さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 2017年12月

2017年12月16日

難儀。

北国は積もった雪が融けたり凍ったりを繰り返しています・・・。
一歩脇道へ入るとご覧の通りツルツル道。慎重に歩いているつもりでも
転ぶ危険をはらんでいます。打ちどころが悪ければ救急車を呼ぶことに
なり、今冬は例年になく搬送回数が増えているとか。ご高齢の方たちに
とって辛い日々がこれ以上続かないで欲しいものです。何を隠そう私は
今期2度も転ぶという憂き目に合いました。これはけっして他人事では
ありませんのこと。だから歩くにはやや遠い場所へ出かけるのが億劫に
なっています。でも行かなくちゃ気になって仕方がありません。ああ!
トホホ...とぼやきながら子供歩きで?出かけましょうか。(^^;)

下の写真は暖気で融けたぐちゃぐちゃ道。でも旅烏にとってはこの方が
とっても楽ちん。だってアスファルトが見えるんですもん。「もう春が
きたのね、うれぴー」と嘘ぶきながら歩けますから。でも目線を下げて
歩いていますので、いつの間にか道路の真ん中を歩いていることがよく
あります。ドライバーから見たら、なんて危険な行為をしているんだと
眉間にしわを作っているかもしれませんね。みな様はくれぐれも真似を
なさいませぬように。な〜んちゃって。だはは...。(反省?^^;)

  


Posted by 北の旅烏 at 11:43Comments(0)雑記。

2017年12月14日

戯言。

12月に入ると飾り付けをしていたクリスマスツリー。でも・・・

家族と相談して今年は出すのを止めることにした。年季が入っている
こともあり、箱から出すとビニールの葉が散乱しその量が年々増えて
きているからだ。遠い昔のことなのでおぼろげな記憶しか残っていな
いが、確か撮影で使う白熱球の点滅ライトを二つ買って仕事を終えた
あと私がそれをもらい受けた。その頃は安アパートでひとり暮らしを
していた。ツリーを買うにはあまりに淋し過ぎ。できることといえば
ライトを窓の縁に飾るのが精一杯だった。毎年クリスマスが近づくと
ツリーを飾って楽しむ家族が欲しくなったものだ。
それから何年か後、二度目の結婚をして娘が生まれた。いよいよ飾る
環境が整ったと点滅ライトを買った店でツリーを買う。当時は娘の倍
以上の高さがあった。取り出したツリーにモールを巻き、飾りつけが
終わると一気にクリスマスがやってきた。あのころを思い出すほどに
懐かしさが込み上げてくる・・・。
だがここ数年ツリーを出すのが億劫になり始めていた。代わり映えの
しないクリスマスツリーと終わった後の散乱する葉の後片づけが嫌に
なってきたのだ。苦労して飾っても恒例行事とわかっているのでワク
ワクする新鮮味がどこにも無い。だったら居間に飾る場所は決まって
いるので、ツリーを飾るなら50センチくらいのミニサイズを買えば
いいと思い始めています。だから今年はツリーを出さず点滅ライトや
サンタグッズ、そしてモールでアレンジしてみようかとね。この方が
毎回違う飾りつけが楽しめてワクワクしそう?ですから。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 08:57Comments(0)追憶。

2017年12月11日

浸水。

水を張ったお皿に浮かべていた紙の船が大きく傾き、沈没寸前になって
いた。いったん取り出しヒーターで乾燥。この際だからと上部を剥がし
接着剤で再度くっつけ、防水効果を上げるため透明のマニキュアをたっ
ぷり塗って乾燥させた。はてさてどうなりますやら・・・。(^^;)

蒸発皿は使っていなかったカレー用に買ったお皿。それがなぜか増えに
増えて引き出しを占領しています。だったら日の目を見せちゃるけんと
自室の暖房ヒーターの上に置いて乾燥肌を(手のひらの...^^;)食い
止めるため無駄と知りつつ使っています。さらにその辺にあった小物を
浮かべて楽しむのが旅烏の流儀。ただ数日で飽きてくる。何かないかと
今はジオラマで作った船をチョイス。これにも飽きたら別の手を考える
のもまた楽しからずや。お皿に海底をイメージした色付けなんかもある。
いっそのこと熱帯魚をここに入れて...否々即あの世送りになっちゃうか。
うん?そうだ。旅烏はごちゃごちゃ感が大好きなので、以前観た番組の
クレイジージャニーに出てきた海上生活を再現してみるのも面白そうだ。
基本的に厚紙で作るから、浸水の果てに朽ちる光景はお手のもの。今度
暇に任せてジオラマで作ってみましょうか。汚れなら放っておけばすむ
ことだしね。全然違和感がないのだ・・・。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 10:59Comments(2)趣味。

2017年12月09日

愚痴。

北国の冬は雪があってこその土地柄。でもね今年の旅烏は朝の雪かきの
ことを思うと憂鬱になり始めます。前夜からしんしんと降り続く光景を
見るたび逃げ出したくなるのです。できないとは分かっているのですが
諦める心がどっかに逃げちゃったみたいでして・・・。(^^;)

過去にここまで嫌だ〜になったことはなかった筈。なんなんだろうこの
心境の変化は。雪の投げ場所が狭くて難儀多々。除雪車が残して行った
固い雪の塊りを始末する厄介さ。それと除雪と関係ないお歳暮の手配や
年賀ハガキのことなども関係しているのかもしれないな。
あれやこれやが一度に来ると、面倒臭いの一言に尽きるのです。やがて
現実に引きて戻され、すごすごと外に出ると思った以上の積雪に改めて
ため息が漏れ出しますのこと。旅烏は気になったことは直ぐに片付ける
主義。心の引き出しを軽くしないと重荷に感じちゃうのです。最近では
忘れることも多くなり失念した自分を悔やむことが増えてます。だから
そのまますっからかんと忘れてしまえばいいのですが、認知症の恐怖が
もっと怖い。メモしてもその事すらあれれっ?になりそうでして。歳は
とりたくない。でももうすぐ年明けが待っています。ああ!愚痴ばかり
書いてしまった。なにも生まれはしないのにね。反省多々の今朝?face03  


Posted by 北の旅烏 at 10:48Comments(2)雑記。

2017年12月06日

厄日?

毎年思う夕暮れの早さ・・・。
午後3時をまわるころには陽が傾き、向かいの家の窓ガラスに反射した
明かりが差し込んでくる。昨日は今年初めて一日に2回の雪かきをした。
積もった雪は難儀するほどの量ではなかったが、それでもかき集めると
腰にくる。捨てる場所も限られているので残るは隣の敷地の境まで押し
進めるしかないのです。今週一杯真冬日の予報が出てます。間違っても
一日に3度の雪かきフル稼働がなければいいのですが。face03

実は今週に入ってから厄日が続いている。今週始め除雪を終え隠れ家に
向かって歩いていた時、足が滑って思いっきり転んでしまったのである。
ヒザに激痛が走り動くことができない。それでもなんとか立ち上がって
歩こうとしたが足がスムーズに動かないではないか。一瞬脳裏に浮かぶ
絶望の影。ヒザ間接の治療を始めてから一年が過ぎ最近ではやっといい
具合になってきたというのにまた元に戻ったのでは...と不安がよぎった。
数分が過ぎた頃ようやく足を動かせるようになったので再び歩き始めた。
隠れ家の階段を一歩一歩上る。部屋に入るがヒザは鈍痛のままで一向に
改善せず。この日は早めに帰宅してシップ薬を貼るに限ると引き返した。
滑った原因は車道から歩道に上がろうと足を踏み出した時、新雪の下に
ひそんでいた氷に気づかなかったのだ。なんたる不覚。その日は痛みが
あるものの徐々に改善してきました。よかった〜。(^^)
だがなんということでしょう。翌日の朝また同じ目にあってしまうので
ある。段差に注意を払って歩いていた筈なのに別の場所で片足を思いっ
きり伸ばした状態で転んでしまった。情けない。馬鹿バカ旅烏のば〜か
と無言の遠吠えが炸裂。前日の苦い経験が生かされていない失態...とは
いえ、積もった雪の下には氷がどこに潜んでいるか見当もつかないのだ。
新雪が積もった早朝は特に恐怖心が湧くのですね。だから歩幅を控えて
そろりと歩いて隠れ家に来ています。おかげさまでヒザの痛みも快方に
向かっています。みな様も旅烏のようにならないようご注意されてくだ
さいませ。お陰様で今朝は二度あることは三度あるという格言には至り
ませんでした。(でも雪道怖い症候群はしばらく消えず?^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 09:55Comments(5)雑記。

2017年12月03日

新品?

毎夜、ひじ当てに使っているスヌーピーのぬいぐるみ・・・。
ぺちゃんこになったのと、汚れが進んでいたので思い切って洗うことに
した。ぬいぐるみは形が崩れるから洗濯はしないほうがよいとなにかで
聞いたように思うけどこれ以上放置できない。まず洗面台にお湯を溜め、
洗剤をやや多めにふりかけ手で揉みほぐしていく。うっわ〜あっという
まに水が茶色くなり始めた。「ごめんね放ったらかしにしていて...」と
詫びながらぐにゅぐにゅと愛情込めて?じゃないか、力まかせで潰して
いった。でもどこで手を止めていいものやら見当がつかない。このまま
ずっと続ける訳にもいかないので頃合いを見て終了宣言を出した。

自室に戻り暖房ヒーターの上に置いて乾かすことにする。しわくちゃに
なった顔をやさしくつまんで以前のモフモフ感を出しながら乾燥させた。
深夜、もういい頃合いかと持ち上げてみる。おおっ軽い。そして以前の
輝かしい白さに生まれ変わった...と思うことにいたしましょうか。今夜
からまた顔がぺしゃんこなるスヌーピーだけど「いつも側にいてくれて
ありがとう」とナデナデしちゃるけん、許してね・・・。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 08:56Comments(4)雑記。