さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 雑記。

2019年11月19日

出番。

以前はペンネをよく作っていたが、食卓に出す回数が多くなると飽きて
くる。そこで最近は冷蔵庫にある野菜を中心とした煮ものにウエイトを
置くようになった。賞味期限が迫った食材を丸ごと使えることと、体に
やさしいお味がとても気に入っているのだ。(^^)

ぶつ切りしたニンジンとかぼちゃ。そして玉ねぎやピーマン、白菜など
残りものをお鍋にぶち込み豚肉やポークウィンナーを入れる。味付けは
昆布とだしの素。後はコトコト煮込めば速攻で出来上がり。ただし気を
つけねばならないのは旅烏が作ると、ややもすれば濃い味になることだ。
そこで何度も味見を繰り返すのだが、つい食材にも手が伸び始める悪い
癖が出てしまう。だから多めに作らなきゃ?お皿に盛る量が少なくなる
のだ。こればっかりは永遠に直しようがない?な〜んてね。(^^;)
今日の夕食はホッケの味噌漬を焼いたものとキャベツ添え。あとなにか
あったかしらん。ここ数年これといった食べたいものが減ってきた性か
マンネリ感が漂い始めている。かといって料理家が作る献立は鼻っから
眼中に無い。否々旅烏には食に対する執着心が皆無に近いのだ。face03  


Posted by 北の旅烏 at 09:19Comments(0)雑記。

2019年11月15日

降雪。

来るべきものがやってきた・・・。(^^;)
雪が積もった道を歩いて隠れ家に着くと大量の雪が階段を通せんぼして
いた。嘆いていても始まらないとショベルを取り出し雪かきに精を出す。

去年の雪かきは11月後半だったはず。このまま根雪にはならないとは
思うけど今からこれじゃ先が思いやられる。ぼやき節が口から出てくる
前に雪かきショベルを取り出し今年初となる除雪に励んだ。部屋に入り
早速石油ストーブを点火。背に温もりを感じながらパソコンに向かって
います。うん?ありゃりゃ窓外を見たらまだ雪が降り続いている。これ
じゃ帰宅時にもう一度雪かきが待っているかも。厳寒の二月なら文句も
言えないけど、あまりに早い降雪は気持ちを萎えさせるに充分過ぎるの
だよ。空の冬将軍様。来るならくると前もってハガキの一枚でも出して
たもれ。後生だからこれ以上の雪をいまから届けないで。うん?返事が
ない。聞こえていないのかな。ねぇ無口にならないで。泣いちゃうぞ。  


Posted by 北の旅烏 at 09:08Comments(4)雑記。

2019年11月14日

不安。

不穏な予測が当たらなければいいのだけれど・・・。

明日から大荒れの天気になると予報が出ました。風を伴った雪が北国を
襲うらしい。とうとう観念する日が迫ったみたいです。願わくば湿った
雪ではなくサラサラな雪ならいいのだけれど、気温が高めであれば手に
した重さが半端ない。無理な体勢で雪を持ち上げたら腰が悲鳴をあげる。
神様。仏様。そしてコロボックル殿。あなたの魔力をここで是非見せて
くだされませ。おねげえしますだ。な〜んて信心なき旅烏がいくら懇願
しても、きっと薄笑いをしているだけなんだろうな。う〜ん。
昨日出かけたとある場所。行きはタクシーを使い、帰りは徒歩で帰って
きた。商店が立ち並ぶ繁華街ではシャッターを閉じたお店がやたら目に
つき淋しさが募るばかり。そんな中、八百屋さんの店先で売られていた
一房のバナナを買った。帰りは歩くと決めてから自分へのご褒美なのだ。
これがあると無いとでは元気印のパワーがめっちゃ違うのね。リンゴも
買おうと探したけれど値段が少々お高いのでやめた。(^^;)
最近遠距離を歩くことが減った性なのか、太ももの疲れがすぐ出てくる。
だからJR琴似駅まで来た時、いつも文庫本を買うお店が見えてきたのに
この日は寄らずに帰ってきてしまった。馬鹿ですね旅烏は。後から後悔
しても始まらないのに・・・。
  


Posted by 北の旅烏 at 08:29Comments(0)雑記。

2019年11月10日

土産。

かみさんと娘が二泊三日の旅行を終えて、昨夜帰宅した・・・。

帰宅時間が迫るとなぜかソワソワしだす旅烏。外灯が点いていることを
なんども確かめ、玄関先のスリッパをきれいに整えたり。さらにお腹が
空いているかもと冷蔵庫にあった野菜で煮ものを作った。味見と称して
つまみ食いをしているものだからやがて鍋の底が見え始めた。おやま!
旅烏の悪い癖が出始めたと苦笑い。この他にコンビニで買ったグラタン
そしてスパゲッティがある。スパは旅烏の夕食用。早めに食べたが半分
近く残した。空港に着いたらラウンジで夕食をすませてくるとは思うの
だけど、万が一を考え過ぎる旅烏は、過剰不安?症候群かも?face03
やがて部屋にもどってテレビを見ていたら思っていた時間よりも早めの
ご帰還と相成った。お土産の「東京バナナ」は東京へ出かけた時の定番。
早速開けてお口に運ぶ。うん旨し。程よい甘さとバナナの味が帰宅した
安堵感、そして会話が弾む楽しい時間を伴って我が家に笑い声を届けて
くれたのであった・・・。(^^)


  


Posted by 北の旅烏 at 07:21Comments(2)雑記。

2019年11月06日

寒波。

天気予報には雪だるまマークが出始めた・・・。

昨日、あまりの寒さに手が冷たくなって隠れ家のストーブに火を入れた。
でも小一時間ですぐ消したけどね。(^^;)いよいよ冬の到来。だが
体がこの寒さに慣れるにはしばらく時間が掛かる。石油ストーブを点け
たり消したりを繰り返しながら雪かきの準備をせにゃいけない。車庫に
置いたままの長くつや手袋。そして雪かきショベルの出番が迫っている。
ああ!嘆いていても始まらないが諦めの境地に入るには突然のドカ雪が
襲ってきて、それまでの雪かきの苦労がお子ちゃま的だと思えるように
なった時だ。本格的な寒波であれば積もった雪はサラサラだけど初冬の
雪は湿っているので腰が悲鳴を上げるほど重いのだ。現実逃避できない
半年もの長き除雪との戦い。精魂尽き果てて根を上げる日は何月何日だ。

・・・といいつつ投げ出したい気持ちはもうすでにピークに達しようと
しています。歳を重ねるほどに冬の北国から逃避したい気持ちが湧いて
くるのですね。特にテレビで流れる南国の楽園を見たりしたら...。face03  


Posted by 北の旅烏 at 08:36Comments(4)雑記。

2019年10月27日

むは。

先日、久しぶりに買い求めた椎名誠の単行本。夜更けに読み始めたけど
数ページ進んだところでつい手が止まってしまう。完読はいつになるん
だろう。こんなこと初めてだ。う〜ん・・・。

彼独特の言い回しに惚れ込んだ旅烏。買った日に読み終えてしまうのが
常だった。一気読みがもったいないと分かっていても、気づいた時には
深夜帯へと突入しているのだ。だから本屋さんに行くとまず最初に彼の
書籍がある場所へ向かう。だけどこの日買った単行本は釣り仲間のこと
ばかり。所々に椎名節が出ているけど、知らない人物の話ばかりで読む
意欲が減退、飽きるのだ。彼独特のくすっと笑える言い回しが見たいと
買ったつもりだったが、大いなる誤算?だった。ただし買った本を積ん
読する趣味はなのでいつか読み終えるでしょうけど。これからは中身を
もっと吟味してからレジに向かわなくちゃいけませんね。(^^;)
雪かきに翻弄される冬がもうすぐ来ます。雪が降る前にまた本屋さんに
行って私の大好きな椎名誠さんと最近読み始めた穂村弘さんの単行本を
買いに出かけようと思っています。行きも帰りも歩き...でね。face03
  


Posted by 北の旅烏 at 08:42Comments(0)雑記。

2019年10月21日

おっ!

夕食に食べるレタスを取り出すと・・・。

あららっ!何かの幼虫がいた。かみさんも娘もこの手のものはだっ嫌い。
そこで思いついたイタズラ好きの旅烏。ティシュにのせて「見て見て!
かわいい虫さんがいたよ」と差し出す。見た瞬間「いやだぁ〜!持って
こないで」と絶叫する二人。うふっ楽しいな。(^^;)これって何の
幼虫なんだろう。サイズは1センチくらい。多分ガの幼虫かも。あとで
調べてみようかな...と言いつつ、自室に戻って窓から外へご帰還させた。
もうすぐハロウィン。ただここ一週間は例年より気温が高そう。徒歩で
散歩するのにうってつけだ。今日も青空広がるいいお天気。まだ行って
いなかった「農試公園〜地下鉄琴似駅の本屋さん〜新川散策路」経由で
お出かけしようかな。みぞれがちらつく11月に入ると出不精に拍車が
かかりそうだし。でもかなりの距離がある。どうする旅烏?(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 06:58Comments(0)雑記。

2019年10月17日

自慢?

ハロウィンが近づいてきた...ということはウッヒャ〜!!face03
やばい。まずいぞ。う〜ん。また一つ歳を重ねる。嘆いていても始まら
ないが、どうしても『終焉』という二文字が現実味を帯びてちらついて
しまう。若い頃と違って「自分には関係ないもん」とは言い切れんしね。

今も定期的に通院をしていますが、お陰さまで関節リュウマチの辛さは
ほとんど無くなりました。禁酒を始めてから3年経過。そして最近では
タバコの本数を減らす努力を重ねています。食事も脂っこいものは食べ
なくなった。あれほど肉の脂身が大好きだったのにね。いまでは食事に
必ず野菜をとるようにしています。これを続けることで、脳が受け入れ
始め、当たり前のことと意に返さないようになりました。だけどあれも
これも我慢ばっかりしていては精神的に不都合が生じかねないと時々?
お皿に残った肉の脂身を家族の目に触れない場所でこっそり食べちゃっ
たりして。するとその旨味に過去の記憶が蘇って感嘆符多々。どれほど
好きなの旅烏は・・・。(懲りない性格は不滅なのです。^^;)
話は変わりますが、ここ数日気温がさらに下がり始めました。連日冬を
思わせる寒さが続いています。体力が落ちた?否々、気力も下降気味の
旅烏は今度の冬をいかに乗り切るか、課題が山積みなのです。雪かきの
ショベルを見るたびため息が出始めますのこと。な〜んちゃって。face11  


Posted by 北の旅烏 at 08:12Comments(2)雑記。

2019年10月13日

枯葉。

やがて雪が降り始めると白一色に様変わりする散策路。

大型店に出向いた帰りは川沿いの散策路を歩くのが楽しみになっている。
ただ枯葉が増えた風景の眺めていても、やがて空しさが募ってきて特筆
する話題が無い己を責める声が聞こえ始める。嘆いても何も変わらない
この虚脱感。これを払いのけるにはやっぱり自転車に乗るのが一番かも
しれない。視界に飛び込む季節のうつろいに胸踊らせ、初めて目にする
風景との出会い。激坂に挑戦し、苦しくても乗り越えた時の開放感は何
にも代えがたいのだ。過去には戻れないとわかっているが、今一度この
目で石狩灯台の晴れやかな姿を再度目に焼きつけたい。長年連れ添った
旅烏2号を手放すのは心が痛むけど来春雪解けが始まる頃自転車を買い
換えるか、このまま乗らないかの決断をしようと思っています・・・。
  


Posted by 北の旅烏 at 07:11Comments(2)雑記。

2019年10月01日

新芽。

この植物は「ゴッドセフィアナ」という葉で原産地が西アフリカと出て
いた。わざわざ花を買うなんてことしない旅烏。なぜ我家にあったのか
今では思いだせないのだが・・・。(^^;)

最初は使い古したビンに入れて緑の葉を楽しんでいた。やがて根が出て
きたので植木鉢に植え替えてみた。枯れるまでの楽しみと気が向いた時
だけ水をやっていたが、今日まで健気に生きながらえている。丈夫なん
だねこの植物は。きっと灼熱の過酷な条件下で育ってきたからなのかも
しれない。そして驚いたことに新芽が出始めたではないか。こうなると
俄然やる気が起きる。最近では栄養剤をご褒美と与えてどこまで大きく
育つか、楽しみになったという次第。(^^)
ここ数日お天気に恵まれ、買い物ついでの散歩に力が入るようになった。
でも同じ道ばかり歩いていると飽きてくるのは必定。川沿いの散策路を
歩いて数キロ先にある本屋さんに行こうかとも思うのだが二の足を踏む
ばかり。ああ〜軟弱旅烏。興味とそれに伴うご褒美?があれば行く力に
なるのだが。枯れ始めた草花が増えた道はやがて来る雪との格闘が目に
浮かび、一気に撃沈するばかりなのです。嗚呼トホホ...な〜んちゃって。


  


Posted by 北の旅烏 at 09:00Comments(2)雑記。