さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 追憶。 › 飾り。

2019年01月26日

飾り。

使うことがなくなったショットグラス・・・。
若かりし頃は、毎夜ススキノに出かけては飲んだっくれてクダをまいて
いた。通い始めた頃は国産のウィスキーを飲んでいたが、棚に置かれた
横文字のボトルに興味が湧き始める。マスターに聞くとこれはバーボン
だと言う。当時テレビで見ていた西部劇に出てくる一気飲みのシーンが
浮かんできた。するとマスターが「飲んでみて...」と頼みもしないのに
ショットグラスに注いで私に差し出した。アルコール度数の高い強烈な
味が喉を刺激する。と次の瞬間、ほのかに香るビートの旨味を感じ始め
これを境にバーボンを愛飲するようになった。
飾り。
最初の頃はジム・ビーム。月初めで懐具合がいい時は数段値の張るIW
ハーパーになった。ただこれに馴染むと見栄っ張りの心が災いして前に
戻れないジレンマに陥ることになる。キープしたボトルの残量が少なく
なるとマスターが気を利かせてこちらから頼む前にボトルを入れてくれ
るしね。それが馴染み客の特権などと変な優越感に浸っていた気がする。
バブル全盛期のころには葉巻の味にステータスを感じながらバーボンで
酔いしれ、帰りのタクシー代に気にもとめずの毎日だった。
いま思うと図々しいのだがお店で出されたショットグラスが気に入ると
駄目元でねだってもらい受けたりもしていた。左側のショットグラスは
某ホテルで。右側は馴染みだったカフェバーの店長から強引にもらった。
あれから時が流れ、今ではキャラの住まいとなっている・・・。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(追憶。)の記事画像
笑顔。
飯場。
突風。
片隅。
郷愁。
雷鳴。
同じカテゴリー(追憶。)の記事
 笑顔。 (2019-11-03 08:00)
 飯場。 (2019-10-10 07:03)
 突風。 (2019-02-08 09:12)
 片隅。 (2019-01-16 09:14)
 郷愁。 (2018-11-26 11:07)
 雷鳴。 (2018-08-22 08:33)

Posted by 北の旅烏 at 10:46│Comments(2)追憶。
この記事へのコメント
こんにちは。
コメント有り難うございます。
雪の降る日は、室内は静かですね。その中で過去の自分をふと思い出される気分になるのかもしれません。良し悪しは別として、振り返る思い出は懐かしいものです。自身も夜寝床で、急に頭に浮かぶことがあります。時にはその場面に戻ったかのような錯覚を覚えます。これもいいのでは・・・・。
フリージアの花ですが、我が家にも八丈島のお土産に頂いたフリージアが毎年咲きます。地面に植えてありますが、もう10数年になりますが春には綺麗な花をつけます。花はいいものですね。
Posted by フリーダムナツ at 2019年01月26日 13:24
☆おはよう、フリーダムナツさん。(^^)
買い物に出かけた先にある花屋さんでこのフリージアを見つけると
速攻で買い求め、自宅の居間に飾って楽しんでいますよ。(^^)
旅烏は黄色の花びらが大好き。そしてフリージアの甘い香りも気に
入っています。暇な時、思いついたように昔のアルバムやノートを
引っ張り出して懐かしがる旅烏がいます。これも歳を重ねた証なの
かもしれませんね。春が来たら遠くまで散歩に出かけたいと思って
います・・・。
Posted by 北の旅烏北の旅烏 at 2019年01月27日 07:44
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
飾り。
    コメント(2)