ですがおのずと献立が限られています。今さら愚痴をこぼしても始まら
ないことは重々承知と言いつつ?作る前からボヤキ節が出る始末。いい
かげん開き直りなさい!と怒られそうです。ただ昨夕はカミさんと娘が
久しぶりとなる我が家自慢のカレーを作ってくれました。だから旅烏は
炊飯器に入れるお米を洗っただけで、この日の作業は終了というありが
たい自由時間をいただきました。否それよりも、我が家のカレーを食べ
れたことに感謝多々になったのでした・・・。face02  


Posted by 北の旅烏 at 07:56Comments(2)反省。

2020年05月13日

愚痴。

困ったもんです。記憶の糸が無くなりそうで嫌になっちゃう。(^^;)

何気に開けた箱から真新しいタイアが出てきた。薄れた記憶をたどると
確かジオラマに置いたらいいかも...と街中で買ったように記憶している。
でも買ったお店の名前が出てこない。う〜ん。さらにこれが使われずに
残っていること自体摩訶不思議。左のバイクは何かの景品についてきた
ライター。これも使っていた記憶はない。ここ最近ジオラマ作りをして
いない性で何かに使えると集めていた厚紙や紙箱などがそれでなくても
狭い場所を占領して始末におえないのだ。何度か断捨離しようと片付け
始めたけれど、もったいない精神が邪魔をして完結に至ったことがない。
自分でわかっているつもりは、しないことと同じ。な〜んて堂々巡りが
始まるのだ。以前作ったジオラマは今でもケースに入れて保存している。
長い年こびりついてきた習慣病?なのかしらん・・・。
今日は三ヶ月に一度の診療に行く日だ。ああ〜面倒臭い。忘れちゃいけ
ない診察券や、その他もろもろをまとめて机に置いて隠れ家に来ている
けど、今しようと思ったことが忽然と消えてうろたえることが頻発して
いる性で不安がつきない。もっと楽観的になれるといいのね、旅烏くん。
  


Posted by 北の旅烏 at 07:14Comments(0)雑記。反省。

2020年04月18日

移動。

我が愛車「旅烏2号」を自宅に運んだ・・・。

整備・点検と言いつつ隠れ家で放ったらかし状態だった。だから細部は
汚れ放題。錆び付いたスポークを見るのが嫌で、見て見ぬ振りを続けて
いたツケが回ったのである。昨日自宅に移動させたはいいけれど、どこ
まできれいにできるか旅烏にもわからない。かといってこの歳になって
新車を買うほどの遠出は無理だ。でもせめて「石狩灯台」へは行きたい
願望だけは微かに残っている。向かい風に押し戻される不安があっても
潮騒を見るまでは何がなんでも行くという思いは消えていない。気温が
上がってきたら手始めに「前田森林公園」や「石狩の海」、そして堤防
沿いを走る爽快感をまた取り戻したいのだ。ただし疲れたら無理をせず
途中で引き返す謙虚さを磨かなければならないけどね。旅烏にはこれが
めっちゃ欠けている気がする。帰宅した夜ノートにその日の工程を書き
込みながら達成できなかった悔しさを晴らすためウィスキーをがぶ飲み
していた。そして来年こそ達成するぞと心に誓い眠りについていた。
自転車逃避行。未体験の困難。疲労困憊。何度も挫折を繰り返した激坂。
だからこそこれが自転車に乗る原動力となった。悔しさをバネにできる
思いをこれからも持ち続けたい。ただ今の「旅烏2号」では旅の途中で
自転車の破損の不安がある。そしてなによりも我が気力の衰退が一番の
問題点。う〜ん。悩み節満載のいくじなし旅烏。な〜んてね。face03  


Posted by 北の旅烏 at 08:03Comments(2)雑記。反省。

2020年03月31日

さて...

旅烏の食事のルーティーン・・・。

(注)趣向は人それぞれですので、あくまでも旅烏個人の意見です。face03

前にも書きましたが私の大好きなカップメンは「マルちゃん」に軍配が
上がります。隠れ家で食べる昼食を兼ねた食事はカップメン。お手軽で
すぐできますので楽チンなのです。思えば一日の食事はこれと夕食のみ。
お菓子なども以前のようにバク食いしませんので体重が安定しています。
歳と共に食が細くなったのかもしれませんが、コレステロール値だけは
気をつけねばなりません。ただ最近つい手が出るチョコレート。これは
禁止事項のトップに入るでしょうね。カロリーが高いとわかっていても
つい手が出てしまいます。ただあれもこれもダメになると何の楽しみも
無くなってつまらない人生を送ることになる。少しくらいのワガママは
大目に見て欲しい。まっそうは言っても我が体が悲鳴をあげる前に節制
しなければいけませんね・・・。(反省多々&冷や汗。^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 08:09Comments(0)反省。

2020年02月26日

献立。

これからしばらくの間、一人ぼっちの夕食が続く・・・。

今日はかみさんと娘が旅行へ旅立つ日。今夜の夕食はきっとコンビニの
お弁当になるだろうな。あんかけ焼きソバかマカロニグラタン。さらに
奮発してお寿司も候補の一つだ。でもね、一人ご飯ほど味気ないものは
ないのだ。テレビを見ながら食べていても、話す相手がいないとあっと
いう間に終了。空いた時間を有効活用するため廊下や階段周りの掃除と
いう手があるが数日前にしたばかり。以前ならジオラマ工作を楽しんで
いたが、その情熱も今は冷めてしまった。だったら読み終えた文庫本を
もう一度読む手もある。だけど最近老眼が進んできたの性なのか文字が
ぼやけるし。う〜むと唸ってばかりの旅烏がしばらく続きそうだ。
前にも書いたことあるけど記憶の糸のほつれ具合がますます酷くなって
きた気がする。いま思いついたことが次の行動に移った瞬間に思い出せ
ないことがあって怖くなるのだ。さらに人の名前が出てこなかったりも
あったりで、老化現象の真っ只中なのかと不安になるのだ。(^^;)

  


Posted by 北の旅烏 at 07:34Comments(0)反省。

2019年09月26日

秋色。

もうすぐ10月。朝の冷え込みが一段と加速し始めた・・・。

昨日じっとしていることに耐えられず午後から徒歩お買い物に出かけた。
枯れ始めた木の葉が秋の深まりを否が応でも思い知らされる。もうすぐ
10月。ハローウィーンが来る日だ。そして旅烏がまた一つ歳を重ねる。
そう思うと否が応でもため息が漏れ始めた。ボヤボヤしている場合では
ないとわかっていても身に染み付いたサビが愛車「旅烏2号」のように
広がっている。徒歩では行くには限界があるのは充分承知。でも北大や
農試公園ならテンションを上げさえすれば問題はない。後はその原動力
となる興味と意欲があれば可能。じたばたしていては問題解決が遠のく
ばかりなのに今一歩踏み出せない旅烏がいる。(反省多々?^^;)
今日も青空が広がり出かけるには格好の一日。はてさてパソコンを捨て
外出するか、はたまた閉じこもっているかの苦渋の選択を迫られている。
  


Posted by 北の旅烏 at 06:54Comments(2)反省。

2019年06月19日

迷い。

優柔不断・・・。
お天気が良いと散歩に出ようと思っているのですが、ここ最近なかなか
実行にまで至らずが続いています。もったいないとわかっていても背を
押すパワーが湧いてこないのですね。買い物もパターン化している性で
見慣れた風景に心が躍りませんのこと。もっと遠くにある他店に行けば
違うのでしょうけど面倒臭いが先に立って行動が伴いません。いかんな
これでは。6月も後半に入ったというのに。う〜む。

歩いて行ける場所は限られています。近場だと北大構内か、琴似駅側に
ある本屋さんくらいが関の山。ただ読みたいと思える文庫本がないので
却下。煩雑な場所へも通過点と割り切れる先に目当ての風景が広がって
いれば「よし行くぞ!」になるのですが、それも無し。パターン化した
日々が心を弱らせるのは分かっていても、これを払いのける方法が見つ
からず悶々とした日々。いけませんな、こんなことでは。どこかで踏ん
切りをつけて行動あるのみ...なのですけど。う〜む。
この際、唸ってばかりいないで『外に出よう』しか解決策がありません。
と言いつつ、あれ?堂々巡りのメビウスの輪が頭をぐるぐる回っている。
出口はどこじゃ〜。(なに書いてんだろう旅烏は。愚痴の更新でごめん
なさい。反省猛省。失意多々?なんちゃって。^^;)


  


Posted by 北の旅烏 at 09:10Comments(0)反省。