さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 反省。

2018年12月01日

師走。

ああ〜また今年も懺悔室の扉が開く12月に入った・・・。

近頃一日の使い方がおろそかになっている自分に気づき、失意と反省の
朝を迎えることが増えた。いまさら元に戻らないことはわかっていても
あの時こうすればよかった...などと過去を振り返るばかり。前を向いて
歩まなければ心の葛藤が増すというのにね。今日一日のやるべきことを
ノートに書いて、やりとげた順に消していく心地よさが脳を活性化する
のだから、今この瞬間からやればいいものを面倒臭がって明日伸ばしに
しているのだ。やがてすべきことが満杯になると重い腰を上げようにも
怠け癖の心地さに慣れているものだから、なかなか事が上手く運ばない
悪循環に陥ってしまうのだ。だから大晦日の懺悔室で来年の抱負を語る
前にいくら悔い改める言葉を述べても神様は聞いてくれやしない。過去
よりも未来の計画をもっと持つべきといまさらながら深く反省した次第。
さて、手始めに何をしようか。隠れ家のカレンダーをめくって12月に
する。うん?あららっ!来週後半にカミさんと娘が旅行に行くと書いて
あった。これを聞いたのはかなり前?ですっかり忘れていた。
次の瞬間、脳裏に飛来したものといえば、独りご飯をどうしたものか...
なんてことを考えているバカアホ旅烏がいることをまず反省しなければ
いけませんな・・・。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 08:26Comments(3)反省。

2018年11月14日

寒雨。

いつもなら雪との格闘が始まっている頃。いくら暖かな秋といえ、そぼ
降る冷たい雨に濡れると一気にテンションが下がっていく。最近時計の
読み違えが頻発している。日の出が遅くなってきたこともあって深夜と
勘違いすることもしばしば。さらにあれとこれをしようと考えたことが
一つ抜け落ちていても、なにを忘れているのか浮かんできやしないのだ。

ああ!半月前の誕生日を境にこの傾向がますます顕著になってきている。
ひょっとして健忘症、そして認知症の扉が開いたのでは...と末恐ろしく
なるのだ。日頃から頭を使えと自分に言い聞かせても惰性が身につくと
甘えが支配し流されていくばかりだ。なにかにつけて勘違いすることも
多くなった。新聞記事を読んでいる時などすんなり脳に定着せず何度も
読み返してはイラつくことがある。挙げ句の果てにこの記事の書き方が
間違っているなどと愚痴ったりして。それと最近増え始めた省略用語が
わからず頭にくることも多々あるのだ。紙面の都合もあるのだろうけど
意味が伝わらない書き方は厳に慎んでもらいたいのだよ。あっ独りよが
りの?愚痴がまた出ている。う〜む。いかんな・・・。(^^;)
先日買い求めた文庫本を読み始めたが、大好きな椎名節が鳴りを潜めて
いて手が止まる。だから数ページ読んではまた閉じるの繰り返し。全て
読み終えるのはきっと暮れが押し迫った頃になりそうです。(^^;)

でも、椎名誠さんの文庫本はこれからもず〜っと好きですよ。(^^)  


Posted by 北の旅烏 at 08:48Comments(2)反省。