さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。

2019年06月23日

無駄?

先週金曜日の雷は凄まじかった。光った瞬間ゴロゴロどどーんと大きな
音が鳴り響いたのだ。地震・雷・火事・おやじ...とはよく言ったもので
子供のころ、頭に座布団をのせて怯えていたことを思い出した・・・。

今日も雨日。しとしと降りやまぬ雨に気分はどんより曇り空。予報では
お昼には止むと出ていたけど青空は週開けまでおあずけです。我が家の
冷蔵庫内はほぼすっからかん。今日こそお買いものに行かなくちゃなり
ません。その時までに雨が止むことを願うばかりです。(^^;)
さて本題に入ります。と言いつつ載せる写真がほぼ0。へんてこりんな
写真を載せるしかありませんのこと。ジオラマに利用しようとあれから
もう一つ作りましたが何も浮かばず、う〜む...むむっと唸ってばかりで
蚊帳の外に追いやってしまいました。外出不可の雨の日はもってこいの
工作日和なんですけどね。苦肉の策としては、この上に掘っ立て小屋を
置くことかな?。以前作った水上生活風の家。でもその先のイメージが
ありきたりすぎて面白くありません。はてさて...もう少し熟成させるか
ゴミとして廃棄するかの瀬戸際に立っています・・・。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 08:06Comments(2)雑記。

2019年06月19日

迷い。

優柔不断・・・。
お天気が良いと散歩に出ようと思っているのですが、ここ最近なかなか
実行にまで至らずが続いています。もったいないとわかっていても背を
押すパワーが湧いてこないのですね。買い物もパターン化している性で
見慣れた風景に心が躍りませんのこと。もっと遠くにある他店に行けば
違うのでしょうけど面倒臭いが先に立って行動が伴いません。いかんな
これでは。6月も後半に入ったというのに。う〜む。

歩いて行ける場所は限られています。近場だと北大構内か、琴似駅側に
ある本屋さんくらいが関の山。ただ読みたいと思える文庫本がないので
却下。煩雑な場所へも通過点と割り切れる先に目当ての風景が広がって
いれば「よし行くぞ!」になるのですが、それも無し。パターン化した
日々が心を弱らせるのは分かっていても、これを払いのける方法が見つ
からず悶々とした日々。いけませんな、こんなことでは。どこかで踏ん
切りをつけて行動あるのみ...なのですけど。う〜む。
この際、唸ってばかりいないで『外に出よう』しか解決策がありません。
と言いつつ、あれ?堂々巡りのメビウスの輪が頭をぐるぐる回っている。
出口はどこじゃ〜。(なに書いてんだろう旅烏は。愚痴の更新でごめん
なさい。反省猛省。失意多々?なんちゃって。^^;)


  


Posted by 北の旅烏 at 09:10Comments(0)反省。

2019年06月15日

散歩。

お天気が良いと遠出がしたくなりますね・・・。(^^)

昨日久しぶりに農試公園へ出かけてみた。ツインキャップのツタの葉は
青々と輝き、見慣れた風景でも春を謳歌する生命の息吹を感じさせます。
この日は近所の小学生たちが大勢集まっていました。ちびっこの晴れや
かな笑顔を見ると元気がもらえますね。琴似発寒川の堤防をぶらり散歩。

いつもと変わらない風景でも、どことなく新鮮に思えます。堤防をテク
テク歩き、やがてJR高架近くまで来ましたが、この日は無理せず引き
返すことにします。ふと思う「自転車だったらきっと平和の滝まで行く
のに...」な〜んてね。我が愛車「旅烏2号」をもう一度引っ張り出すか
はたまた買い換えるか。それとも諦めるか。ちょっとばかり悩んでみた
けれど、結論は出ず。いまは徒歩で楽しみましょうか。(^^;)

農試公園入り口にある噴水にもう一つの子クジラさんが増えていました。
子供たちの木工教室「トントン館」が賑わいを見せるのももうすぐです。
晴れた日にまたお出かけしたいなと思った一日でした・・・。
  


Posted by 北の旅烏 at 08:07Comments(5)徒歩散歩。

2019年06月10日

青空。

今日も爽やかな青空が広がり、そよぐ風も涼しくてお買物日和になりま
した。でも、とくに買わねばならないものは無い。それなら最近行って
いなかった農試公園にでも出かけてみようかな・・・?

と言いつつ出不精が続いていて重い腰が上がらない。お買い物があると
それを励みに行くのだけれど。そう言えばもっと遠くの某スーパーには
ここ数ヶ月ご無沙汰続き。この際、意を決して行く手もあるのだけれど
思うだけで実行までには至らないのだ。ああ〜青空微風のお散歩日和が
しかめっ面しそうだ。これってやっぱり病院通いが始まってから2年半
続いていることが災いしているのかもしれない。最初の頃は青空を見る
たびどこかへ行きたくてじれていたものだ。それが年をまたぐと出かけ
ないことが至極当然のように受け止めている自分がいるのだ。いまでは
数キロくらいなら徒歩で行けるというのにね。青空に向かって気持ちを
リセットしなければいけない。否思うだけではダメですね。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 10:38Comments(4)雑記。

2019年06月05日

反省。

この絵は娘が描いたもの。その昔、旅烏が癇癪を起こして隠れ家の壁を
蹴っ飛ばし穴を開けたことがあった。それからというもの隠れ家に来る
たびにこの穴ぼこが目につき気になっていた。そこで娘に頼んでこれを
ふさぐイラストを描いてもらった。多分その時トトロに出てくる「メイ
ちゃん」をイメージして描いてもらったように思う。ただ相当古い記憶
なので定かではない。旅烏は怒りが勃発すると抑えようがなくなるのだ。
冷静になれ...とわかっていても怒り抑える神経が遮断してしまうようだ。

昨日、久しぶりに些細なことで娘と口論してしまった・・・。(^^;)
だが隠れ家に来てこの絵に目がいき一瞬にして冷静さを取り戻したので
ある。いけませんね旅烏は。未だに年相応に成りきれず同じことの繰り
返しをしているとは。この後自宅に戻ったら真っ先に娘に詫びを入れる
つもりです。うん?娘の出方次第では、また喧嘩勃発したりして。いや
元の黙阿弥には決してならないよう祈るばかり...?な〜んちゃって。

  


Posted by 北の旅烏 at 09:17Comments(2)雑記。

2019年06月01日

悲哀。

以前ここを通った時にもあった自転車。なんとも淋しすぎる光景だ。
どこの誰が乗り捨てたのかわからないけど、暗闇の中で朽ち果てていく
姿が目に浮かんで暗い気持ちにさせる。そして持ち主の身勝手な行為に
怒りがこみ上げるのだ。雪融けとともに堤防沿いや川の中に捨てられた
無残な自転車を何度も見かけたことがある。この手の人間はここを通る
たびに嫌な気分にならないのだろうか・・・。

そういえば我が愛車の「旅烏2号」は整備貫徹せずに隠れ家の奥部屋に
置かれたままである。染み付いたサビを落とそうにもなかなかきれいに
ならず、いつしか放置されたまま。この自転車を買ったのは確か10年
ほど前。それまでのママチャリ3段変速からクロスバイク風6段変速に
なったことで片道約25キロの石狩灯台への遠出は苦にならなくなった。
やがて遠出に心を奪われ、北広島。栗山。小樽。南千歳。そして次こそ
太平洋をこの目で見てやる...と暮れの大掃除を終えて新年を迎えていた
ものだ。では今はどうなの?と言われると少し辛いけどね。
今日は青空そして微風。午後から雷予報が出ているけど以前の旅烏なら
喜び勇んでペダルを漕いでいただろうな。きっと・・・?(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 07:50Comments(0)雑記。

2019年05月27日

猛暑。

まだ5月だというのに連日の真夏日に息も絶え絶え...?の旅烏。

こりゃ〜まずいぞと押入れの奥から扇風機を取り出し組み立てていたら
なにやら黒い塊がポトリと落ちた。うん?あれっこれって以前にも見た
ことがある。しばらく手のひらに置いて様子を見ていると案の定ちょこ
まかと動き回り始めた。こんな箱の中にどうやって入り込んだのだろう。
指先で突くとピタリと動きを止める。てんとう虫っぽいが今はもうその
名前が浮かんでこない。カメラに収めた後、元気でねと窓から逃がした。
予報では今日も真夏日と出ている。ただ窓を開放して風が入ってくれば
蒸し暑さは減り問題無しなのだ。湿度が低い北国で大助かり。(^^)
そして明日からはいつもの清々しい気温に戻る。今度の水曜日には定期
検診に行かねばならない。猛暑激暑の中を行かずに済むだけでも御の字
というべきですね。願わくば、もう来なくてもいいよとお言葉が欲しい。
まっこればっかりは素人判断ができないので素直にこうべを垂れて受け
止めねばならない。診察を終えたら無理しない範囲で歩いて帰ろうかと
思っています。昭和の香りを残すお店に寄って新鮮な野菜や果物を買い
ご褒美といたしましょうか・・・。  


Posted by 北の旅烏 at 09:03Comments(2)雑記。

2019年05月25日

結実。

新川の堤防沿いにある桜の木に実がなり始めた・・・。

実がついたからといって食べれるほどの熟した実には成りはしないけど
起承転結を貫いたように思えてうれしさがこみ上げる。来年もまた元気
いっぱいピンクの花びらをつけてくれることを願うばかり。あるお店へ
買い物に出かけた帰りは車の喧騒を避けるため川沿いの散策路に降りる
のが定番。つい先日見た緑がさらに増えて雑草の意味合いが強くなるが
人工物に囲まれた中を歩くより気分が軽くなる。次回はきっとトンボや
チョウチョが舞う風景に出会えるだろう。今度こそ真逆のもっと離れた
ところにあるスーパーへも行ってみよう。ひょっしたらもっとステキな
奇想天外な?出会いがあるかもしれないから。なんちゃって。(^^)  


Posted by 北の旅烏 at 07:05Comments(0)雑記。

2019年05月22日

工作。

最近、行動パターンが一辺倒すぎてイラつくことが多くなった・・・。
気になることは「心のすぐやる課?」の虫が騒ぎ出す旅烏。だから一旦
手を止めやり始めるが、あれもこれも...と次々に片付けの指摘を受ける
ものだから一番最初の指令がきれいにすっ飛んで、はてなんだったの?
と悩み始める始末。そんな時は落ち着いて、気持ちの入れ替えをすれば
いいのに堂々巡りのスパイラルにはまり込み落ち込んでしまう。きっと
脳みそが干からびカチンコチンになっているのかも・・・。(^^;)

愚痴はさておき、ジオラマ作りを再開しようと丸太に似せた壁を作った。
でも設計図なんてありゃしない行き当たりばったりが災いし中断を余儀
なくされている。以前作ったログハウスは居間の柚子の木に取り付けて
いるが時とともにいい風合いが出てきている反面、もろくなって触ると
壊れそうなのだ。新しい家を作るいい機会だとこの時は思っていたのだ
けれど、いざ作り始めて材料がないことに気がつき作業が中断。うん?
材料というよりアイディア不足が勝っているかもね。やがて制作意欲も
日増しに衰退し、今ではこれを捨てようかと思い始めている。やっぱり
工作は雪が降る冬に限ります。今は陽射しを浴びて、徒歩散歩するのが
一番かもしれないな・・・。  


Posted by 北の旅烏 at 10:59Comments(2)雑記。反省。

2019年05月17日

読書。

暇に任せてテレビを見ていてもつまらない・・・。
最近よく出てくるお笑い芸人を見ていると、もう飽きたな感がどんどん
強くなるのは旅烏だけかしらん。それと一度うけた芸にしがみつく姿が
鼻につき始めると毛嫌いが始まるのだ。そんな時は本でも読むに限ると
穂村弘氏の単行本を手に取る。でも数ページ進んだところで眠気が襲い
ご就寝となるのが常でして。頭を覚醒させる興奮度に巡り合わないのだ。

これは旅烏の脳が退化し始めたのかと心配にもなる。興味を覚える刺激。
そして私にとって今何が必要なのか、暗中模索の日々を繰り返すばかり。
ただそうはいっても錆びが目立つ自転車に乗るのは気が引ける。いまの
ところ新しい自転車を買う気はさらさら無くて暗中模索状態。だったら
晴れた日に気晴らしに徒歩散歩に出かけるのが一番かも。農試公園内を
散策して気が向いたら遠回りして本屋さんへ行く手もある。ただここの
本屋さんには気にった作家の本が少ないので二の足を踏むのだ。もっと
遠い場所にある本屋さんに行くには片道3キロ強を走破しなければなら
ない。愚痴ってばかりいても仕方がないのだけど。背を押すこれだ!が
どこかに落ちていないかな...うん?いくら待っても返答がない。そうか
こちらも錆びついていたのね。トホホ...。な〜んちゃって。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 11:06Comments(4)雑記。