さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 2019年06月

2019年06月27日

散歩。

農試公園へ出かけてから半月が過ぎた。次は北大構内へ足を伸ばそうと
考えているがなかなか実行できずにいる。お天気になればやれ暑いだの
熱中症になるかもと躊躇三昧でして。ましてや曇天の日に出かけるほど
もの好きでもないし。だからブログに載せる写真の手持ちが無くなって
しまった。う〜ん。こまったちゃん。そこで以前撮った写真を引っ張り
出して載せることにした・・・。(^^;)

農試公園は歩いて20分くらいの場所にある。公園内には琴似発寒川が
流れていて都会のオアシス的場所。ここから上流を目指せば平和の滝も
ある。ただそうは言っても歩いて行くにはかなりの距離。ぶらり散歩を
楽しむなら、人道橋を渡って堤防をぐるり一周するコースがお勧めです。
過去に釣竿を持って来たことが何回かあった。春先に河川に放流される
ヤマベ目的でね。(^^;)遠出の釣りに行けない歯がゆさをまぎらわ
せるには好都合の場所だった。ただそうは言っても小さなヤマベを釣る
ことに罪悪感を感じて今は行くのをやめた。否それより釣りをしたいの
気持ちが薄れてしまったことが最大の要因。昔なら清らかな流れと緑が
川面に映える光景に酔いしれていたというのに。歳を重ねると出不精が
ますます加速するのかしらん・・・。う〜ん...などと唸っていちゃダメ
ですね。わかっているけど、やめられない。なんちゃって。  


Posted by 北の旅烏 at 11:14Comments(0)雑記。

2019年06月23日

無駄?

先週金曜日の雷は凄まじかった。光った瞬間ゴロゴロどどーんと大きな
音が鳴り響いたのだ。地震・雷・火事・おやじ...とはよく言ったもので
子供のころ、頭に座布団をのせて怯えていたことを思い出した・・・。

今日も雨日。しとしと降りやまぬ雨に気分はどんより曇り空。予報では
お昼には止むと出ていたけど青空は週開けまでおあずけです。我が家の
冷蔵庫内はほぼすっからかん。今日こそお買いものに行かなくちゃなり
ません。その時までに雨が止むことを願うばかりです。(^^;)
さて本題に入ります。と言いつつ載せる写真がほぼ0。へんてこりんな
写真を載せるしかありませんのこと。ジオラマに利用しようとあれから
もう一つ作りましたが何も浮かばず、う〜む...むむっと唸ってばかりで
蚊帳の外に追いやってしまいました。外出不可の雨の日はもってこいの
工作日和なんですけどね。苦肉の策としては、この上に掘っ立て小屋を
置くことかな?。以前作った水上生活風の家。でもその先のイメージが
ありきたりすぎて面白くありません。はてさて...もう少し熟成させるか
ゴミとして廃棄するかの瀬戸際に立っています・・・。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 08:06Comments(2)雑記。

2019年06月19日

迷い。

優柔不断・・・。
お天気が良いと散歩に出ようと思っているのですが、ここ最近なかなか
実行にまで至らずが続いています。もったいないとわかっていても背を
押すパワーが湧いてこないのですね。買い物もパターン化している性で
見慣れた風景に心が躍りませんのこと。もっと遠くにある他店に行けば
違うのでしょうけど面倒臭いが先に立って行動が伴いません。いかんな
これでは。6月も後半に入ったというのに。う〜む。

歩いて行ける場所は限られています。近場だと北大構内か、琴似駅側に
ある本屋さんくらいが関の山。ただ読みたいと思える文庫本がないので
却下。煩雑な場所へも通過点と割り切れる先に目当ての風景が広がって
いれば「よし行くぞ!」になるのですが、それも無し。パターン化した
日々が心を弱らせるのは分かっていても、これを払いのける方法が見つ
からず悶々とした日々。いけませんな、こんなことでは。どこかで踏ん
切りをつけて行動あるのみ...なのですけど。う〜む。
この際、唸ってばかりいないで『外に出よう』しか解決策がありません。
と言いつつ、あれ?堂々巡りのメビウスの輪が頭をぐるぐる回っている。
出口はどこじゃ〜。(なに書いてんだろう旅烏は。愚痴の更新でごめん
なさい。反省猛省。失意多々?なんちゃって。^^;)


  


Posted by 北の旅烏 at 09:10Comments(0)反省。

2019年06月15日

散歩。

お天気が良いと遠出がしたくなりますね・・・。(^^)

昨日久しぶりに農試公園へ出かけてみた。ツインキャップのツタの葉は
青々と輝き、見慣れた風景でも春を謳歌する生命の息吹を感じさせます。
この日は近所の小学生たちが大勢集まっていました。ちびっこの晴れや
かな笑顔を見ると元気がもらえますね。琴似発寒川の堤防をぶらり散歩。

いつもと変わらない風景でも、どことなく新鮮に思えます。堤防をテク
テク歩き、やがてJR高架近くまで来ましたが、この日は無理せず引き
返すことにします。ふと思う「自転車だったらきっと平和の滝まで行く
のに...」な〜んてね。我が愛車「旅烏2号」をもう一度引っ張り出すか
はたまた買い換えるか。それとも諦めるか。ちょっとばかり悩んでみた
けれど、結論は出ず。いまは徒歩で楽しみましょうか。(^^;)

農試公園入り口にある噴水にもう一つの子クジラさんが増えていました。
子供たちの木工教室「トントン館」が賑わいを見せるのももうすぐです。
晴れた日にまたお出かけしたいなと思った一日でした・・・。
  


Posted by 北の旅烏 at 08:07Comments(5)徒歩散歩。

2019年06月10日

青空。

今日も爽やかな青空が広がり、そよぐ風も涼しくてお買物日和になりま
した。でも、とくに買わねばならないものは無い。それなら最近行って
いなかった農試公園にでも出かけてみようかな・・・?

と言いつつ出不精が続いていて重い腰が上がらない。お買い物があると
それを励みに行くのだけれど。そう言えばもっと遠くの某スーパーには
ここ数ヶ月ご無沙汰続き。この際、意を決して行く手もあるのだけれど
思うだけで実行までには至らないのだ。ああ〜青空微風のお散歩日和が
しかめっ面しそうだ。これってやっぱり病院通いが始まってから2年半
続いていることが災いしているのかもしれない。最初の頃は青空を見る
たびどこかへ行きたくてじれていたものだ。それが年をまたぐと出かけ
ないことが至極当然のように受け止めている自分がいるのだ。いまでは
数キロくらいなら徒歩で行けるというのにね。青空に向かって気持ちを
リセットしなければいけない。否思うだけではダメですね。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 10:38Comments(4)雑記。

2019年06月05日

反省。

この絵は娘が描いたもの。その昔、旅烏が癇癪を起こして隠れ家の壁を
蹴っ飛ばし穴を開けたことがあった。それからというもの隠れ家に来る
たびにこの穴ぼこが目につき気になっていた。そこで娘に頼んでこれを
ふさぐイラストを描いてもらった。多分その時トトロに出てくる「メイ
ちゃん」をイメージして描いてもらったように思う。ただ相当古い記憶
なので定かではない。旅烏は怒りが勃発すると抑えようがなくなるのだ。
冷静になれ...とわかっていても怒り抑える神経が遮断してしまうようだ。

昨日、久しぶりに些細なことで娘と口論してしまった・・・。(^^;)
だが隠れ家に来てこの絵に目がいき一瞬にして冷静さを取り戻したので
ある。いけませんね旅烏は。未だに年相応に成りきれず同じことの繰り
返しをしているとは。この後自宅に戻ったら真っ先に娘に詫びを入れる
つもりです。うん?娘の出方次第では、また喧嘩勃発したりして。いや
元の黙阿弥には決してならないよう祈るばかり...?な〜んちゃって。

  


Posted by 北の旅烏 at 09:17Comments(2)雑記。

2019年06月01日

悲哀。

以前ここを通った時にもあった自転車。なんとも淋しすぎる光景だ。
どこの誰が乗り捨てたのかわからないけど、暗闇の中で朽ち果てていく
姿が目に浮かんで暗い気持ちにさせる。そして持ち主の身勝手な行為に
怒りがこみ上げるのだ。雪融けとともに堤防沿いや川の中に捨てられた
無残な自転車を何度も見かけたことがある。この手の人間はここを通る
たびに嫌な気分にならないのだろうか・・・。

そういえば我が愛車の「旅烏2号」は整備貫徹せずに隠れ家の奥部屋に
置かれたままである。染み付いたサビを落とそうにもなかなかきれいに
ならず、いつしか放置されたまま。この自転車を買ったのは確か10年
ほど前。それまでのママチャリ3段変速からクロスバイク風6段変速に
なったことで片道約25キロの石狩灯台への遠出は苦にならなくなった。
やがて遠出に心を奪われ、北広島。栗山。小樽。南千歳。そして次こそ
太平洋をこの目で見てやる...と暮れの大掃除を終えて新年を迎えていた
ものだ。では今はどうなの?と言われると少し辛いけどね。
今日は青空そして微風。午後から雷予報が出ているけど以前の旅烏なら
喜び勇んでペダルを漕いでいただろうな。きっと・・・?(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 07:50Comments(0)雑記。