さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 2019年05月13日

2019年05月13日

成長。

柚子の木とりんごの葉が全て枯れ落ちて殺風景になった。そこでピザに
付いてきた唐辛子を蒔いたら数日後には芽が出始めた。過去になんども
育てたことでマンネリ感は否めないけど緑があるだけで心が安らぐのね。

旅烏は食べた果物や野菜の種を植えて葉っぱを愛でる主義。決して種を
お店で買って育てようとは考えていない。普通ならばゴミとして捨てる
果物の種を乾燥し、冷蔵庫で数日冷やしてから窓際の器に蒔いて適量の
水を与えていると芽が出ることがあるのだ。ただしツル科の植物は横に
伸びるので潔く処分。過去にメロンの種を蒔いたら小さな果実がなった
ことがあったけど場所をとるので止めたことがある。この唐辛子も飽き
たら捨てられるかもしれない。以前大きな器に移し替えて唐辛子の実が
付きそれを食べていたこともあった。でもやっぱり緑の葉があるだけで
いいのだ。これから夏に向かって果物の種類が増える。はてさてお次は
どの種を植えることになるか楽しみ?なのだ・・・。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 10:33Comments(0)雑記。