さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 2018年03月31日

2018年03月31日

決断。

昨日の午後、意を決して出かけることにした。場所は農試公園。残雪と
琴似発寒川の増水状況を確認するためなのだ。紺碧の青空が我が味方と
歩き始めたが時折強い風が吹き荒れる苦難の道のり。薄手のジャケット
しか着てこなかったことを後悔しても引き返すのは癪にさわる。歩速を
早めて黙々と歩き、やがて農試公園に無事到着。

思った通りの残雪があちこちに見受けられた。雪融け水を踏まぬように
気をつけながら奥へと進む。

この農試公園に子供たちの歓声が響くのはもう少し時間がかかりそうだ。
やがて桜の開花が始まると、一気ににぎわいを増すことだろう。

琴似発寒川はあふれんばかりに増水し暴れ川に変貌していた。足を取ら
れたらひとたまりもない。子供はくれぐれも川に近づかないようにして
欲しい。やがて雪代が収まり穏やかになれば格好の水遊びができる。

さて、これからどうしたものか。風は相変わらず強いままだ。実は今日
出かける原動力になったあることを成し遂げるには地下鉄琴似駅方面へ
行かねばならぬのだ。う〜む。行くか行かぬか、しばらく悩みに悩んだ。
このまま帰路に着いたら次回はいつになるか分からない。せっかくここ
まで来たのだから行こう。よし決めた。しぼみそうになっていた元気が
ググッと湧いてきたと言いつつ太ももが限界点に届きそうでね。だから
途中の信号待ちがなんともうれしい限り。だ〜って人目を気にせず休め
るんだもん。(^^;)前方の大型スーパーの看板を目標に歩き続けた。

ようやく目的のお店に到着。ここは文教堂という本屋さん。数年ぶりの
来店である。目指すコーナーはどこかいな。あれれ?記憶が薄れて思い
出せない。あたふたもう一度戻り気を落ち着かせ前進。おおっ!あった。
でも二冊だけじゃん椎名誠さんの文庫本は。こんなに少なかったなんて
ショック。いや見方を変えれば速攻で売れてしまったのかも。どちらに
しようか迷ったが、写真の一冊を手にしてレジに向かった。

帰路は適当に歩いて行く。影を頼りに方角を定め歩くのみ。念願だった
椎名さんの本が買えた喜びできっと我が太ももも喜んでいるに違いない。
本日の徒歩距離は約5キロほど。道を大幅に間違えることもなく、帰る
ことができましたとさ・・・。(^^)  


Posted by 北の旅烏 at 10:54Comments(2)徒歩散歩。