さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。

2018年01月15日

告白。

先日、兄弟で集まり会食をいたしました。新年会というより亡き母への
追悼のためがその理由。とあるホテルの個室から見る札幌市街。晴れた
空と相まって清々しい気持ちになりました。兄弟に会うたび思う頭髪の
減退と顔のシワ。それぞれ歳を重ねてきた時間の経過を否が応でも思い
知らされます。人のこととやかく言えた義理じゃないけれど窓ガラスに
映る旅烏の風貌も他から見ると同じように見えたりして...。(^^;)

出てきた食事は見栄え一辺倒の和食懐石膳。だから及第点をいくら下げ
ても「これ美味しいね」とはなりませんでした。誘われた立場でもあり、
不平不満も言えずに会話を続けます。それぞれの日常の一コマを聞いて
いる方が楽しく面白いのです。それができただけで来た甲斐があったと
思うようにしてお開きになりました。
帰りにカミさんと札幌駅へ向かって歩いていた時、過去に義母を誘って
出かけた定山渓某ホテルの話で大いに盛り上がります。夕食に出された
「白老牛のステーキ」があまりにも美味しくて感嘆符がつきっぱなしに
なったこと。そしてまだ明けきらない時間に部屋付きの露天風呂で朝を
迎えたことなど楽しかった記憶が蘇るのですね。白老牛。平取産の和牛。
お店に行くと決まってこの銘柄に目が吸い込まれます。ただ半端のない
お値段なので、なかなか手にできません。いつかきっと、ご褒美の日が
来たら大奮発して購入したいと思いつつ?今日に至ってます。(^^;)
楽しい会話で盛り上がる。出された食事で大満足。そして皆笑顔満開に
なるのが一番です。また来よう。また会おうになりますから。

・・・ここにきて告白タイムかよと言われそうですが...。
このバッジは待ち合わせ時間が早すぎて、ホテル内をウロウロしていた
時に偶然見つけたお土産屋さんで購入したものです。これといって是非
欲しいにはならなかったのですが、バッジに描かれた69年に誘われて
買っちゃいました。何を隠そう旅烏の歳と同じだったのです。(^^;)
団塊世代の真ん中に生まれた旅烏。しかも兄弟3人のど真ん中。子供の
頃から目立ちたい一心でやんちゃの限りをしていたのもこのことが一因
かと思うのです。その性格はこの歳になっても治らず、やりたい放題の
限りを尽くしています。さらに遠吠え癇癪持ち。そして大反省の日々が
あの暮れの「懺悔室」に繋がったのですね。反省してるのと言われれば
うんにゃしているつもり...と答えるのが精一杯。だはは...。とほほ...は
これからも永遠に不滅。なんのこっちゃ〜。(反省とは無縁?^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 11:31Comments(8)想う。雑記。

2018年01月13日

無残。

例の水上生活ジオラマを水を張ったお皿に入れて朝を迎えたら、見るも
無残な姿になっていました。ただこうなることも想定範囲内だと考えて
いましたので、さほどショックはありませんでした。小屋に手が触れた
だけでぐにゃりと潰れていきます。このまま捨てるのが妥当なのですが
作っていた時の楽しい時間の一コマが思い出されてきてね、とりあえず
乾かすことにしましたとさ。(^^;)

原因は一つ。水をかなり大量に入れたことかな。きっと木の板を模した
床板のダンボールまで水が浸かっていたのだと思います。いくら防水を
施しても紙は紙。ダンボールは隙間があるのでそこから水が入ってきた
のでしょう。丁寧に作っていても肝心のところで失態してしまうという
旅烏のいけないところが出てしまいました。さてこの先どうするかまだ
決めていません。このボロ小屋を立て直すのも面白いかな...な〜んてね。
それにしてもリアリティーそのものです、この壊れ方は。(^^;)
ストーリー的には?ハリケーンが襲い一夜にして崩れ落ちた水上生活の
建屋。な〜んかかわいそうでもありますがこれが現実、いや仮想の集落。
気を奮い立たせて再建に励む現地の人々が、脳裏に浮かんできますもの。
こんなことよくあること。決してくじけないよ。負けるもんか。負ける
はずがない。そういう声が聞こえてきます。頑張る人にはきっと明るい
未来が開けるのだと信じていますから。
世の中理不尽なことがたくさんあるけど、笑顔を絶やさない限りいつの
日か神様は微笑んでくれると。目の前にある現実は、やがて受け入れる
ことで変えられる力が出てきます。復興に励んでいらっしゃる数多くの
方たちを見ていると、こちらが逆に勇気付けられる思いが湧いてきます。
できることを援助し、災害に遭われた人々が笑顔になってくれるだけで
こちらも勇気をいただきますから・・・。(^^)
地球は一つ。世界は一つ。この思いがあれば戦争を食い止めるパワーが
生まれると信じていこうではありませんか。旅烏はそう思っています。  


Posted by 北の旅烏 at 10:38Comments(2)趣味。想う。

2018年01月12日

適当?

昨年暮れから始めていた水上生活風のジオラマも、そろそろ飽き始めて
きてお皿に水を張り浮かべてみました。タグボートは油田基地を作った
時のものです。見た目がよければ?お構いなしの旅烏。この他にも数隻
ありますので、ごちゃごちゃ感を出したくなったら浮かべてみるつもり
です。まっそうは言っても雪が融ける頃にはホコリまみれになっている
ことでしょう・・・。(^^;)

今日は一段と冷えた朝を迎えました。数日前の暖気で融けた雪道はガチ
ガチに凍って足を取られる始末。さらに薄っすらと積もった雪の下には
つるつる氷りが待ち構えています。いつぞや転んだときの記憶が蘇って
恐怖感が頭をよぎります。でも歩幅を狭くして歩くとよぼよぼ爺さんに
見られそうで痛し痒し。見た目を優先か、自分の身体が一番と考えるか
ハムレットの心境...な〜んてね。ちょっと気を抜くと股裂きの刑になり
ますので後者を選びました。(^^;)午後からメモに溜まった品々を
買いに出かけようと考えています。ただこの滑る道を歩くのは辛いかも。
う〜ん。どういたしましょうか。テンションが上がるのを待つしかない
かも。春よ来い。早く来い・・・返事がない。とほほ...。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 08:05Comments(2)趣味。

2018年01月08日

昔々?

6年前に北大構内で拾ったクルミに刻まれた記憶・・・。
そうか、そんなに時が過ぎたのね...と感慨もひとしおの旅烏。その頃の
私はお天気さえよければ自転車に乗って逃避行を繰り返していた。まだ
明けきらない内からペダルを漕ぎ今日はどこへ行こうかとワクワクして
いたものだ。ノートに書き連ねた行程表に100キロ超えの数が増えて
いく。今度は是が非でも新記録を樹立するのだと、それが次回の励みに
なっていた。到達の先に広がる風景が現実味を伴ってさらなるパワーを
生み出すのだ。だから辛い激坂や、向かい風に押し戻されて引き返した
無念さを思い出しては「今度こそ絶対負けはしないぞ」と湧き出る力に
変わっていった・・・。

かれこれ8年目に入る頼もしい我が相棒の旅烏2号。何度か軽いクロス
バイクに買い換えようと思ったことがあったが重たい欠点があるものの
頑固一徹を絵に描いたようなこの自転車はなかなか手放せなくて今日に
至っている。今は整備点検をするため隠れ家で眠りについているのだけ
れど、膝の痛みで治療を始めた去年からはもう乗れないのかと失望感に
苛まれていた。時々空気圧だけは怠らないようにしていたが、自転車の
手入れをする気持ちにはなれなかった・・・。
逃避行への原動力は走行距離の更新と目の前に広がる四季折々の広大な
風景。さらに苦しさに耐えて、延々と続く激坂を喘いで登り切った時の
爽快感に尽きる。体力は年々衰えつつあるが頑張った自分がまだいたと
思えることで何倍もの力を得ていた気がする。今年遠出は無理でも近く
ならば乗って出かけたいと考えています。気分転換にはその時々の風の
匂いとか、咲き始めた野の花に元気をもらえるとそう信じたい。本棚に
ある地図を広げて雪解けを待てば元気をもらえるとね。(^^)
クルミに書かれた日付を見るほどに諦めかけていた心が呼び起こされた
そんな気がしてならないのです・・・。
  


Posted by 北の旅烏 at 07:15Comments(4)想う。

2018年01月03日

新年。

遅れましたが、明けましておめでとう!(^^)

お正月を迎えても、これといった感慨もなく三日目がきちゃった旅烏は
お雑煮の食べ過ぎの性かお腹がいっぱいになっています。今年の抱負も
お餅と一緒に胃袋に流し込んで未消化状態。だからいつものように隠れ
家に出てパソコンに向かっています。(^^;)
今朝から新聞が配達されました。朝にこれがないと手持ち無沙汰が加速。
さらにテレビを点けてくだらない番組にため息三昧。観なきゃいいのね。
でもボ〜ッとしているのが耐えられないのです。気を集中し、ひたすら
手と頭を使い、気づいた時には「あれま!もうこんな時間」が旅烏には
お似合いなのです。何かないかと頭の中をガサゴソ。でも暮れにお掃除
し過ぎたので(旅烏の頭の中も?)きれいさっぱりチリ一つ落ちていや
しない...な〜んてね。嘘に決まっていますが、そうでも考えないと落ち
着きませんのこと。なんだかな〜遺憾ですな、これでは。
居間に飾ったお正月飾りの盃は今年もからっぽで寂しい限り。断酒宣言
してから一年がとうに過ぎ、アルコールの誘惑も感じなくなっています。
そうか!これがあった。今年の目標『禁煙』の二文字。う〜む。できる
かな?と言いつつまずは節煙から始めようと頑張ってます。来年の今頃
やったぜベイビー!!となれるといいな。(^^;)

  


Posted by 北の旅烏 at 08:36Comments(10)雑記。

2017年12月31日

想う。

ついに大晦日を迎えましたね。今年も多くの方々にコメントをいただき
この日まで続けてくることができました。本当に感謝一杯。ありがとう
ございます。ここ最近、一年間を振り返っても鮮烈な印象が思いつかず
失意喪失。吹雪心情。駄目旅烏。(^^;)なにか記憶に残る出来事を
一つでも作らなくちゃいけんと旅烏御用達の?『懺悔室』で悔い改める
所存です。あれっ?こう言っている側から本当かな...の疑心暗着の雲が
見え隠れ。トホホ顔になった己を見たくないと寝床で頬を濡らす情景が
浮かんできました。ダメですねこれでは。まずはいつもの失態を少なく
することから始めましょう。な〜んちゃって・・・。(^^;)

載せる写真がどこにもなくて過去に作ってテレビの前に置いた紙のタン
カーを使いました。でも意味不明で旅烏お得意のこじつけをしようにも
何も浮かんできません。こうなったら船が浮かんでいる海原を連想しな
がら壮大な夢を年明けに語れたらいいなと思ってます。(^^;)
皆様におかれましては、明るく輝く2018年になりますことを祈念し、
大晦日のコメントといたします。来年もどうぞよろしくね。(^0^)  


Posted by 北の旅烏 at 07:21Comments(2)想う。

2017年12月28日

北風。

朝の窓外を見るのが辛い・・・。
だって玄関ドアの明かり窓にへばりついた雪の量が悩ましいのだ。この
まま見ないことにする訳にもいかず、トホホ気分で長ぐつをはいて外に
出る。うん?以外に少ないかもと思った瞬間、吹き溜まりの雪に嘆き節
炸裂。うっほ〜なんじゃこれは。出入口の段差がスロープになっている
ではないか。やっぱり来たね北国の真冬日雪嵐。粉雪が容赦なく襲って
くる。サラサラ雪なのがせめてもの救いとは言えず積み上げても落ちて
くるだけ。う〜む。仕方がないねと諦めて新たに雪山を造ることにした。
爆弾低気圧の影響は今日いっぱい続くとか。早くどっかに行って欲しい。

さて自宅前の除雪を一通り終えると今度は隠れ家の番。重たい足を引き
ずり道なき道を歩いて行く。すると思った通り階段が雪で埋もれていた。
ここはもう観念するしかない。今朝2度目の雪かきが始まった。写真の
小さなショベルは階段の雪はね用にと買ったもの。だから大量の雪には
不向きなのである。下の階の住人に迷惑がかからないように雪をそっと
落としていき、溜まった雪を極小のこれでスペースを確保するのが難儀
そのもの。ああ!愚痴がこぼれそう。でもでも北国の降雪はこんなもん
じゃないのだ。階段がジャンプ台になることだって何度もあるんだもん。
今日はまだ雪かきの練習みたいなものと言い聞かせる旅烏なのであった。
早く一足飛びに春がきて欲しいな・・・。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 08:51Comments(4)雑記。

2017年12月25日

イブ。

うわ〜っ!なんと8年前のビスケットが出てきた・・・。
このビスケットは、義母とカミさんがカンボジアのアンコールワットへ
旅行した時のお土産。昨夜のイブの日にアルコール抜きのシャンパンを
飲もうとグラスを出したときに見つけた。思わず手に取り家族に御注進。
感嘆符を上げるカミさん。旅烏がじっと眺めているものだから「まさか
食べるつもりじゃないよね...」と呆れ顔しながら早く捨てなさいと催促
数知れず。いやいや、いくらお菓子好きの旅烏でもこれを食べたいとは
思わないよ。ほんとだよ。多分きっと。信じてね。(^^;)

それにしてもなぜここに放置されたままになっていたのだろう。置いた
のは旅烏に間違いないと思うがエゾリスみたいに後で食べようと隠して
いたのかしらん。アルコールを絶ってから1年が過ぎているのでここに
置いたグラスを出すことも無くなっていた。でもでもそれ以前はイブの
夜に決まってワインを飲んでいた筈。その時気づいてもおかしくないの
だ。きっとサンタさんが毎年来ては『まだ置きっぱなしだ!』と眉間に
しわを寄せ教えてくれたに違いない。右上に置いた石は遺跡に転がって
いたもの。カミさんが出かける時に「お土産は何がいい?」と聞くので
遺跡に転がってる石が欲しいと言った。当時は自転車で出かけるとその
辺に転がっている小石を旅の記念に拾っては集めていたから。石の裏に
日付を書いて小箱に並べて今も捨てずに置かれている。自宅に戻ったら
自転車逃避行で拾い集めた旅烏の宝物「小石の箱」を開けて当時を振り
返ってみたくなった・・・。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 08:01Comments(3)雑記。

2017年12月22日

発見。

探し物が見つからなくて。気になると頭から離れなくなる性格がこうも
続くと誰かに頼るしかない。そこで骨恐竜さんに化けて海賊船の船長に
頼み込むことにした。「ねぇ〜協力してちょんまげ。後生だから一緒に
探してよ...」するとこう言うではないか「失せ物はひょんな所から出て
くるもの。気を張らず普段通りに時間を使え」とね。だけどそうしたく
ても出来ない性分は変わりようもなく、テレビ台の裏や暖房ヒーターの
側面をペンライトを使って探していた。まさかこんな所にある訳ないと
思える箱の中まで調べていた。そうまでして探す価値があるかといえば
きっぱり無い代物。ただ忽然と消えたことがしゃくにさわるだけなのだ。
それと忘れることへの反発もあるし。キャラの底に磁石を貼ったことで
あらぬ所に張り付いていると信じて疑わないのだ。で昨夜のこと・・・

いつものようにベッドでテレビを観ていた時だった。デスクに置かれた
移動式整理コーナーが邪魔だからとスライドさせていたら、Z ライトの
支柱の側面にそれがひっついているではありませんか。おおっ!ついに
見つけちゃった。でもやっぱり君は置き場所をどこにするか迷うぐらい
地味だよね。そう思うのよ旅烏は。な〜んてつぶやきながら...あれれっ
昨夜どこに置いたのだったっけ。またもや私の記憶が消えている・・・

      ※上の写真を見つけた場所に変えてみました。(^^;)
これは多分きっと私の脳の活性化をしなさい...ということなのかしらん。
脳に定着させる神経を若かりしころのようにしなければ、この先不安で
不眠症になるかもしれん。クリスマスが近いこともあり、脳への刺激は
最大のプレゼントだとそう思って頑張りましょか。うんうん。なんだか
どうでもいい戯言を書いちゃった。ご容赦のほどを・・・。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 10:03Comments(0)雑記。

2017年12月20日

つい...

かみさんに誘われて某スーパーへお買い物に行った時のこと。以前から
見かけていた「スターウォーズ」のキャラが入っているチョコエッグを
とうとう買ってしまった。中を開けるまで何が入っているか分からない。
う〜む。楽しみであるが、がっかりするキャラでないことを祈るばかり。
自宅に戻り品々を所定の場所へ片付け、チョコエッグを取り出すと娘が
チョコレートが欲しいと催促。うんうん分かったちょっと待っていてね。

自室でカプセルを開け中身を取り出す。あれま不安が当たってしまった。
なんじゃいこのキャラは。とっても地味ではないか。検索にかけながら
調べてみると「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に出てくるマズ・
カナタというキャラらしい。この映画はつい最近、テレビで放映されて
いたけれど、一作目を観た時の興奮度は今はなくなりチラ見程度だった。
よりによってこれを引き当てるとは...。
軽く舌打ちしながら組み立てる。さらに底に磁石を貼り付けた。どこに
置こうかうろうろ。やがて寝る時間が迫りベッドに潜り込んだ時だった。
なんとま置いたと思っていた場所に無い。辺りを探しても見つからない。
まさか宇宙にワープしたというのか。うんにゃ〜そんなことがある訳が
ない。旅烏の記憶が消えていた。そしてあの忌まわしい健忘症の不安が
湧き上がってきたのである。ああ!とほほ。今日自宅に戻ったら冷静に
なって探してみるつもり。きっとひょんな所から出てくることでしょう。
いや絶対そうあって欲しい・・・。(^^;)


  


Posted by 北の旅烏 at 08:47Comments(2)雑記。