さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 2020年08月

2020年08月28日

朝焼。

8月に入ってからの真夏日が7回を数える北国。

毎日寝苦しくて嫌になっちゃいますね。おまけに外出する時はマスクを
せねばならぬときた。これも体力消耗に拍車をかけるし。文句ばっかり
言ってもなにも解決できないけど、どこかで発散するしか手立てがない。
そんな時は冷凍庫に入ってるアイスをエアコンの下で食べ、いっときの
涼をとっています。だけど自室に戻ると熱気が待ち構えていて、あっと
いう間に元の木阿弥状態。早く木枯らし吹く秋が来ないかなと恨めしく
思う今日この頃なのです。肌寒い夏の北国は過去の遺産?かも。
そして最近では自転車での遠征意欲も影を潜め、遠乗りの記憶が薄れて
くる始末。今ではやや遠いお店に歩いて行くことにも慣れました。そろ
そろ我が愛車「旅烏2号」の処分を考える時期に入ったかもしれません。
嘆いても始まりませんけどね・・・。(弱虫旅烏健在?^^;)

  


Posted by 北の旅烏 at 08:11Comments(2)雑記。

2020年08月24日

青空。

今週も、うだるような日が来ると予報に出ている・・・。

本州各地では最後のあがきのような真夏日が連日続いているとか。ここ
北国はそれに比べると可愛い?夏日程度だが涼しい夏を誇らしげに言う
には程遠い日が多い。早いものであと一週間で9月に入る。これを機に
一気に秋が来ると今の暑さが恋しくなるのだろうか。一年を通して寒い
冬と暑い夏が交互にくる北国。四季を通して季節のうつろいがこれほど
明確な場所は北国だけだ。文句ばかり言っていないで仲良くお付き合い
せねばいけないのかもしれない。文句を言うのは人間の弱さの表れなの
だから...な〜んて言うのは毎年の恒例かな。(^^;)
今日も微風快晴のよいお天気。青空に映える白い雲がなんともきれいで
つい見とれてしまった。よし!空からお買い物に行くパワーをもらって
元気モリモリ...?否、文句タラタラお出かけしましょうか・・・。

  


Posted by 北の旅烏 at 06:49Comments(0)雑記。

2020年08月20日

山河。

保存してあった写真に懐かしさを覚える風景が出てきた・・・。

当時は渓流釣りによく行っていた。雪が消える頃、旅烏の方から釣行の
催促を何度となくしてた。そして夕食を終えると自室で釣りアイテムを
引っ張り出しては点検&整備に明け暮れていた。だが釣り竿はここ数年
ケースに入れたままでホコリをかぶっている。だからまた行きたいか?
と言えばう〜んになってしまうのだ。つい面倒臭いが先に立ち、以前の
ような感慨はどこかへ消えてしまったみたい。先日久しぶりに兄と会う
機会があったが釣りの話はしなかった。山河に分け入り新緑に包まれた
空気のやさしさは日頃の気分転換には最高なのにね。ここは気力を振り
絞って「釣りに行きたい...」と電話してみようか。9月になると紅葉の
季節を迎える。釣れても小さなヤマメちゃんか、すっからかんのボウズ
でも構いわしないのだから・・・。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 07:16Comments(2)追憶。

2020年08月12日

激暑。

ああ!連日の暑さで身も心もとろけそうだ・・・。

隠れ家に来たらまず最初に窓を全開にした後、扇風機&換気扇を回して
部屋にこもる熱気を外に追い出すことから始まります。お次は冷蔵庫で
冷やしておいたスポーツドリンクをグビッと飲んで落ち着きを取り戻し
ます。今日も青空が広がるいいお天気。これで風があればいいのですが
皆無状態。この暑さの中で買い物に行く気力も皆無に近い。でも今夕の
食事をこれにしようの献立がこれまた皆無。今の旅烏にはあれもこれも
無いないだらけ。う〜む。どないしよう。文句たらたら口から出そうに
なります。でもね何もしない訳にはいかない。お昼頃暑苦しいマスクを
して出かけていることでしょう。そういえばここ最近食べたいと言える
ものが無くなりました。数年前は「絶対これ食べたい」と思えるものが
わんさかあったというのに。これも歳の性?あれほど好きだったお肉も
脂っこい料理も受けつけなくなった。ラーメンに入れるチャーシューも
脂身を取っちゃうし。身体が受け付け拒否をする。う〜む。これでいい
のかしらん。な〜んか淋しい気がしてならないのだ。(脂汗?^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 08:31Comments(2)雑記。

2020年08月06日

多湿。

北国の夏はもう涼しいイメージが消えた気がします。(^^;)

本州と比べても始まらないけど30度超えの真夏日が押し寄せています。
自室で小型扇風機を回していますがほんの気休め的程度。やがて我慢の
限界がくると居間の冷却クーラーに助けを求めに行く始末。歳とともに
皮膚感覚が過敏になってきたのかしらん・・・。
今回のコロナウィルス騒動で子供たちの夏休みはどうなるのでしょうか。
人と距離を取れとか、むやに外へ出ないようにとか。せっかく楽しみに
してきた「夏休み」が味気ないものになっているようで可哀想でなりま
せん。旅烏が幼い頃は住宅がまだポツリとしかなかった時代。すぐ目の
前は空き地があちこちに点在し遊び放題だった。夕暮れが迫るころまで
汗だくになりながらもトンボやセミを追っかけた記憶が浮かんできます。
最近出歩く機会が少なくなったけど、川沿いをテクテク散歩しようかと
思っています。ただ自転車を引っ張り出すと、つい遠方へ行かなきゃと
いう使命感が湧いてきそうで二の足を踏んでいます。意気地無してんこ
盛り旅烏はこれからも永遠に不滅?な〜んちゃって・・・。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 11:18Comments(2)雑記。