さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。

2017年01月09日

読経。

月日の流れが早過ぎだよね...と言いつつ母の一周忌の法要に出かけた。
地下鉄大通り駅から東西線に乗り換え会場へと向かう。ただちょっと
早過ぎたかもしれない。切符を買い求め階段を下り始めた。する事も
なく車内をぐるり見回す。すると案の定、スマホに夢中の老若男女が
気配を遮断するかのようにバーリアーを張り、一心不乱に指を動かす
奇妙な世界が広がっていた。顔つきがみんな同じに見えてくる。まっ
どうでもいい話ですが、私は浦島太郎になった気分ですな。face03

指定された駅の一つ前で降り(調べるとこちらの方が近い)外に出た。
うん?北はどっちだ。方向感覚が戻らぬまま、かみさんにタクシーを
促され乗るもどこを走っているのか頭が混乱する。会場は思った通り
我々が一番乗りだった。やがて久振りの面々が集まり始め、坊さんの
読経が始まった。これがまためったやたらと長くてね。旅烏の我慢の
限界は長くて20分くらい。波阿弥陀仏...そして何を言っているのか
わからない、むにゃむにゃゴーンが延々と続くのであった。ああ早く
終われと心の中で念仏を唱える旅烏をあざ笑うように堂々巡り的?な
読経が終わりを告げないのだ。こうなったら最後の手段!とばかりに
坊さんの背中に鋭い視線を投げつけるも効果なく虚しく時間が過ぎて
いく。ユーチューブ画面のように今どの辺まできているのかを見れる
装置があればいいのに。帰宅のことを考え始めた頃、じれてる空気が
ようやく場を埋め尽くしたのか、なんとなく終わりが近づいたような
気配を感じた。おっ効果があったか。ホッとしたのもつかの間、終わ
らない。さらにさら〜に、ゆっくりと抑揚をつけ「参ったか俗世界の
人間め...」などと、もっとも〜っと御経を唱え始めるのであった。
この後、疲れを癒す?食事会が終わり三々五々帰路に着いた。料金が
かかるが、このままタクシーで帰りたい気分。予約のタクシーに乗り
込む。あれまっ来た時と同じ地下鉄の駅で止まった。かみさんが言う
には「同じルートの地下鉄で帰るよ」ときっぱり断言。さすがに私も
「はい!おっしゃる通り従います」と言うしかなかったのでごじゃる。
階段は嫌い見たくもない...と心の中でぼやきながら・・・。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 09:08Comments(5)etc...

2017年01月07日

行事。

起きる時間はその時々で違うが、概ねまだ暗い4時台には目を覚ます。
朝刊を読み終え、カップの底に残ったコーヒーを飲み干すと頭が覚醒
していくのがわかる。台所でカップを洗い終わりこのまま隠れ家へと
行こうと思ったのだけれど、気になったのは居間に置かれた正月飾り。
見てしまった以上ほっといて行くわけにもいかない。面倒臭いことは
後回しにせずその時に済ませるのが旅烏流である。早速元あった箱を
開け、片付けることにした。しか〜し・・・

あれ?この箱はこの器じゃないのか。うん?小箱が足りない。そんな
馬鹿な...と頭が混乱し始めた。これじゃコーヒーを飲んで脳が冴えた
とは言えない。ぶつぶつ文句を言いながら探すこと数分間。否もっと。
一度は諦め適当に詰め込んだが、赤い布の下に杯をのせる台座にした
箱を見つけ再度入れ直した。こんな調子では今年も先が思いやられる。
自室に戻った頃には東の空が明るくなり始めていた。
何か物音がする。ドアを開けるとかみさんが珍しく早起きし、洗濯に
とりかかっていた。ふ〜む。まっいいか。お昼前には戻るからと声を
かけ外に出た。明日は母の一周忌を迎える。そのための準備をせねば
ならないのだ。お供物を買うこと。黒の背広とワイシャツ&ネクタイ。
これらを再点検しなければ。だけどバスに乗り、地下鉄にのって会場
まで行くのがとても億劫である。(ここだけの話...^^;)
まっ、そうはいっても兄弟が集まるのは、このような行事がなければ
無いこと。だからグダグダ言わずに邪心を改め明日を迎えましょうか。
  


Posted by 北の旅烏 at 09:54Comments(2)etc...

2017年01月06日

焦り。

撮った写真をパソコンに取り込もうとボタンを押したがパソコン画面に
アイコンが出ない。なんだこりゃ。今までこんなこと初めて。カメラが
壊れたのか。それとも接触不良なのか。何度かとったり付けたりを繰り
返す。今気付いたのだがUSBハブが異常に熱い。試しにコンセントを
取り替えて操作してみると、おおっ!画面にアイコンが出た。カメラが
壊れていなくてひとまず安堵多々。調べるとハブは熱くなるものと出て
いる。ふ〜ん普段触ることもないので知らんもんね。寒い朝方の指先の
しびれを取るのにこれから使おうかしらん。な〜んてね。(^^;)

暑いといえば背に当たるストーブも難ありでして。消すと手足の感覚が
しびれてくる寒さだし。とかなんとか、あれれっ!なにを書こうとして
いたのか忘れた。だいたい手袋の写真をアップする...おっ!そうだった
手袋のことを書こうと思っていたんだ。この手袋、どちらが表で裏かと
迷い虫。答えは模様のある方が滑り止め効果がある持ち手だったのです。
だからなんなの?と問い詰められると返す言葉が見つからない。そして
つまらない展開になりそうなので書くのをやめた。なんのこっちゃ〜face03
  


Posted by 北の旅烏 at 11:28Comments(0)etc...

2017年01月04日

昔々。

昔々あるところに...じゃないけれど、南国の海の青さにも似た透明な
琉球ガラスをじっと見つめていると、はるか遠き過去の記憶が蘇って
くる。これは沖縄特産の「泡盛」を入れる器。とか何とか言っている
けれど、実のところ載せる写真がスッカラカンと無いのでござる。face03

そうだよな、寒いだの面倒臭いだの。いくあてがない...などと暖かい
部屋の中で嘘ぶいているんだもん。だけどこれじゃいつまでたっても
体がなまるけん、そろそろお出かけを考えた方がいいんじゃない?!
ほらほらお日様だって出始めたじゃないか。午後からお散歩を兼ねて
行きやんせ。メモに書かれた品ばかりじゃなく、おっ!これ欲しいも
買いましょか。例えば最近とんとご無沙汰していたトミカのコーナー。
ただ働く車はあらかた揃えたので絶対これ欲しいは見つからんのだが。
まっ強いて言えば消防車があればいいのだけれど、コーナーに並んだ
それは可動部が少ないのと、作りが単調すぎてイマイチ買うまでには
至らない。それに並べて置くことに飽きてきた。作業現場のジオラマ
作りも気が乗らない。う〜ん。う〜う〜んと堂々巡りのスパイラルに
はまって気づくと日が暮れているのだった。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 12:22Comments(2)etc...

2017年01月02日

開幕。

2017年の幕が開きました。北国は大晦日から穏やかな日が続いて
います。凍った路面は相変わらず滑りますが、平年並みの気温に推移
していますので、覚悟していた割には過ごし易いお天気。ストーブの
メモリも小さくて済みそうです。はてさて、今年はどんな年になるの
かしらん...な〜んてそんなに期待していませんが穏やかに過ぎせたら
御の字ですね。時々徒歩散歩、たまには近そうで遠いホームセンター
まで出かけたいと思います。(^^)

暇にしている夕暮れ前、頭と手をフル稼働させて好きなDIY作りが
できたらいいなと考えています。スケールの大きい部屋の改造などは
工具が無いのと騒音対策が出来ないのとで叶いませんが、使い勝手が
いい棚やミニラックなどはできますから。そして映画のワンシーンの
ように自動車がロボットに変身する「トランスフォーマー」みたいな
変身する工作が楽しいかもしれません。ある時は縦に置いて飾り棚に。
ある時は横にして本棚ケースにとか。ただし裏を返せばアラが目立つ
手抜き作り...あれま、これこそ旅烏の真骨頂〜と自慢げに話せること
ではありませんね。(^^;)それでもただの木の板や、捨てられる
運命だった段ボールや厚紙が、新しい命を吹き込まれて使われるのは
ステキじゃないかと思うのです。と言うのもその昔、娘がまだ幼い頃
段ボールで作ったミニハウスを想い出します。三角屋根に色を塗って
くり抜いた窓をしつらえたハウスで毎日楽しげに遊んでいました。
当たり前ですけど想い出は過去に刻まれ、現実は白紙。これから作ら
ねばならないのです。頑張らなくっちゃイケンのだ。な〜んてね。face03  


Posted by 北の旅烏 at 10:10Comments(11)etc...

2016年12月31日

人生。

今日は大晦日。自宅前に軽く積もった雪を除雪し、隠れ家の階段も...
と思ったけれど2度するのは面倒臭いと後回しにして長靴で払いのけ
ながら部屋に入りました。朝は北風が強く耳が痛くなるくらいの寒さ
です。ただこの後、青空が出るようなので期待しましょうか・・・。

黄昏時の写真を載せました。一年の煩悩を振り返るにはこんな写真も
お似合いかなとね。旅烏の今年は思い返す出来事がこれといって無く
何をしていたんだかと、そればっかりを反省しています。(^^;)
記憶に残らないということは、悪いことも無かったからだと楽観的に
考えたほうがいいみたい。な〜んて都合が良過ぎますね。今浮かんだ
一つに、否いや辛いことが浮かんできました。でもご報告するまでも
無いことなので封印します。楽しかったことの筆頭は無事に大晦日を
迎えられたことかしたらん。なんとも平凡な人生。でも人それぞれの
人生ノートがあるとするならば、この当たり前のことが一番のご褒美
なのかもしれません。世の中にはどうあがいても解決できないことが
ありますから。絶望の淵に立つ...そんな苦痛が無かっただけでも良し
としなければいけませんね。無いモノねだりは大人になったら封印し、
潔く未来に身を任せる図太さも持たなければ...と言い聞かせています。
うん?ホントかな。除夜の鐘とともに旅烏専用の懺悔室から嘆き節が
聞こえてきそう。言わんこっちゃない。無いモノねだりがもう始まり
そうです。だはは・・・。(^^;)
みな様には今年一年お世話になりました。ブログの温かい書き込みに
どれだけ元気をもらえたかしれません。どうもありがとう!!来年も
穏やかで明るい年でありますよう祈念いたしております。よいお年を
お迎えくださいませ・・・。(^^)  


Posted by 北の旅烏 at 08:08Comments(6)etc...

2016年12月29日

恒例。

昨日夕刻、お正月飾りを居間に飾る。毎年同じものなので新鮮味がない
のだが、何も無いのは寂しいとね。本物のお餅を飾ろうと思っていても
これでいいかと間に合わせの心が働きつい買いそびれてしまう。今日と
明日は買い物ディー。かみさんと娘が作る我が家伝統の味「うま煮」の
材料の買い出しだ。これがないと我が家の正月が始まらないのだ。
子供のころは母の作った「にしん漬け」がとても美味しく楽しみだった。
程よい酸味が野菜に染み込んで、にしんの旨みが口いっぱいに広がると
ああ!お正月が来たとお腹が実感したものだ。私は当時から大根だけを
残すクセがあった。美味しいからと、なん度もお代わりするものだから
食べる程に小鉢に残る大根の山。やがて家族に一目でばれて愚痴をこぼ
されていた。これも古き良き?私のお正月風景であった。

買い物はかみさんと娘が行くことになった。車道がこの雪で狭く運転が
しづらいからとバスで行くという。重い手荷物に難儀せねばいいのだが。
私は別のお店に徒歩でお買い物。買う品がダブらないようにメモ書きを
渡し入念にチェックを入れた。最近腕の筋力が落ちた性で重たい飲料水
などは必要最小限に抑えている。だがお店で品選びをしていると、つい
せっかく来たんだからとあれもこれもと多めに買うクセがなかなか抜け
ない。だから帰り道がトホホ状態。片手で荷物を持つとバランスが崩れ
転びそうになる。だが行かねば男がすたるとやせ我慢を悟られぬように
こらえつつ、今年最後のご奉仕なんだからと薄ら笑いでお茶を濁すので
ござる。な〜んちゃって。face03  


Posted by 北の旅烏 at 08:26Comments(2)etc...

2016年12月28日

来た!

昨日の朝、排雪業者がやっと我が家に来てくれた・・・。face02

隠れ家にしているこのアパートにも、たくましいブルの音が聞こえて
きたことですぐ分かった。自宅の除雪が済んだ後、ここのアパートに
来ることになっていたからだ。ガリガリどどどっと雪山を崩していく
姿をしばらく窓から眺める。この後一ヶ所に集められた大量の雪塊は
小型のトラックに積まれ排雪場所まで捨てに行くのだが、トラックの
手配が追いつかなかったとみえて積み込む量が少なさ過ぎ。これでは
何度も行ったり来たりを繰り返すことになる。数日来の大雪で、幹線
道路は渋滞地獄。う〜む来てくれた安堵感の反面、時間通りに終わる
のかしらん...と心配になったが、お昼を過ぎたころ帰路に着いた。

おおっ!自宅前にあった大量の雪が無い。きれいさっぱり消えていた。
うれしやきゃほほい、これで大雪が降っても難儀せずに捨てることが
できるというもの。ブルが削り取った路面が陽光に照らされキラキラ
輝いている。滑るぞ必ず。おっとっと。ほらほら言わんこっちゃない。
体重のかけ方一つで股さきの刑が待っているのだ。歩幅をさらに狭め
そろりと歩いて自宅へと戻った。
自室でただぼんやりしているのが嫌になって、目に付いた青く透明な
琉球ガラスビンとこれまた沖縄のとっくり(ひも付きで腰にぶら下げ
られる変わった容器)をきれいに洗うことにした。乾燥肌というより
歳の性だろうなのカサカサ手荒れ。水を使うたびに必ず痛い目にあう
のだが、気にしてられん。ニベアくんがいるから(その都度だけど...)
またお世話になればいいだけの話。洗い終わり元あった場所に戻すと
お次は夕食の献立が気になり出す。おっ!なんとうれしやうな丼とな。
ぐふふっ血...じゃなく、腹が騒ぐ旅烏なのであった。face03
  ※写真は近所の風景。けっして我が家ではないのこと。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 08:18Comments(0)etc...

2016年12月27日

改良。

タバコ専用と決めつけてる換気扇。お手製の板を窓枠に挟んでるだけ
なので、どこからともなく冷気が「待たせちゃってごめんごめん」と
容赦なく入り込んで半端なく寒い。交換用のフィルターを挟んでいる
場所がどうも怪しいと目星をつけた旅烏は改良すべしと行動に移った。

フィルターを取り外し薄手のパッキンを調べる。だがすり減っている
様子はない。板に密着するように取り付けたゴムひもの力が足りない
のかもしれない。ならばとフィルターの上から重ねるようにもう一枚、
柔らかめのそれを貼り付けた。これで密着度が増すだろう。加工して
いるその間にも冷気がこれでもかと侵入してくる。早く終わりにして
換気扇を回さねば。ところがこんな時に限って強力接着剤が指にひっ
つき虫。さらに物を落とすは、加工した小物が消え去るはでかえって
時間をとられてしまった。まったくもう。いつものパターンと笑って
いられんのだ。ところで効果の方は?う〜ん...自慢じゃないけど無し。
それでは最後の手段、これぞ究極の方法「窓の隙間を埋める作戦」に
出たのだ。あはは馬鹿ですね、最初からこうすば良かったのにさ。
だけど思うに、どう改良にすればいいかと頭を使うことが旅烏の極意。
手をこまねいて安直な方法は選ばないのだよ。な〜んて強がっている
けど極寒の冷気に弱くてね、安易な方法に白旗降参でした。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 09:04Comments(0)etc...

2016年12月26日

再読。


あの記録的な大雪も峠を過ぎ、昨日は久しぶりに青空が広がりました。
後に残った雪山が後遺症となってあちらこちらで交通渋滞が頻発して
います。今日はタクシーを呼んで、とある場所へ行かねばなりません。
念のため予約をとりましたが果たして時間通り着けるのか、神のみぞ
知る?...なのかも。それにしても北国の厄介な降雪。今年はもう勘弁
して欲しいものですね。(^^;)
けだるい夜長に読んでいる単行本。昨夜から椎名誠のそれを引っ張り
出してまた読み始めています。彼の描く文面にこれでもかと溢れ出る
彼独特もフレーズが大好きでこれを買った頃は次々本屋に足を運んで
いました。旅烏が時々使ってる「...かしらん」とか「...しらんけんね」
とかは椎名さんに真似たもの。心のツボに入っているので自然と出て
しまうのです。冒険家でもある椎名さん。モンゴルの草原に出かけて
荒馬に乗って破天荒ぶりを披露したり、釣りが目的かビール欲しさか
よくわからん焚き火を囲んで仲間と酒をがぶ飲み。やがて目が血走り
破天荒の扉が開くという展開。(^^;)い〜やぁ〜ページをめくる
手が止まらず、次々と吸い込まれていきます。でも最近東北大災害が
あった以降文面がおとなしくなってしまいました。当分おちゃらけた
本に出会えないかもしれません。う〜ん、またあの文面に早く出会い
たいなと願っているのです。おっもうこんな時間。帰らなくちゃ。face03
  


Posted by 北の旅烏 at 07:51Comments(0)etc...