さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 2019年05月

2019年05月22日

工作。

最近、行動パターンが一辺倒すぎてイラつくことが多くなった・・・。
気になることは「心のすぐやる課?」の虫が騒ぎ出す旅烏。だから一旦
手を止めやり始めるが、あれもこれも...と次々に片付けの指摘を受ける
ものだから一番最初の指令がきれいにすっ飛んで、はてなんだったの?
と悩み始める始末。そんな時は落ち着いて、気持ちの入れ替えをすれば
いいのに堂々巡りのスパイラルにはまり込み落ち込んでしまう。きっと
脳みそが干からびカチンコチンになっているのかも・・・。(^^;)

愚痴はさておき、ジオラマ作りを再開しようと丸太に似せた壁を作った。
でも設計図なんてありゃしない行き当たりばったりが災いし中断を余儀
なくされている。以前作ったログハウスは居間の柚子の木に取り付けて
いるが時とともにいい風合いが出てきている反面、もろくなって触ると
壊れそうなのだ。新しい家を作るいい機会だとこの時は思っていたのだ
けれど、いざ作り始めて材料がないことに気がつき作業が中断。うん?
材料というよりアイディア不足が勝っているかもね。やがて制作意欲も
日増しに衰退し、今ではこれを捨てようかと思い始めている。やっぱり
工作は雪が降る冬に限ります。今は陽射しを浴びて、徒歩散歩するのが
一番かもしれないな・・・。  


Posted by 北の旅烏 at 10:59Comments(3)雑記。反省。

2019年05月17日

読書。

暇に任せてテレビを見ていてもつまらない・・・。
最近よく出てくるお笑い芸人を見ていると、もう飽きたな感がどんどん
強くなるのは旅烏だけかしらん。それと一度うけた芸にしがみつく姿が
鼻につき始めると毛嫌いが始まるのだ。そんな時は本でも読むに限ると
穂村弘氏の単行本を手に取る。でも数ページ進んだところで眠気が襲い
ご就寝となるのが常でして。頭を覚醒させる興奮度に巡り合わないのだ。

これは旅烏の脳が退化し始めたのかと心配にもなる。興味を覚える刺激。
そして私にとって今何が必要なのか、暗中模索の日々を繰り返すばかり。
ただそうはいっても錆びが目立つ自転車に乗るのは気が引ける。いまの
ところ新しい自転車を買う気はさらさら無くて暗中模索状態。だったら
晴れた日に気晴らしに徒歩散歩に出かけるのが一番かも。農試公園内を
散策して気が向いたら遠回りして本屋さんへ行く手もある。ただここの
本屋さんには気にった作家の本が少ないので二の足を踏むのだ。もっと
遠い場所にある本屋さんに行くには片道3キロ強を走破しなければなら
ない。愚痴ってばかりいても仕方がないのだけど。背を押すこれだ!が
どこかに落ちていないかな...うん?いくら待っても返答がない。そうか
こちらも錆びついていたのね。トホホ...。な〜んちゃって。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 11:06Comments(4)雑記。

2019年05月13日

成長。

柚子の木とりんごの葉が全て枯れ落ちて殺風景になった。そこでピザに
付いてきた唐辛子を蒔いたら数日後には芽が出始めた。過去になんども
育てたことでマンネリ感は否めないけど緑があるだけで心が安らぐのね。

旅烏は食べた果物や野菜の種を植えて葉っぱを愛でる主義。決して種を
お店で買って育てようとは考えていない。普通ならばゴミとして捨てる
果物の種を乾燥し、冷蔵庫で数日冷やしてから窓際の器に蒔いて適量の
水を与えていると芽が出ることがあるのだ。ただしツル科の植物は横に
伸びるので潔く処分。過去にメロンの種を蒔いたら小さな果実がなった
ことがあったけど場所をとるので止めたことがある。この唐辛子も飽き
たら捨てられるかもしれない。以前大きな器に移し替えて唐辛子の実が
付きそれを食べていたこともあった。でもやっぱり緑の葉があるだけで
いいのだ。これから夏に向かって果物の種類が増える。はてさてお次は
どの種を植えることになるか楽しみ?なのだ・・・。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 10:33Comments(0)雑記。

2019年05月09日

放置。

この時期になると雪下に捨てられていた廃棄物が目につくようになる。

遠方に出かけた帰り、川沿いの散歩道を歩いている時に目にした自転車。
前輪が取れていたけれどサビが目立たつ訳でもなく、なぜここに捨てた
のか理解に苦しむ。新車を買う時、古い自転車を引き取ってくれる店が
ある筈なのに。これの持ち主はもう自転車に乗らなくなったのだろうか。
でもだからと言って辺り構わず捨てていい筈がない。この近くに住んで
いる輩か、はたまた深夜に車で運んで捨てたのか。心ない人間の行為が
次なる悪さを助長する連鎖につながるのだ。タバコのポイ捨てもいたる
ところで目にし、そこを通るたび吸い殻の数が増え暗澹たる嫌な気分に
させる。大人たちよ「俺だけじゃない」とか言い訳する前に子供たちに
顔向けできないと肝に銘じて欲しいものだ。
雨予報が外れ青空が広がる穏やかな一日となった今日。どこかへ出かけ
たい気持ちが湧いてくるのだけれど、今いち背を押すパワーが伴わない。
う〜む。もったいないぞ旅烏。羽が生えていれば...とか、ピッカピカの
自転車があれば...とか、ないものねだりの悪い癖が出始め二の足を踏む。
どこかで区切りをつけなくちゃダメですね・・・。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 08:25Comments(0)提案・疑問?

2019年05月04日

魅力。

いまでも暇になると録画した「となりのトトロ」を繰り返し観ているが
飽きたことはない。ストーリー云々よりも、描かれたキャラのユニーク
さに惚れぼれするのだ。主人公のサツキとメイちゃん。そしてほんわか
和むトトロたち。猫バスに至っては、心をわし掴みされるほど感激した
ものだ。だから当時街中で売られていた「猫バス」のぬいぐるみがどう
しても欲しくなり、娘のプレゼントとのためと両手に抱きかかえるほど
大きな「猫バス」を大枚叩いて買ってきた。あれから時が流れて旅烏は
老いぼれた?けれど今でも階段の上に置かれてにっこり笑っているのだ。

宮崎駿監督のジブリ作品はテレビで放映されるとすかさず録画し何度も
観入っていた。「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「もののけ
姫」「魔女の宅急便」「千と千尋の神隠し」そして「紅の豚」。今でも
再生して観ていると、懐かしい過去がよみがえってくる。これはきっと
旅烏専用の時を遡るワープ航法とでも言えるかもしれない。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 07:01Comments(0)雑記。