さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 趣味。

2017年03月31日

改良。

先日買ったトミカの「消救車」の改良を始めた・・・。

これに決めたのは手に持った時の重さが半端なかったから。可動部が
側面の開閉だけと物足りなさを感じたのだが「消救車」という聞いた
ことがない車名にも興味がわいた。早速箱から取り出し、扉を開けて
みる。ふ〜ん...てな感じ。殺風景感が否めない。ならばこの中を改造
しちゃるけん待ってなさい。暇をつぶすにはもってこいなのだ。白い
棚を取り付け、紙で作ったカーテンで雰囲気を醸し出す。肝心なのは
右手にある点滴装置。1センチに満たない薬の入った透明な入れ物を
あれこれ試してみるがイマイチ納得するまでには至らない。はてさて
どうしたものか。飽きて投げ出すか意地を貫けるか、五里霧中なので
ある。どうでもいい話は雪融けと共に繰り返される恒例行事と笑って
くだされ...な〜んちゃって。(^^;)

今朝はうっすらと雪化粧で始まりました。でもすぐに融けて元に戻る
ことでしょう。明日から4月に突入です。これからお出かけの計画を
立てる準備月間と気分を持ち上げ前に進まねばなりませんね。face02  


Posted by 北の旅烏 at 08:11Comments(2)趣味。

2017年03月20日

遅延。

バイク屋さんのジオラマは棚に置かれたままで埃をかぶり始めた...。

だからと言って別の展開を考えているかといえば、その気が起こらず
眠ったまま。日増しに雪が消えてアスファルトが顔を出すと自転車を
外に出し、どこへ行こうか楽しみにしていた昨年までは。今はそれも
叶わず悶々とした日々が続いている。バスや電車の旅も考えていたが
もう一つ背を押すパワーが足りない。車庫の奥に置かれたままの旅烏
2号はサビ放題で寂しげに下を向いているし。こんな筈じゃなかった
春分の今日。清々しい青空がうらめしい・・・。
な〜んて愚痴を言って自分を責めても何も変わりはしないのは分って
いるがどうしても引きずられてしまう。気分転換に最適の今日の青空。
午後から長靴をスニーカーに履き替えて、散歩がてら出かけようかな。
行くなら本屋さんがある場所か、トミカのコーナーがある所。そして
無駄遣いの殿堂?ゲームセンターって手もある。久し振りにクレーン
ゲームもしたいし。特にこれが欲しいになるのは無いだろうけど釣り
上げた瞬間がたまらないのだ。うんうん。(自己満足の極み?^^;)
帰路はめったに行かない道の探検も兼ねて歩いてみようかな。ただし
不審者扱いされないよう礼節正しき大人の作法を心がけねばならない。
調子に乗って辺り構わずカメラを向けてはいけないのだ。東西南北...
これから行く方角は、どっちだ!・・・あれれっ悩み始めている。face03  


Posted by 北の旅烏 at 08:41Comments(2)趣味。想う。

2017年02月21日

宝物。

トミカの車が入っているパッケージ。私にとってこれも大切な宝もの。
ですから捨てずに机上の整理コーナーの裏側に収めていました。でも
座った位置から見えないことやこれらが置かれた下から必要なものを
取り出し辛いこともあり別箱に納めることにしました。大きさが合う
ものはこれかな?と取り出したのは普通の紙で出来た箱。どう見ても
安っぽい。まっとりあえずの間に合わせ...と言い聞かせています。face03

木箱があれば願ったりなのですが、ここは見て見ぬ振りを決め込んで
この箱に収めてみました。するとサイズを計ったようにぴったり収ま
ります。中が見えるようにフタをカッターナイフで切り抜き、透明な
ビニール袋をサイズに合わせて切って接着。しかしヨレヨレで子供の
工作みたい。文句をいっても始まらないし、アクリ板が都合良くある
はずもない。だからどうあがいてもこれ以上完成度を上げるのは無理。
よそ様に見せる訳でもないので目をつぶりこれで完了とするしかない。
道具類を片付け壁に取り付けると案の定、蛍光灯の乱反射が目に入り
ます。でもホコリを防げるのだからと忍耐寛容の旅烏。この先木箱が
手に入ったら、速攻で作り直すことにいたしましょう。アクリの板も
ホームセンターに行き、サイズに合わせて切ってもらいましょうか。
(注)写真はフタをしていない状態のものです。壁に取り付けて撮り
   ましたが光の乱反射がひどくてお見せできる状態ではござらん
   のです。残念?ですが・・・。face03  


Posted by 北の旅烏 at 07:20Comments(0)趣味。etc...

2017年02月19日

雛祭。

おいらの出番がついにやって来た。いいとこ見せちゃるけん任せてね。
うん?あれれっアームが勝手に動き出した。これじゃないのか。まだ
操縦に慣れていないの僕ちゃん。教習所で教えてもらおうかな?face03

ひな祭りが近づいてきましたね。年に一度の?コンペイトウの出番が
来たと作業を開始したのは最近買った「ホイールローダー」の作業車。
トミカ「働く車」シリーズの第18台目にあたります。机上に飾って
いる専用コーナーが満杯になっているので新たに数台置けるよう箱を
追加しました。これで置く場所を気にせず買うことができます。ただ
欲しい作業車があらかた無くなり、お店に行く回数が減ると思います。
なんだかこちらの方が残念な気持ち。新たなこれ欲しいが見つかると
いいのですが。それとも視点を変えて、鉄道ゲージもありかもしれま
せん。走る列車にジオラマの世界。おおっ!ぴったり符合する。でも
もう一つ旅烏の購買意欲を高める何かが足りない気がします。お金を
かければ良いというものでもないしね。雪が融け地面が顔を出す春が
来たらきっと新しい何かが見つかるとそう信じ、後2ヶ月おとなしく
していましょうか・・・。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 08:38Comments(2)趣味。etc...

2017年02月16日

問題?

昨日と一昨日、住宅街の排雪が始まる。ガガッ!ドドドッと地響きを
立てて一日中うるさいと言ったらありゃ〜しない。しかしここ数日の
暖気で融けたわだちがきれいになくなると思えば我慢もできるという
ものだ。うん?だけど暗くなってもこの音が鳴り止まない。これって
排雪作業に慣れていない業者が依頼されたのかしらん。(^^;)

今朝外に出ると、案の定、雑に?削られたわだちと、歩道に積み上げ
られて固く締まった雪塊がしたり顔で横たわっていた。この雪の塊を
動かすには、鉄製のスコップとツルハシがなければ一般家庭では無理。
今日の暖気で(日中は7度くらいまで上がるらしい)融けてくれれば
いいのだが多少小さくなっても消えることはない。近所には小学校や
保育園があるので、いの一番に歩道の排雪が先と思うのだが・・・。
トミカの「働く車」が合計18台となった。ここに車を置くには台を
付け足すしかない...と昨夜は机上の専用駐車スペースの改良を進めた。
今までもCDケースや移動ケースに飾るため、台を付け足したり引っ
剥がすを繰り返している。もう限界かな?と思ってもこれがどっこい
立駐にしたり、台を工夫することで置けるようになるのです。上手く
いくと達成感が半端ない。今度はどこを改良しようかとアイディアを
絞り出すヒント?が生まれてきますのこと・・・。(^^)

<ここで問題...>写真に写っている「働く車」は何台あるでしょう?
18台ではありません。写ってない車も◯台ありますから。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 07:57Comments(0)趣味。etc...

2017年02月08日

頂上?


吹き付ける突風に今にも飛ばされそうだ・・・。

ここは厳寒のロポッサの山頂付近。てっぺんに登っているのは子供の
ように見えるが大丈夫なのか。下方に仲間がいるようでかすかに声が
聞こえてくる。おおっ!な〜んと大胆な、三浦雄一郎ばりにここから
スノボで滑る気らしい。万が一転倒でもしようものなら谷底へと転げ
落ちる。やめるように声をかけるべきか一瞬迷った・・・
な〜んてね。もうおわかりですね。この雪山は某小学校の校庭にある
小高い山なのです。日曜日出かけた帰り道で逆光に照らされた雪山を
写真に収めていた時、偶然にもここで遊ぶ子供が視界に入ってきたの
です。ならばこの写真を使って妄想劇が書けると思ったのもつかの間、
妄想が膨らまない。たはは...。(^^;)
翌日は車でかみさんとお買い物。レジを済ませ出口へ向かっていた時
かみさんがフリージアの花がもう出ているよと。おっ!いいじゃない
買う買う!絶対買うとカートをとめた。いつもならカスミ草も一緒に
買うのだが今回は値段が折り合わず、だけど一輪じゃさみしいからと
つぼみが膨らみかけた元気なフリージアを二本購入。さっそく花瓶に
挿して甘い香りを毎日楽しんでいます。今朝方見るとつぼみが4つに
増えていました。写真のアングルが良くないと見えて、うすら寂しい
絵になってしまいましたが、この他にもまだ花が咲きそうなつぼみが
ありますよ。花があるっていいですね、ほんとに・・・。(^0^)
  


Posted by 北の旅烏 at 08:45Comments(7)趣味。etc...妄想劇。

2017年02月02日

健在。

かれこれ30年近く前に仕事で使っていたマーカー「コピック」が今
でもまだ健在です。絵コンテやカンプ(仕上がり予想図)を描く時に
使う重宝至極のアイテム。当時は50〜60本くらい揃えていました。

仕事から遠ざかってからは買うこともなくなり、今は20数本残って
いるだけ。補充のインクも数本あります。ただフタを開けてないので
使えるかは微妙です。かすれて使えなくなると捨てています。これを
使う時は、普通の紙では色移りしますので特殊な「PM・PAD」と
いう紙に描きます。これの出番は自転車逃避行で走った経路をコピー
した地図に色をつける時。色が鮮明なのではっきり見えるのです。
この他にも製図セットや、そうそう透明な写植表もどっかにあるはず。
パソコンで作る今と違って当時は版下に使う文字は写植屋さんに依頼
して印画紙にプリントしたものをハサミと定規を使って全て手作業で
切り貼りしていました。慣れるまで苦労しましたが、いつしか身体が
覚え当たり前のように仕事をしていたものです。今思うと懐かしくも
あり、パソコンの便利さを享受していても、なぜかしら手を動かして
ものを作っている方が性に合っているのは、身体に染みついた過去が
そうさせるのかもしれません。最近停滞気味であってもやめられない
ジオラマ作りはその典型かもです。(^^;)

今回制作中のジオラマ。バイク屋さんにこだわり過ぎたのか、足踏み
状態が続いてました。でも作りたい気持ちは変わらず、ならばと心機
一転、店内の細かなところを作り始めました。こちらの方が私の性に
合っているようで楽しい時間が持てています。(^^)
悩ましいのはこのコピックを使う機会が今年訪れるのか...ということ。
ひざの鈍い痛みがまだ完全にとれたわけではないので今のところ様子
見するしかありません。一昨年前のように地図に書き入れる日が必ず
来るといいな...と思っています。  


Posted by 北の旅烏 at 11:23Comments(0)趣味。

2017年01月30日

磁石。

ひっつき虫の磁石。おまけに付いてきたものや、お手製のマグネット。
さらにどこで手に入れたか忘れたものまで千差万別。メモ紙を止める
のに好都合なブリキの板を青く塗りつぶした洋ダンスの扉にペタペタ
貼って使っています。ほかの人が見たら超繁雑至極。朝の満員電車の
ように映るかもしれません。(^^;)

ただメモ紙と言ってもレシートだったり、気になるフレーズを書いた
紙切れだったり。今では見もしない数年前の色あせたものもあります。
でも青く塗ったごちゃごちゃの洋ダンスの扉を見ていると、な〜んか
落ち着くのですねこれが。昔を想い出しては苦笑いするのに好都合?
とか何とか言っちゃってね。ただ度が過ぎるとゴミ屋敷ならぬ、ゴミ
扉に陥る可能性もあります。あっ!もうなっているかも。(^^;)
マグネット作りに熱中していた当時は何かに使った半端のバルサ材を
それこそ深夜になるまで削っては色付けをしていました。作る対象は
お魚さん。川魚や飽きると海の魚に触手を伸ばしイカだのカジカだの
タイやヒラメ、マンボウ等をなん個も作っていました。

所々欠けているのは袖に引っ掛け床に落とすから。机の下や、考えも
しない場所まで転がったり。ある時は机に(スチール製)くっ付いて
いることもあります。床に転がった筈と思い込んでいるものですから
見つからないのですね。だからあの「借りぐらしのアリエッティ」が
我が部屋にいて持って行ったんじゃないかと思うことがよくあります。
そうでもしないと気が収まらないのです。頭の老化と紛失は切っても
切り離せない『磁石』のようなものとそう思っています。これに接着
ボンドが加わると最強の難儀「また落としちゃった。あれっ?どこに
いっちゃったの...」が始まりそうで、とても怖いのです。(^^;)

(追伸)老化と紛失...磁石つながりができてひとまず安堵。な〜んか
    無理やり感が半端ないですね、いつものことですが。face03  


Posted by 北の旅烏 at 08:08Comments(2)趣味。

2017年01月28日

遅延。

ジオラマ作りが進まない。いい加減、飽きたかな。でもここまできて
壊すには惜しい。ぼーっとできない旅烏。だからつい手が伸びちゃう。
机に置いて次の工程を思い浮かべる。でも出てこない。また元あった
棚にしまう。シーン。夕闇が迫る。シーン。また取り出す。(^^;)

この繰り返しを何度したか。と思いついたのが小物類の造作。そうか
その手があったかと目から鱗?満面の笑み。バイク屋さんの入り口に
ゴミ箱を設置。2センチほどのサイズ。厚紙を切って貼るを繰り返す。
フタは開閉できる。中は分別ゴミ用に二分割した。見えもしない事に
こだわる旅烏。なんか細か過ぎますな。このあとライターであぶって
汚れた感じを出す。この時、燃やしちゃいけんぞと細心の注意を払う。
次は地下室を作ろうと入り口を追加。あれれっ!室内に手が伸びない
からといってまた余計なものを。だって細々した作りの方が楽しいし、
アイディアがどんどん湧いてくるんだもん。地下には「借りぐらしの
アリエッティ」が住む世界を夢見ているのさ。補強のために張り巡ら
された天井を支える段ボールの梁が邪魔をするのだけれど、かえって
面白いじゃないかとね。でもこのまま進めていったらバイク屋さんが
消え去って、こっちの方が主流に成りそう。うんにゃこれこそが我流
旅烏の真骨頂。次々と方向が変わる、あっと驚くどんでん返しがたま
らんのよ。地下は別の台紙を用意して、そこに居住空間を仕上げよう。
ああ!早くアリエッティが喜ぶ顔が見たいなぁ〜・・・。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 07:38Comments(2)趣味。妄想劇。

2017年01月20日

設置。

とりあえずバイク4台を置いてみた・・・。

うん、このアングルで見る限りそれっぽく見える。でもな〜これからの
展開が難儀多々。窓枠を切り出しているが単純作業にすぐ飽きてしまう。
それと二階を作るかやめるか迷いも出ているし。何もすることがないと
ついこれを引っ張り出して妄想を膨らませるのだが、次に進める原動力
にはならないのだ。ジオラマそのものに飽きてしまったということかも
しない。さりとて目を輝かせるこれだ!というものもないしね。ああ〜
いっそのこと以前にも書いた部屋の模様替えでもいたしましょうか。
いやいやこれこそ難儀至極。限られたスペースに最良ともいえる配置で
置かれた机やベッド。それとその昔函館から引っ越してきた引き出しが
33個ある大きな木製の棚。雑多な小物類を扱う?旅烏としてはとても
重宝している。だから捨てるなんて思いもしない。そうか!良い方法を
思いついたぞ。この引き出しの中を整理整頓することから始めようでは
ないか。そうすれば大量の空きスペースができるはず。キャビネットに
置かれたフィギアや無理やり本箱に置かれた箱類もこの中にしまい込む
ことができる・・・と思いつつも多少面倒臭い。本当に断捨離ができる
のか自信がない。整理していると昔懐かしいセピア調の品々が出てきて
手が止まる可能の方が高い。ならば今は様子見。暇な夜は文庫本を再読
することを優先する...これなら今日からできるもん?!(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 07:12Comments(0)趣味。etc...