さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 追憶。 › 雑記。 › 雷鳴。

2018年08月22日

雷鳴。

すぐそばで恐怖の稲光が頻発する朝を迎えた・・・。

怖いですね雷の閃光と激しい音。そして降りしきる雨足。思い出すのは
子供の頃。ひとり留守番の日に限って雷が鳴り響いていた。今のように
避雷針などというものは無く、背の高い建物も街中にしかなかった時代。
降りしきる窓外をぼんやりと見つめながら早く帰ってきてと願っていた。
だけど稲光は容赦しない。これでも喰らえといわんばかりに攻め立てる。
この世の終わりを告げるような恐怖に膝を抱え小さくなって怯えていた。
やがて雷鳴が遠くにいき始めると先ほどまでの凄まじい雨足もしだいに
弱まってくる。もう大丈夫かな?と窓を開け、むっと湿った空気に一息
ついていたものだ。紫陽花の葉の裏に避難していたでんでん虫もきっと
怖かったことだろう。やがて夕刻が迫り、辺りが暗くなり始めた頃まで
ひとりぼっちが続いていた。夕食の団欒ではこの日の凄まじい雷の話で
おおいに盛り上がった。「お前ひとりで泣いていたんじゃないの?」と
いじわるそうに兄が言う。「そんなことない。絶対ない」と意地っ張り
精神で対抗するも「涙の跡が付いているよ...」と横から妹に言われると
黙るしかなかった。ブラウン管のテレビで見たディズニーの白黒アニメ。
お風呂の時間が来るとお前が先だ、いや俺じゃないとまたひと騒動持ち
上がっていた。懐かしくもあり、ほろ苦い記憶が蘇ってくる・・・。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(追憶。)の記事画像
肌寒。
財布。
文鎮。
雪融。
魅惑。
戯言。
同じカテゴリー(追憶。)の記事
 肌寒。 (2018-08-17 10:30)
 財布。 (2018-07-21 08:19)
 文鎮。 (2018-05-10 07:49)
 雪融。 (2018-03-20 09:17)
 魅惑。 (2018-02-06 08:48)
 戯言。 (2017-12-14 08:57)

この記事へのコメント
私も同じようなことがありました。親が共働きだったので一人で家にいることが多かったのですが、雷の日は本当に怖かった。稲妻もあの轟く音も怖くて、稲妻が見えないようにカーテンを閉めてふとんにもぐりこんで・・・。

ところが兄は雷が大好き。兄がいると私が閉めたカーテンを開けては稲妻を見て喜んでいるわけです。どうしてあんなものを平気で見ていられるのかと私には理解しがたかったです。

で、今でも私は雷が苦手。この違いは何なのでしょうね。
Posted by 松田まゆみ at 2018年08月22日 19:48
☆おはよう、松田まゆみさん。(^^)
家族の前では平気な顔していても、間近で光る稲妻がくるとビビりが
半端なくなります。(^^;)昨日朝の雷は、夏真っ盛りを思わせる
一コマなのかもですね。北国各地で停電が相次ぎました。今週末には
台風20号の接近があります。それでなくても高騰する農作物にこれ
以上の被害が出ないことを祈るばかりです。
今日も真夏日近くまで気温が上がるとかいっています。最近の寒暖の
差には体も心もついていけません。でも秋風がそよぐ頃になると夏の
再来を毎年思うのは、無い物ねだり症候群再来なのかも?(^^;)
Posted by 北の旅烏北の旅烏 at 2018年08月23日 07:30
一つの物語を聴いているようでした。北さんの物語・・・
上州名物、『空っ風と雷』・・・
でも、その雷が最近では少なくなってきました。

昨日、久しぶりに大きな虹を見ました。
県庁に出張で、その帰り道に・・・
雨上がりの虹でしたらわかるのですが、今回はその反対で、虹が消えたと思ったら、まもなくバケツをひっくり返したような土砂降りの雨が降ってきました。
ワイパー全開でも前が見えないほどの大雨でした。
10分もしないうちに止んでしまいましたが、その後の虹はありませんでした。
Posted by nonkogenonkoge at 2018年08月24日 09:12
☆おはよう、nonkoreさん。(^^)
毎年繰り返される夏の風物詩...なんて言ってられませんが、この日の
雷は数年ぶりの凄まじさでした。間をおかずに次々と轟く雷鳴はこの
世の終わりのようで、ある意味興奮状態。雷が止むと今度は真夏日に
手が届く猛暑飛来。そして高温多湿。(^^;)これから先の9月に
どれだけの雷様が訪れるのやら...不安&興味、盛り沢山?(^^;)
Posted by 北の旅烏北の旅烏 at 2018年08月24日 10:16
この日の雷は西区では我が家の頭の上で鳴り響いていました。
一瞬停電の状態が起きました。
自然の力は怖いですよね。

明日の北海道マラソンのお天気が気になります。
Posted by サンダーソニアMサンダーソニアM at 2018年08月25日 18:33
☆おはよう、サンダーソニアMさん。(^^)
地震・雷・火事オヤジ...と昔からの言い伝え?が浮かんでくるほど
凄まじい音と光でしたね。間髪を入れず間近で轟くカミナリの音は
今でも怖いもののひとつです。(^^;)こちらは停電にはなりま
せんでしたが暗闇が襲ったらと懐中電灯の置き場所を確認するほど。
気候の激変がこれからも続くのはご免こうむりたいものです。(汗)
Posted by 北の旅烏北の旅烏 at 2018年08月26日 07:38
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
雷鳴。
    コメント(6)