さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 2017年04月04日

2017年04月04日

昔々。

久し振りに手にした純銀製のジッポーのライター・・・。

このライターはその昔カミさんからもらったもの。使わなくなってから
随分時が過ぎた。まだ残っていた当時のオイルを注ぎ火をつけると問題
なく着火した。ほのかに揺らぐ火の明かり。ライターの炎を見ていると
当時の情景が蘇ってくる。娘が生まれる前と思っていたが、カミさんが
言うには付き合っていた頃だと言う。当時旅烏が使っていたジッポーは
ステンレス製のそれ。見た目には似ているが手に持った重さが半端なく、
ふたを閉めた時の音にも違いがあった。そしてなによりも純銀製という
ステータス感に誇りすら感じたものだ。ジーパンのポケットに常駐させ
仕事にひと区切りがついた時タバコに火をつける至福のひと時。釣りに
出かけ、山河の景色を見ながら一息ついたその昔。ああ!次から次へと
記憶が蘇ってくる。セピア調にくすんだ断片であってもこれを手にした
若かりし頃の(円熟期?だから若くないかも...^^;)記憶の切れ端が
つながり始めたのである。小道具と粗末にしてはいけないな、と改めて
思った昨日の一コマ。きれいに磨いて元あったケースに入れた。

今使っているライターは、タバコをカートンで買うとお店からもらえる
使い捨てのそれ。溜まりにたまって捨てるに捨てられずのどうでもいい
代物だけど、オイルをその都度入れる手間が省けるので重宝はしている。
現代社会は手間を省く世の中に突き進んでいますね。人工頭脳を持った
ロボット開発や、省エネのLEDライトなど。利点がありそれはそれで
良いのだけれど、たまには不便に身をまかせることを忘れたらいけない
気がします。白熱電球に温かみを感じたり。焚き火に手をかざしてその
温もりを感じたり。揺らぐ焚き火を見ながら酒を酌み交わしたキャンプ
シーンが懐かしく思い出されます。ライターの炎を見ているとあの頃の
自分に戻れた気がしてきます・・・。
もう一つのライターは誰にもらったか忘れた古いもの。ライターの側面
にはアメリカの1セント硬貨がついています。これも汚れを取り大切に
保管しています。  


Posted by 北の旅烏 at 08:03Comments(2)追憶。