› 北の旅烏のひとりごと。 › 2017年05月31日

2017年05月31日

ふむ...

5月も今日でおしまい。はてさて、う〜ん...ですな。(^^;)

不二家ミルキーの包み紙。これにおみくじが印刷されているのを気付
いた方いらっしゃいますか?旅烏は最近知りました。包みを開ける度
な〜んだまた小吉かよ...とか、おおっ!大吉とな。なんてつまらない
喜びに0.394(おみくじ)秒間、ニンマリしたり。(^^;)
一袋に1個だけ出てきますので(2個出たら大吉のさらに上かも?)
まさか最悪の凶なんての入っていないと信じていますが、どうなんで
しょうね・・・。
その昔、おみくじで思い出す苦い経験があります。神社に参拝なんて
ほとんどしたことがなかった旅烏ですが、初めての大学受験を控えた
お正月の夜に家族して北海道神宮へ参拝しに行ったことがありました。
当然?おみくじを買いますよね。大吉であれと開けたそこには漢字の
二文字...だったと思いますがもう忘れました。最悪の凶ではなかった
けれど、なんて書かれているのか漢字が読めませんのこと。もうこの
時点でショック大。さらに書かれている内容のほとんどが、負の言葉
だらけ。よりによって受験を控えたこの日にとね。滅多に引かない?
凶だからこそ大吉と同じくご利益があると言われても、気分が滅入り
落ち込むには影響大だったのです・・・。
私は神のご利益に頼ることを良しとしていませんから。そもそも神様
なんてこの世にいる訳がないとそう思っています。もしいるとしたら
フキの葉の下で笑顔のコロボックルの神様だけ。自転車逃避行で車に
ひかれそうになったり、土手で滑って転んでドボンしそうになった時
など難を逃れたその先に、コロボックルの笑顔を見た気がしたのです。
信じるものは救われる...とよく言いますが、これって信仰心がまるで
ない旅烏でも多少引きずっている証拠なのかもしれません。でもでも
信仰心があるか無いかは心の中だけでいいとそう思います。(^^;)  

Posted by 北の旅烏 at 09:07Comments(2)追憶。雑記。