さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 2018年01月26日

2018年01月26日

大荒。

昨日から続く破天荒な空。強い北風に舞う大量の雪。ああ!今日も日に
二度目の雪かきをせねばならない。やはりすんなりと春に向かうことは
叶わなかった。これが北国に住まう人間に与えられた試練なのである。

気を静め玄関ドアを開けると思っていた以上の吹き溜まりが出来ていた。
ゆうに30センチを超える雪。時折吹き付ける風が半端ない。雪を退け
先へと進む。だが一度で雪山までたどり着けないのだ。おまけに雪山は
2メートルを超えているのでやや湿り気を帯びていても崩れ落ちてくる。
癇癪の遠吠えが口から出そうになると、足元の雪に向かって「こんちき
しょう」と睨みつけた。そうでもしなければ行き場のない癇癪の向きが
あらぬ方向へと行きかねない。それにしても寒い。手袋を履いていても
手がしびれたようになる。昨日の最低気温はマイナス12.7度。お昼を
過ぎてもマイナス気温が続いた。そして東京では記録的な寒さに道行く
人々の困惑顔がニュースで流れた。雪に慣れていないことで起こる追突
事故も数知れず。いつもなら新潟から青森方面、そして北海道の大雪が
話題になるが、今年は日本中が寒波の真っ只中に見舞われているのだ。
これから一週間、真冬日が続く北国。寒さは慣れてくるとこれが当たり
前と意に返さなくなるのだが、突然やってくる寒波にはほとほと困惑し
ストーブの前で暖をとりながら、さめざめと涙を流す?のである。face11
こんな時は、お腹の中から温めようと熱々のカップメンを早めに食べる
のがよろしいようです。うん?窓外はちょっぴりだけど風がおさまった
みたい。住宅街の道は雪山だらけで狭くなって行き交う車が困惑顔して
います。ああ〜春よ。早く来て〜たもれ〜。な〜んちゃって。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 09:14Comments(5)雑記。