さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。

2018年03月20日

雪融。

アスファルトが顔を出し、雪が少なくなり始めてきた。

陽射しが強くなって、日ごとに雪が減っていくのがよく分かる。明日は
春分、お赤飯の日?な〜んちゃって。子供の頃は祭日が来るとめっちゃ
喜んでいた。近所の原っぱに行って、やわらかい雪を丸めてはその辺に
転がっている空き缶を的にして遊んでいた。それに飽きてくると今度は
小さな雪だるまを作り集まってきた友らと当てっこをしていた。祭日は
子供にとってお年玉みたいなもの。しかも暖かい陽射しが増える雪融け
時期は遊びに事欠かない。地面に溜まった水たまりに水路を作りダムに
見立てた壁を立てて壊してはまた作っていた。そうだよねアスファルト
なんか車が頻繁に行き交う幹線道路だけだったもんね。雪融けが始まる
頃になると水たまりを長ぐつで蹴飛ばしながら歩くのが当たり前だった。
だから今でも子供たちが水たまりで遊んでいるのを見ると当時の自分の
姿にダブらせて微笑んでしまう。隠れ家のストーブを片付ける日はまだ
遠いけど、この蒸発ざらに見立てたお釜の器もそろそろお役御免の日が
来る。色褪せたイルカくんもお疲れさまとねぎらって差し上げなくちゃ
いけませんね・・・。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 09:17Comments(4)追憶。雑記。

2018年03月15日

磁石。

デスクの側面に貼り付けた「磁石」が満杯になりつつある・・・。

これは新聞に折り込まれたチラシに入っていたもの。とある水道修理屋
さんの宣伝用。冷蔵庫にメモを止めるにはうってつけと捨てずにいたら
こんなに増えてしまった。(^^;)これをそのまま使う気はさらさら
なくて表面を加工して使うつもりだった。中央右にある2匹の猫ちゃん
みたいにカレンダーの写真や、気に入ったものを切り抜いて表面を張り
替えて使おうと思っていた。それがいつの間にかこんなに増えてしまい
デスク横のスペースはすでに満杯状態。普段使う引き出しの方まで侵入
してくる始末。やばいぞ!これは。なんとかしなくちゃ。だけどこれを
見るたびお腹一杯になっちゃって、加工する気にもならないのだ。もう
これは捨てることを考える時期にきたのかしらん。古くなったジオラマ
みたいに箱に封印するか、この際だからゴミとして処理したほうがいい
みたいです。捨てるに捨てられずモノ持ちがいいのは昭和生まれの宿命
なのでしょうか...な〜んちゃって。(手作り大好き旅烏...。^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 09:18Comments(4)雑記。

2018年03月10日

深夜。

夜も深まって眠りに入った頃、Zライトにくっつけられたミニオン逹が
小声でおしゃべりを始めました・・・

旅人) いや〜9日朝の凍った道は酷かったね。気温が高いものだから
    氷が融出して水浸し。おまけにツルツルで一歩進むのにえらい
    時間がかかってしまった。
海賊) 否そんなことないよ。この暖気のおかげでようやく船を動かす
    ことができたのじゃ。このままこの場所でず〜っと凍りついて
    いたら食うものも無くなり、ひもじい思いをしなけらばならな
    かったんだ。
魔人) おいらは魔法が使えるから別に何の問題もないのだけれどこの
    背中に背負ったゴミだけは取れないんだ。これって旅烏という
    悪ふざけ大好き人間が強力ボンドでクモの巣みたいに加工しや
    がったのさ。

これから3人してどこに行くの・・・?     

旅人) う〜ん。別にどこって考えていないよ。あてもなくブラブラと
    歩くのがおいらの定め。この凍った北国の先にきっと夢のパラ
    ダイスがあると信じて進むだけさ。旅烏と似ているでしょ?
海賊) 我輩は財宝を見つけるためならこんな寒さはへっちゃらなんだ。
    だいぶ前になるけれど旅烏が一攫千金を夢見てよく買っていた
    ロトくじが当たるとも限らないしね。もし当たったら一目散で
    ぶん取りに行こうと思っているのさ。
魔人) そういえば旅烏も昔、魔法の杖を何本も作っていたとか言って
    いたな。ハリーポッターの影響で作り始めたらしいけどすぐに
    飽きて今では箱に入れられ壁に吊らされたままとか。信じる者
    には願いが叶う...な〜んて言いながら飽きるのも早いんだ。

ここに置かれてずいぶん日が経ちました。目の前にあるにもかかわらず
意外と見ていないのね。たまに気づいて手に取り遊ぶかと思っていたの
ですが今では興味半減。そろそろガラクタ箱にお引越しになりそうです。
捨てればいいのにキャラが増える一方。なんのこっちゃ〜。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 09:17Comments(2)妄想劇。

2018年03月07日

好物。

旅烏は亀田製菓の「揚一番」が大好き。(^^)

このお菓子を食べ始めたのは何年も前から。あるとつい手が伸びあっと
いう間に平らげています。油で揚げていますので食べ過ぎはよくないと
わかっていますが、別の好きを見つけるまで買ってしまう癖はなかなか
治りませんのこと。まっそうはいっても一度に爆食い?しなければ問題
ないのですが...。あとよく食べるお菓子はクッキー系。これにバターを
塗ってジャムをのせるとめっちゃ美味しいのですね。ただし隠れ家には
バターもジャムも置かないようにしています。(爆食い止め?^^;)
旅烏はこの歳になっても気にいると同じものを買って食べる癖が抜けず
自分ながら呆れてしまいます。過去によく行くお店に無くて他の店まで
行ったこともありました。ただ同じものでも行く店によって値段の差が
大きくて買わずに帰ることもあります。無駄遣いはダメと心の声が聞こ
えてくるのです。これって子供の頃によく言われた母親の声かもしれま
せん。ただここ最近あれ程好きだったお肉類に手が伸びなくなりました。
歳をとった性かしらん。な〜んてちょっぴり淋しくも感じています。face11
ツルツル路面に怖気付いて、外出できずに閉じこもり状態が続いている
旅烏ですが、空に広がる青空に背を押されて徒歩お散歩に出かけようと
思っています・・・。(^^)  


Posted by 北の旅烏 at 08:08Comments(5)雑記。

2018年03月02日

大荒。

予報が当たった朝。
しゃくにさわるけど雪かきから今日も始まった。なに?なんなんだこの
重さは。雪かき専用ショベルでは歯が立たない。スコップに替えて切り
崩しながら雪山を作り始めた。雪の塊が面白いようにぺたんとくっつく。
かまくらを作るにはうってつけだ。だけど雪の重さが両腕と腰に負担が
かかる。1メートル進んでは休憩を入れ、車道まで出た時には息が切れ
かかっていた。お次は隠れ家の雪を退けなくちゃならない・・・。

おほほ...思っていた通り階段がきれいに埋もれていた。おやま、何しに
来たのかカラスの足跡が付いている。来るならお土産でも持ってこいと
愚痴をこぼしながら小さいショベルで雪を退け始めた。う〜ん。重たい。
かがんでの作業は腰にくる。時折吹き付ける風が身体を揺さぶる。落ち
たら怪我どころの騒ぎでない。片手で手すりにつかまり階下までたどり
着いた時にはまたもや息が切れかかっていた。軽い雪と湿って重たい雪。
思えばどちらも痛し痒しの重労働には変わりない。これが北国に住まい
する人間に与えられた試練ではあっても苦痛のなにものでもなく、早く
雪融けが来ることを神様にお願いしなくちゃね・・・。(^^;)

窓外はご覧の有様。吹き付ける風が激しさを増して家を揺らしています。
今日は車での外出はなるべく控えた方がよさそうですね。それにしても
あなどれない3月。春待ちの心を萎えさせるには充分過ぎます。  


Posted by 北の旅烏 at 08:03Comments(4)雑記。

2018年02月28日

無口。

う〜む。更新がままならない・・・。

とりたてて載せる話題と写真が無くてね。毎度寒いだの凍えそうだとか
書いてもつまらんのだ。明日から三月に入る。戯言でも浮かんで来れば
気分が高揚するのだけれど何も浮かんできやしない。これって悪循環の
スパイラルにとりつかれたのかしらん...な〜んてね。(^^;)
昨日は最低気温が二桁の10 .1度まで下がった。暦が替わったからと
いって気温が急上昇する訳もないし。隠れ家の室温の低さにうろたえる
ばかり。こりゃまずいと石油ストーブのメモリをいつもの極小から小に
上げてみた。すると即座に背に感じる熱気が伝わってくる。だけど節約
心が目の前に現れ、冷えた手をさすりながらメモリを下げた。
今日も冷えますね...との朝の会話が「春が来たみたい」に衣替えできる
のはいつになるのか。テレビでは明日から明後日にかけて爆弾低気圧が
北国を襲うとか言っているし。まるで冬の神様の最後の悪あがきのよう。
あれ?また同じ寒いことしか書いていなかった。いっそのこと北極圏に
行って極寒を体験してきたら違うのにね・・・。(^^;)

  


Posted by 北の旅烏 at 08:13Comments(0)雑記。

2018年02月24日

常備。

災害に備えている訳じゃありませんが・・・。(^^;)

隠れ家で食べる朝昼兼用のカップメン。めっちゃ多いように見えますが
いつもならこの半分程度です。あっちこっちのお店でたまたま安売りを
していたものですからこれ幸いと大量に買い過ぎて隠れ家に持ち込んで
います。はてさて今日はどれを食べようか...と手に取り品定めするのも
楽しいものです。基本的にはマルちゃんのそれが大好き。風味が効いた
まろやかな出汁を全て残さず飲み干します。そういえばここ最近日清の
カップメンのパッケージが変わりましたね。そしてラーメンの味も美味
しくなった気がします。メーカーがライバル会社と競い合い、即席麺の
頂点に立つのだと日夜努力している姿勢が感じられます。残るはお値段
ですね。大型スーパーは大量に仕入れてコストを下げ、ライバル店との
熾烈な競争に打ち勝とうとします。買う方はチラシに載った大安売りを
他店と比較検討。歩いて行くには遠くても少しでも家計にうれしい品を
買おうと考えます。ただし値段がいくら安いからといってもお腹を満た
せれば良いとはなりません。一度食べて美味しくなければもう手が伸び
ませんから。今や全世界に広がるmaid in JAPANのカップ麺。あなたは
日本の誇りです...な〜んちゃって。でもほんと!だよ。(^^)
  


Posted by 北の旅烏 at 07:56Comments(8)雑記。

2018年02月21日

新芽。

種から育てているリンゴの木にかわいい新芽が出てきました・・・。

昨年暮れから枯れてきた葉が目立ちますが、これは春に向かっての準備
段階。暖かな春を迎える頃にはまた元気な緑の葉が増えてきます。ただ
背丈がこれ以上伸びていくと陽射しの入る今の場所では狭過ぎ。どこに
置いたものかと悩みが尽きません。外に植えてまで育てたいかといえば
そうでもなく、緑の葉っぱが見れるだけで十分満足なのです。願わくば
隣の柚子の木のように枝分かれしてくれるとうれしいのですが・・・。
あれま隣の柚子の葉っぱも落ちてきた。柚子の木くんもこれ以上落ちて
丸裸だけにはならないでね。(^^;)
あと一週間で3月を迎えます。でもここにきてまた連日の真冬日が続き
始めた北国。まるで春が来る前の最後の荒稼ぎ?のような仕打ちとしか
思えません。そして暦が変わると甘くて美味しいみかんを食べれるのも
あとわずか。この際だからみかんくんが真冬日さんを腕ずくで引っ張り
バイバイして欲しいものです。それと今年あと何回雪かきが待っている
のかしらん。こっちの方が疲労困憊しそう・・・。(^^;)

  


Posted by 北の旅烏 at 07:33Comments(2)雑記。

2018年02月18日

外出。

旅烏は欲張りな性格でして。買い物に行くときは、あれもこれも一度で
済まさねば気が済まないのである。ただ空いた時間、ぼんやりしている
ことも嫌いだ。昨日の昼下がり、出かける時間にしては遅いのだが空に
広がる青空と白い雲を見て気分が高揚してきた。よし行こう。いま行か
なければ後悔あるのみ。急いでダウンジャケットを着て外に出た・・・。

真っ白な雪道と抜けるような青空が目にまぶしい。住宅街は降雪続きで
雪捨て場所が限られるため勢い車道へと越境?し始める。だから歩道は
ゆうに及ばず車道もご覧の狭さ。ようやくいつも通る高架下の遊歩道に
入った。今日行く店はまだず〜っと先。そしてここも人ひとりが通れる
だけの細い道。手に荷物を持って歩いたら確実に雪にぶつかるだろうな。

太陽に照らされた木々の影が純白の雪に映える。想像を膨らませ何かの
物体に見えないかと思い巡らすも先を急がねば日が暮れちゃうと自然に
早足になっちゃった。もったいないけど妄想劇は次回することにいたし
ました。そしてよそ見をしたばかりに人様の前で転ぶのだけは避けねば
なりませんから。恥ずかしいやら痛いやらで最悪なのね。(^^;)

目的の店はもうすぐ。ポケットからメモ紙を取り出し買う品をチェック
・・・うん?必要ないだろうって?覚えたつもりでも、店に入った途端
きれいさっぱり忘れているでしょ?おやまおっしゃる通り。鋭いご指摘。
これは旅烏の習慣のひとつなのです。な〜んちゃって・・。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 10:36Comments(2)雑記。

2018年02月14日

排雪。

札幌雪まつりが終わる頃、住宅街に排雪作業車が来るのが恒例となって
います。雪の捨て場所が無くなって困っている人々には大助かり。でも
今年のそれは余りの雑さに怒りが込み上げてきました・・・。

なぜかと言えば各家の前にうず高く積み上げられた雪の塊が進路を塞ぎ
歩道すら塞がれています。仕方がなく遠回りをして車道を歩き、自宅に
入ろうにもこの雪山を越えなければなりません。場所によっては雪山が
1メートルをゆうに越す高さ。これではお年寄りには登ることが叶わず
途方にくれるばかり。せめて歩道だけは確保して作業する配慮があって
然るべきです。手前勝手な段取りしか考えない業者がいたことを痛切に
思い知らされました。そして待てども暮らせど排雪が始まる気配があり
ません。積み上げられた雪の山が無くなったのは、なんと四時間後です。
それまで家から出れなく車も出せない人が大勢いたのです。怒り心頭に
なるのは私だけではない筈。これを市に訴えようかと思ったほどです。
ただ除雪作業員の確保や排雪車の手配などの大変さは分かります。集雪
場所まで運んでまた戻るトラックの混雑もあるでしょう。だけど今回の
ような手際の悪さは初めてです。排雪区間を広げて効率を上げるよりも
住まいしている人に対する配慮をするべきです。これをブログに載せて
いいものかと迷いましたが、あえて苦言を呈したいと思います。

  


Posted by 北の旅烏 at 09:20Comments(6)提案・疑問?