さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 2017年01月09日

2017年01月09日

読経。

月日の流れが早過ぎだよね...と言いつつ母の一周忌の法要に出かけた。
地下鉄大通り駅から東西線に乗り換え会場へと向かう。ただちょっと
早過ぎたかもしれない。切符を買い求め階段を下り始めた。する事も
なく車内をぐるり見回す。すると案の定、スマホに夢中の老若男女が
気配を遮断するかのようにバーリアーを張り、一心不乱に指を動かす
奇妙な世界が広がっていた。顔つきがみんな同じに見えてくる。まっ
どうでもいい話ですが、私は浦島太郎になった気分ですな。face03

指定された駅の一つ前で降り(調べるとこちらの方が近い)外に出た。
うん?北はどっちだ。方向感覚が戻らぬまま、かみさんにタクシーを
促され乗るもどこを走っているのか頭が混乱する。会場は思った通り
我々が一番乗りだった。やがて久振りの面々が集まり始め、坊さんの
読経が始まった。これがまためったやたらと長くてね。旅烏の我慢の
限界は長くて20分くらい。波阿弥陀仏...そして何を言っているのか
わからない、むにゃむにゃゴーンが延々と続くのであった。ああ早く
終われと心の中で念仏を唱える旅烏をあざ笑うように堂々巡り的?な
読経が終わりを告げないのだ。こうなったら最後の手段!とばかりに
坊さんの背中に鋭い視線を投げつけるも効果なく虚しく時間が過ぎて
いく。ユーチューブ画面のように今どの辺まできているのかを見れる
装置があればいいのに。帰宅のことを考え始めた頃、じれてる空気が
ようやく場を埋め尽くしたのか、なんとなく終わりが近づいたような
気配を感じた。おっ効果があったか。ホッとしたのもつかの間、終わ
らない。さらにさら〜に、ゆっくりと抑揚をつけ「参ったか俗世界の
人間め...」などと、もっとも〜っと御経を唱え始めるのであった。
この後、疲れを癒す?食事会が終わり三々五々帰路に着いた。料金が
かかるが、このままタクシーで帰りたい気分。予約のタクシーに乗り
込む。あれまっ来た時と同じ地下鉄の駅で止まった。かみさんが言う
には「同じルートの地下鉄で帰るよ」ときっぱり断言。さすがに私も
「はい!おっしゃる通り従います」と言うしかなかったのでごじゃる。
階段は嫌い見たくもない...と心の中でぼやきながら・・・。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 09:08Comments(5)etc...