さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 2017年01月18日

2017年01月18日

思う。

昨日何気に取り出した10円硬貨。昭和63年と書かれている。古びて
傷が目立つ。今日に至るまでこの硬貨を何千いや何万人の人が使ったの
だろうか。ところで元号の論議が秘密裏に行われてきたようで最近急に
各新聞を賑わし始めた。古来から天皇のご逝去で改められてきた元号が
煩雑で商売に差し支えるとの理由で、いとも簡単に決められていいもの
だろうかと私は疑問に思うのだ。天皇陛下が退位したいとおっしゃって
いるのなら、その時点で元号を改めれば良いはず。伝統と脈々と培って
きた歴史を現代のご都合主義によって変えられることに合点がいかない。

昭和の元号が平成に変わってから29年目を迎えた。この10円硬貨が
発行された昭和63年は(1988年)日本中がバブルで浮き足立って
いた。ススキの界隈でも地上げが横行し、きな臭い放火まで起こったり
札が乱れ飛んでいた。しかし長続きするはずもなく数年後に待ち構えて
いた不景気の嵐。その後にリーマンショック(2008年)も世界中を
駆け巡って世の中全体が冷え込む。現代の社会では自国の利益優先だけ
では生きていけないということに尽きるのですね。
気に入らないとツイッターで攻撃するトランプ氏がもうすぐアメリカの
大統領になります。彼のアメリカが全てと言わんばかりのご都合主義や
これまでの言動に大統領としての資質があるのかと疑わざろうえません。
だから不安と怒りが込み上げてきます。世界に対して気に食わなければ
攻撃するだけの彼の言動にアメリカが築き上げてきた民主主義の崩壊が
見えてきた気がするのです。アメリカ市民はこれから先バラ色の生活が
来ると本当に思っているのでしょうか。変革を求めるには余りにも危険
過ぎる人物だと、そう思ってしまいます。
政治に関することは書かない方がいいのですが、この古びた硬貨を見る
ほどに歴史の重みを感じ、間違った方向へと進まないことを願うばかり。
平和とは、相手の痛みをも感じとれる深い洞察力が必要なのですから。  


Posted by 北の旅烏 at 08:43Comments(0)etc...提案・疑問?