さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 2018年03月02日

2018年03月02日

大荒。

予報が当たった朝。
しゃくにさわるけど雪かきから今日も始まった。なに?なんなんだこの
重さは。雪かき専用ショベルでは歯が立たない。スコップに替えて切り
崩しながら雪山を作り始めた。雪の塊が面白いようにぺたんとくっつく。
かまくらを作るにはうってつけだ。だけど雪の重さが両腕と腰に負担が
かかる。1メートル進んでは休憩を入れ、車道まで出た時には息が切れ
かかっていた。お次は隠れ家の雪を退けなくちゃならない・・・。

おほほ...思っていた通り階段がきれいに埋もれていた。おやま、何しに
来たのかカラスの足跡が付いている。来るならお土産でも持ってこいと
愚痴をこぼしながら小さいショベルで雪を退け始めた。う〜ん。重たい。
かがんでの作業は腰にくる。時折吹き付ける風が身体を揺さぶる。落ち
たら怪我どころの騒ぎでない。片手で手すりにつかまり階下までたどり
着いた時にはまたもや息が切れかかっていた。軽い雪と湿って重たい雪。
思えばどちらも痛し痒しの重労働には変わりない。これが北国に住まい
する人間に与えられた試練ではあっても苦痛のなにものでもなく、早く
雪融けが来ることを神様にお願いしなくちゃね・・・。(^^;)

窓外はご覧の有様。吹き付ける風が激しさを増して家を揺らしています。
今日は車での外出はなるべく控えた方がよさそうですね。それにしても
あなどれない3月。春待ちの心を萎えさせるには充分過ぎます。  


Posted by 北の旅烏 at 08:03Comments(4)雑記。