さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 2020年01月11日

2020年01月11日

安堵?

この雪だるまの写真は3年前のものです・・・。

今年の冬は特別なのかしらん。街中ではアスファルトが顔を出している
ところもあるようだ。我家では雪かきショベルが暇に任せて安眠をむさ
ぼっている始末。これはこれで大助かりなのだけれど、こうも少ないと
不穏な気配すら感じてしまう。ただ自然界のことだから、いつなんどき
ドカ雪がやって来るかもしれない。春が来るまで気を緩めず心して準備
せねばならない。とか言っちゃってるけど、楽チンこの上もなしだ。face02
大変なのは2月に開催される「雪祭り」用の雪を運ぶ方たち。札幌近郊
では調達できず遠くまで出かけて運んでいるらしい。そして越冬野菜を
作っている農家の皆さんも出荷まで持ちこたえられるのか...と心配顔で
その対策を進めている。市内をこまめに除雪する方たちも同じだ。この
ままで春を迎えると、生活に困窮することになりかねないのだ。
痛し痒しとは暖冬の北国を翻弄する季節の変貌かもしれない。いつもと
変わらない日々がどれだけ幸せなことか...と改めて思い知るのである。  


Posted by 北の旅烏 at 08:56Comments(2)雑記。