さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 2020年05月

2020年05月27日

春味。

買い物に行くたび買おうか迷ったいちご・・・。

だって、お店の入り口の特等席に置いているんだもん。行くとつい目を
奪われ手が伸びそうになっていた。でもさ旅烏にしたらお高い値段でね。
いつも横目でチラ見し素通りしていた。先日も買い物を済ませてレジで
並んでいたら赤く艶っぽいこのいちごが目に入ってきた。う〜む。悩む
こと数分。心の天秤にかけて「買う?それとも買わない?」を繰り返す。
やがて面倒臭くなり始めた旅烏。悩んでいても始まらないと、いったん
列を離れ、いちご売り場へ行ってとうとう買ってしまった。(^^;)
夕食後、冷蔵庫で冷やしたいちごを食べることにした。見るからに美味
しそうないちごちゃん。ヘタをとってお口に放り込む。うん?あれ?!
甘いどころか超すっぱいではないか。あれま。ばかやろう。色とつやは
申し分ないのに肝心のお味が鼻垂れ小僧だ。大安売りなら我慢できるが
公家かお姫様扱いの場所に置きやがって、この程度か。とお店に文句を
言いたくなるほど。買ってから数日後に食べたら違ったかもしれないが
すぐに食べたくて買ったんだよ旅烏は。プンプン。ばかやろう。face03  


Posted by 北の旅烏 at 07:53Comments(0)雑記。

2020年05月24日

出現。

おおっ!これは米粒ではないか・・・。

かなり日にちが経っていると見えて、しっかり固まっている。触っても
つぶれない。見ているうちになぜか愛おしくなった旅烏。これを自室に
持っていき厚紙にボンドで固定しテレビ台の前に飾っている。飽きたら
即捨てるだろうけど、それまでは旅烏の家宝?として大切に保存されて
いくのだ。見る側の価値観...とまでは言えないけど、これもなにかの縁
だと旅烏は思っている。不要になったものを捨てる...は旅烏も実行して
います。断捨離とまで言えないけどね。引き出しの小物入れにホコリを
かぶったままのガラクタ類を捨てる勇気は持ち合わせているのだ。
今日は薄曇り空。でも風は微風。自転車でお出かけしようか迷っている。
気力にホコリが溜まってくる年齢に入ると、若かりし頃の気もそぞろに
出かけたパワーは減るばかり。ああ〜情けなや旅烏。なんちゃって。face03  


Posted by 北の旅烏 at 06:54Comments(0)雑記。

2020年05月21日

春咲。

先日、散歩がてら自転車に乗って出かけてみた・・・。

行く先は北大構内。新緑に包まれた今を見ずに夏が迎えるのが我慢なら
なかったのだ。風も穏やかで旅烏を応援してくれる。元気一杯ペダルを
漕ぎ、着いた先は遠征した時に必ず休憩していたポプラの大木がある所。
うん?あれま!ポプラの木が剪定されて丸裸になっていた。なんという
淋しき風景。住宅街では電線に枝が掛かる前に枝を切り取るが、ここは
電線なんかありはしないのに。でもきっとまた鮮やかな緑の葉をつけて
くれるだろう。そう願いたい。

ハスが浮かぶ池に到着。自転車を押しながら池まで降りて行く。ここは
三々五々訪れる市民の憩いの場所でもあります。初夏を迎えるころには
きっと花が咲いているでしょう。しばらく辺りを散策。この後せっかく
ここまで来たのだからと道庁まで足を伸ばしました。ただ時間帯が登庁
時刻でもあって人波が途切れず、写真を数枚撮っただけ。この後街中へ
行こうかとも思ったけれど雑踏にまぎれるのが気に食わなくて帰宅する
ことにしました。何か買うものがあれば行ったのでしょうけどね。face03

北大から出る時、色鮮やかなツツジの花が満開になっていました。花と
いえばフリージアが大好きですが、この日のように自然の中で咲く花に
魅了されるのも悪くないですね・・・。(^^)
  


Posted by 北の旅烏 at 11:41Comments(0)自転車の旅。

2020年05月19日

厄介。

昨日、2匹のコバエをゲット・・・。

サイズは2ミリに満たないほど小さい。目の前をかすめて初めて気づく
大きさなので、きっと他にもいるのかもしれない。市販のコバエ取りを
使ってもそれほどの効果は期待できず、その時々で捕獲するしか方法が
ないのが悩みの種。換気口の網では素通りする。彼らには罪はないけど
厄介多々なのだ。う〜ん。まいったな。とくに自室の窓は換気のためと
自作の小型の扇風機をつけた板を使っているが、開けた時に入ってくる
可能性も否定できない。いつぞやは大きな蚊まで入ってきたことがある。
今まで別な方法を模索してもこれだ!になるものが思いつかないのだ。
今日は風が穏やかで自転車で出かけるには最適の日。海が見れなかった
前回の反省も含めてお出かけしようかな...と考えています。あとは背を
押す意欲が臨界点に達することだけ。やる気が臨界点に達したら、前回
行けなかった北大構内探索を考えています・・・。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 07:07Comments(0)雑記。

2020年05月17日

曇り。

ああ〜今日もお天気が回復しない・・・。

愚痴が口から飛びしそうだ。ぼやいても始まらないけど自転車に乗って
どこか遠くまで出かけたい。前回は北へ向かったけど海は見れなかった。
もうちょっと頑張ればカモメが飛び交う潮騒に出会えたのに、またすぐ
来れるからと引き返してしまった。パソコンのそばに置いているニモに
笑われる始末。だから「お許し下され...」とキャンディーを差し上げた。
そういえばここ最近、キャンディーを食べなくなった。嫌いになった訳
じゃないが、アメよりもカステラ風のお菓子に手が伸びる。お買い物に
行くとカートに入れている。食べ過ぎなければ問題なし。最近の体重は
ずっと安定してる。そして夕食時は野菜を欠かさないよう心がけている。
健康優良児(旅烏は健康年寄り?^^;)として表彰される日が近い...
な〜んてね。神様も旅烏の勝手な思い込みを許してくれるはず。だから
余っているキャンディーをニモにあげたんだよ・・・。  


Posted by 北の旅烏 at 09:51Comments(0)雑記。

2020年05月13日

愚痴。

困ったもんです。記憶の糸が無くなりそうで嫌になっちゃう。(^^;)

何気に開けた箱から真新しいタイアが出てきた。薄れた記憶をたどると
確かジオラマに置いたらいいかも...と街中で買ったように記憶している。
でも買ったお店の名前が出てこない。う〜ん。さらにこれが使われずに
残っていること自体摩訶不思議。左のバイクは何かの景品についてきた
ライター。これも使っていた記憶はない。ここ最近ジオラマ作りをして
いない性で何かに使えると集めていた厚紙や紙箱などがそれでなくても
狭い場所を占領して始末におえないのだ。何度か断捨離しようと片付け
始めたけれど、もったいない精神が邪魔をして完結に至ったことがない。
自分でわかっているつもりは、しないことと同じ。な〜んて堂々巡りが
始まるのだ。以前作ったジオラマは今でもケースに入れて保存している。
長い年こびりついてきた習慣病?なのかしらん・・・。
今日は三ヶ月に一度の診療に行く日だ。ああ〜面倒臭い。忘れちゃいけ
ない診察券や、その他もろもろをまとめて机に置いて隠れ家に来ている
けど、今しようと思ったことが忽然と消えてうろたえることが頻発して
いる性で不安がつきない。もっと楽観的になれるといいのね、旅烏くん。
  


Posted by 北の旅烏 at 07:14Comments(0)雑記。反省。

2020年05月10日

決断。

昨日、自転車逃避行の旅へと出かけた・・・。

思い起こせば約4年振りに自転車に乗ることになる。あちこちにサビが
目立つ愛車の「旅烏2号」は、この日を待ちかねたように快調に走って
くれた。春のそよ風がなんとも心地ちよい。時々自転車を止めては目の
前に広がる光景に過去の記憶を呼び覚し、木々の間から見える手稲山の
残雪がなくなる前に出かけてよかったと改めて思った。やっぱり旅烏は
自転車で出かけるのがお似合いだ。おかげさまでヒザの痛みもなくその
後も快調にペダルを漕いで進んでいった・・・。

やがて第一赤門に到着。自転車を降りて、ここの裏手を通ることになる。
すると持ち上げた自転車がめっちゃ重たく難儀多々。思わず転びそうに
なってしまった。きっとこれは日頃の体力不足が一因だろう。ペダルを
漕ぐ筋力も以前と比べたら相当落ちているだろうし。まっここは知らぬ
存ぜぬで進むしかない。この日は天気がよく散歩する人が途切れること
なく行き交う。だから自然とスピードを抑え、さらに道を開けて笑顔で
通り過ぎるのを待つに限る...と腹をくくった。

やがて国道337号に到着した。ここから砂利道を進むと海に出られる。
うん?あれまっ!ゲートに「侵入禁止」の看板があるではないか。無視
して行けないこともないがこの日は止めた。その代わり近くのドリーム
ビーチなら行ける...と思ったのだが、曲がる所を間違ったようでここも
通せんぼになっていた。はてさて。どうしゅる旅烏。う〜む。やる気が
一気にしぼんじゃった。とほほ...。4年の歳月がこうも如実に出るとは
ショックが倍になって、もう帰ろ状態に。(^^;)
それなら帰路の途中にある「前田森林公園」に寄ってみようか。着いた
公園内は人影がまばら。そして気づいた飲みものも食べものもなに一つ
用意していなかったこと。おまけに修理道具も持たずに来ていた。久し
ぶりの自転車逃避行だったことが原因かな。きっとパンクしたら路頭に
迷う泣きべその旅烏がいただろうな。(猛省反省。失意多々。^^;)


  


Posted by 北の旅烏 at 09:28Comments(4)自転車の旅。

2020年05月07日

再会。

日ごとに増え始めたタンポポ。緑を背景にその存在感が誇らしい。

枯れ草ばかりだった川沿いの道は、あっという間に緑に覆われて殺風景
だった視界に新鮮味を与えてくれます。そして真っ先に花が咲き始める
雑草の代表格のタンポポ。これからはチョウチョが舞いアリさんたちも
出番が来たとせわしなく動きまわる日々が始まりますね。散歩している
時は風景を楽しみながらも足元にいるアリさんを踏まないよう気をつけ
ながら歩を進めます。今日は生憎の曇り空ですが、お昼から太陽が顔を
出すみたいですので、ちょっと遠いお店に出かけて文庫本を買いに行き
たいなと思っています。ここ最近読書と無縁だった旅烏。いい機会かも
しれません。冬はどうしても出不精にななって足腰が弱っていますので
鍛える意味も込めて歩くには遠い本屋さんへ行くいいきっかけになるで
しょう。あとはお天道様が顔を出すのを待つばかりです。(^^)  


Posted by 北の旅烏 at 06:49Comments(0)徒歩散歩。

2020年05月04日

開花。

北国にも春が訪れています・・・。(^^)

昨日、4年振りに我が愛車「旅烏2号」を引っ張り出しペダルを漕いで
走ってみました。用事を済ませた後、川沿いに出ると一列に並んだ桜の
花が満開になっていました。この桜の種類はエゾヤマザクラと言うそう
です。白に近い淡いピンクの花が可愛いですね。
長いことご無沙汰していた自転車。でもすぐに感を取り戻し、今年こそ
自転車逃避行を再開したいと思っています。以前のように距離ばかりを
競うのではなく、季節の移ろいを肌で感じられたらそれで良しとすれば
気が楽ですものね。まだ行ったことのない場所が札幌市内にはたくさん
あります。風の穏やかな日にはその昔住んでいた場所へもう一度行って
その変わりようを見てみたい。そして走ることに疲れてきたら豊平川の
河畔で休むのもステキです。川辺りできれいな色の石を拾い集めていた
頃を想い出しながら・・・。(^^)

久し振りに乗った自転車。この日出かけてよかったと笑顔になりました。
そして季節の風を腹一杯吸い込む幸せを改めて気づかされました・・。  


Posted by 北の旅烏 at 09:14Comments(4)雑記。

2020年05月02日

工夫。

載せる話題がすっからかん。はてさて、いかがしたものか・・・。
以前から自宅で履くズボンはこれ。いつだれが買ったのか...記憶に無い。
ヒザの部分が擦り切れたので別の布を縫い付けごまかしている年代物だ。

暇になると何かしたくなる。そこで小物入れの中にあったこのボタンを
エンブレム風に細工してみた。邪魔な部分をカットし、顔を赤く色付け
その上からニスで加工して別の布にボンドで貼り付けた。さらにこれで
終わりとしないのが旅烏の流儀。自宅で履いているズボンに縫い付けて
悦に入っている。とにかく暇を持て余すのが嫌いなタイプ。気に入った
エンブレムを他の服に縫い付けたり、大胆にカットして別の履物に加工
し直したりしている。コロナウィルスの影響で、閉店に追い込まれたり
休業するお店が増え出していますね。ただ幸いなことにスーパーだけは
オープンしていますが、これさえも休業に追い込まれたら市民は食材を
買うことができなくなる。国民の健康と財産を守るはずの政府の対応の
遅さに報道関係は連日批判を集中。いま以上の混乱を起こさせないため
にも我々一般市民が知恵と工夫をしなければいけませんね・・・。
  


Posted by 北の旅烏 at 07:05Comments(0)雑記。