さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 雑記。

2017年12月16日

難儀。

北国は積もった雪が融けたり凍ったりを繰り返しています・・・。
一歩脇道へ入るとご覧の通りツルツル道。慎重に歩いているつもりでも
転ぶ危険をはらんでいます。打ちどころが悪ければ救急車を呼ぶことに
なり、今冬は例年になく搬送回数が増えているとか。ご高齢の方たちに
とって辛い日々がこれ以上続かないで欲しいものです。何を隠そう私は
今期2度も転ぶという憂き目に合いました。これはけっして他人事では
ありませんのこと。だから歩くにはやや遠い場所へ出かけるのが億劫に
なっています。でも行かなくちゃ気になって仕方がありません。ああ!
トホホ...とぼやきながら子供歩きで?出かけましょうか。(^^;)

下の写真は暖気で融けたぐちゃぐちゃ道。でも旅烏にとってはこの方が
とっても楽ちん。だってアスファルトが見えるんですもん。「もう春が
きたのね、うれぴー」と嘘ぶきながら歩けますから。でも目線を下げて
歩いていますので、いつの間にか道路の真ん中を歩いていることがよく
あります。ドライバーから見たら、なんて危険な行為をしているんだと
眉間にしわを作っているかもしれませんね。みな様はくれぐれも真似を
なさいませぬように。な〜んちゃって。だはは...。(反省?^^;)

  


Posted by 北の旅烏 at 11:43Comments(0)雑記。

2017年12月09日

愚痴。

北国の冬は雪があってこその土地柄。でもね今年の旅烏は朝の雪かきの
ことを思うと憂鬱になり始めます。前夜からしんしんと降り続く光景を
見るたび逃げ出したくなるのです。できないとは分かっているのですが
諦める心がどっかに逃げちゃったみたいでして・・・。(^^;)

過去にここまで嫌だ〜になったことはなかった筈。なんなんだろうこの
心境の変化は。雪の投げ場所が狭くて難儀多々。除雪車が残して行った
固い雪の塊りを始末する厄介さ。それと除雪と関係ないお歳暮の手配や
年賀ハガキのことなども関係しているのかもしれないな。
あれやこれやが一度に来ると、面倒臭いの一言に尽きるのです。やがて
現実に引きて戻され、すごすごと外に出ると思った以上の積雪に改めて
ため息が漏れ出しますのこと。旅烏は気になったことは直ぐに片付ける
主義。心の引き出しを軽くしないと重荷に感じちゃうのです。最近では
忘れることも多くなり失念した自分を悔やむことが増えてます。だから
そのまますっからかんと忘れてしまえばいいのですが、認知症の恐怖が
もっと怖い。メモしてもその事すらあれれっ?になりそうでして。歳は
とりたくない。でももうすぐ年明けが待っています。ああ!愚痴ばかり
書いてしまった。なにも生まれはしないのにね。反省多々の今朝?face03  


Posted by 北の旅烏 at 10:48Comments(2)雑記。

2017年12月06日

厄日?

毎年思う夕暮れの早さ・・・。
午後3時をまわるころには陽が傾き、向かいの家の窓ガラスに反射した
明かりが差し込んでくる。昨日は今年初めて一日に2回の雪かきをした。
積もった雪は難儀するほどの量ではなかったが、それでもかき集めると
腰にくる。捨てる場所も限られているので残るは隣の敷地の境まで押し
進めるしかないのです。今週一杯真冬日の予報が出てます。間違っても
一日に3度の雪かきフル稼働がなければいいのですが。face03

実は今週に入ってから厄日が続いている。今週始め除雪を終え隠れ家に
向かって歩いていた時、足が滑って思いっきり転んでしまったのである。
ヒザに激痛が走り動くことができない。それでもなんとか立ち上がって
歩こうとしたが足がスムーズに動かないではないか。一瞬脳裏に浮かぶ
絶望の影。ヒザ間接の治療を始めてから一年が過ぎ最近ではやっといい
具合になってきたというのにまた元に戻ったのでは...と不安がよぎった。
数分が過ぎた頃ようやく足を動かせるようになったので再び歩き始めた。
隠れ家の階段を一歩一歩上る。部屋に入るがヒザは鈍痛のままで一向に
改善せず。この日は早めに帰宅してシップ薬を貼るに限ると引き返した。
滑った原因は車道から歩道に上がろうと足を踏み出した時、新雪の下に
ひそんでいた氷に気づかなかったのだ。なんたる不覚。その日は痛みが
あるものの徐々に改善してきました。よかった〜。(^^)
だがなんということでしょう。翌日の朝また同じ目にあってしまうので
ある。段差に注意を払って歩いていた筈なのに別の場所で片足を思いっ
きり伸ばした状態で転んでしまった。情けない。馬鹿バカ旅烏のば〜か
と無言の遠吠えが炸裂。前日の苦い経験が生かされていない失態...とは
いえ、積もった雪の下には氷がどこに潜んでいるか見当もつかないのだ。
新雪が積もった早朝は特に恐怖心が湧くのですね。だから歩幅を控えて
そろりと歩いて隠れ家に来ています。おかげさまでヒザの痛みも快方に
向かっています。みな様も旅烏のようにならないようご注意されてくだ
さいませ。お陰様で今朝は二度あることは三度あるという格言には至り
ませんでした。(でも雪道怖い症候群はしばらく消えず?^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 09:55Comments(5)雑記。

2017年12月03日

新品?

毎夜、ひじ当てに使っているスヌーピーのぬいぐるみ・・・。
ぺちゃんこになったのと、汚れが進んでいたので思い切って洗うことに
した。ぬいぐるみは形が崩れるから洗濯はしないほうがよいとなにかで
聞いたように思うけどこれ以上放置できない。まず洗面台にお湯を溜め、
洗剤をやや多めにふりかけ手で揉みほぐしていく。うっわ〜あっという
まに水が茶色くなり始めた。「ごめんね放ったらかしにしていて...」と
詫びながらぐにゅぐにゅと愛情込めて?じゃないか、力まかせで潰して
いった。でもどこで手を止めていいものやら見当がつかない。このまま
ずっと続ける訳にもいかないので頃合いを見て終了宣言を出した。

自室に戻り暖房ヒーターの上に置いて乾かすことにする。しわくちゃに
なった顔をやさしくつまんで以前のモフモフ感を出しながら乾燥させた。
深夜、もういい頃合いかと持ち上げてみる。おおっ軽い。そして以前の
輝かしい白さに生まれ変わった...と思うことにいたしましょうか。今夜
からまた顔がぺしゃんこなるスヌーピーだけど「いつも側にいてくれて
ありがとう」とナデナデしちゃるけん、許してね・・・。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 08:56Comments(4)雑記。

2017年11月30日

あっ!

うっ!わ〜っ。カップメンをぶちまけた・・・。face03  (先日のお話)

食べ終わる直前ということもあり残ったのはスープだけ。でもかなりの
量を撒き散らしたものだから、あっけにとられてしばらくのあいだどう
しようかと頭が回らず動けなかった。兎にも角にも新聞紙を敷いていて
よかった。よかった。こんなこと滅多にしない旅烏。数年に一度、いや
過去に一度した記憶がおぼろげにあるが、こんなに大量ではなかった筈。
残ったメンをハシでかき混ぜようとした時、カップの側面に引っ掛けた
みたいだ。でも濡れ広がる新聞紙を見下ろしながら、平然とメンをすす
るんだもの大した御仁でごじゃる...な〜んてことないか。ただ頭が混乱
していただけなのです・・・。(^^;)
さいわい机上の濡れた部分はごく少し。新聞紙とバカにしちゃいけない
ですね。被害最小で救われたのですから。タオルで拭き取るときれいな
デスクに生まれ変わり見違えるほどきれいになりました。きっと神様が
いたとしたら『たまには掃除をしなさい』との警告なのかもしれません。
これを機に「隠れ家」のお掃除を少しづつ始めようかなと思っています。
暮れが押し迫ってからでは自宅の掃除でてんてこ舞いになって、こちら
まで手が回らないことが過去にありましたから。そうしましょ!!face02  


Posted by 北の旅烏 at 06:57Comments(3)雑記。

2017年11月29日

忘却。

数週間前からいくら探しても見つからないアイテムがある。それは赤い
手袋と同じく赤のスタジアムジャンパー。手袋はUFOキャッチャーで
ゲットしたもの。取るに足らない品ではあるが、いま使っている手袋は
滑り止めが付いていることで何かにつけて引っかかり、使い勝手が悪い
のである。赤のスタジャンは寒さが厳しくなると、とても重宝していた。
だけどあると思っていた場所に無い。記憶をたどりガサゴソと探しても
見つからない。ということは春先に捨ててしまったのだろうか...。face07

             (※この手袋は昨年ブログに載せたもの)
記憶の減退はいまに始まったことではないがこうも立て続けに起こると
不安が増大してくる。手袋は買えば済むこと。赤のスタジャンは年季が
相当入っていたので諦めればいいこと。だが物の問題というより記憶が
完全に消えていることの方が気になってしょうがないのである。ため息
ついて落ち込んでいてもなにも解決しやしない。ケセラセラなるように
なる〜なんて歌があったが楽観視できない旅烏がいるのだ。そのうちに
昨日のこともきれいさっぱり忘却の彼方へと消え去るのだろうか。ああ
歳をとりたくないものだ。負の領域がこれ以上大きくならないでくれと
祈る旅烏がなんとも不敏でしかたがないのね。とほほ...。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 08:21Comments(2)雑記。

2017年11月26日

嗜好。

隠れ家と自室に必ず置いているアメ玉・・・。
以前は不二家のミルキー「ペコちゃん」をよく買っていたがそれに飽き
ると牛乳のアメになり、最近では4種類入っている柑橘系のアメをしゃ
ぶるようになった。つい手が伸びちゃうお菓子や夜食を控えるためとの
理由付けに近いのだが、口淋しくなるとつい2個いっぺんに口にいれて
満足したかい?と脳を覚醒させることもたまにある。どれだけ自制心が
弱いのかね旅烏は。だけど糖分控えめにしなければあらたな問題も生じ
かねない。一度手が伸びそうになった時は我慢。それでもダメなら一個
だけ。お菓子と違い無くなるまで時間がかかるから、お菓子より効果が
ありそうだもんね。うんうん。な〜んちゃって。(^^;)

今朝もうっすらと雪が積もっていた北国。でも雪かきする程ではないと
そのまま隠れ家に出たがお昼から湿った雪が降り続くらしい。このまま
雪が降り続けると根雪になるかもしれませんね。いくら雪国の宿命とは
言え、ため息が漏れ始めています。近いうちに絶叫&遠吠えが皆さんの
所まで届きかねない...かも。雪かきで難儀する重たい雪が、サラサラの
粉雪になるほうがよっぽどいいのです。大量に積もっても捨てる場所の
心配だけですから。冷たいシャーベットの雪より粉雪を見ているほうが
甘い砂糖を連想できますし...な〜んてね。なんのこっちゃ〜。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 09:21Comments(2)雑記。

2017年11月23日

暇で...

夕食後の時間が長すぎるかも...な〜んちゃって。(^^;)
テレビ番組はどこのチャンネルも相変わらずのグダグダぶり。新鮮味が
これっぽちもない。かといって録画した映画は見飽きたし。前回書いた
「怠惰な時間は甘美魅惑...」は当てはまらなかった。う〜む。はてさて
どうしゅる?旅烏。すると暖房ヒーターの上に置いてある蒸発皿に目が
止まりビビッと反応。昨年まで使っていたグラタン皿が見当たらなくて
ブリキのケースで代用していたのだけれど、なんとも貧相この上もない。
そこで使わなくなった皿を代用することにした。だけど水を入れて置く
だけでは殺風景である。そこで思いついたのが過去にジオラマで作った
紙の船。これを浮かべて楽しみましょうか・・・。

まずは溜まったホコリを払い落とし、耐水性にするため速乾性に優れた
透明マニュキアをベタベタ塗りまくる。だが案の定、シンナーの匂いが
めちゃくちゃキツイ。シンナーの匂いは嫌いじゃないがこうまで臭うと
耐えきれなくなり、とりあえず換気を大にして居間に避難した。
船は「油田基地」を作った時のタグボートと作業船。捨てずにあったと
いうことは、この日が来ることを予知していたのかしらん。やはり水の
上を動き回るほうがお似合いだ。船底に重りをつけバランスをとったの
だが作業船の傾きが直らない。まっ文句を封印し、目をつぶってこれで
良しとしましょう。飽きたら別の手を考えればいいのだ。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 10:00Comments(2)雑記。

2017年11月20日

防寒。

多分今日も真冬日になるらしい。早過ぎないか今年の寒波は・・・。

昨日、雪かきするためにダウンジャケットを着た。本格的な寒さが来て
から着ようと思っていたが、辺り一面真っ白になったこともあり寒さが
半端ない。自室の押入れの奥の奥から引っ張り出して袖を通すと身体は
暖かいのだが心は冷たい風が吹き荒れる。いつ日か使おうと考えていた
紅葉の写真は本日をもって封印。とうとう真っ当な冬が来たのだね...と
観念し、隠れ家へと向かった。これからストーブを点けたり消したりの
日々がしばらく続くのだろうな。寒さとの我慢比べはプラス気温だから
できること。一日中マイナス気温になると降参白旗が常。いくらお腹の
中から温めようが辛抱しきれなくなるのです。
午後から自宅へ戻りますが、はてさて午後からのスケジュールをいかが
いたしたものでしょう。う〜む。ただぼけっとしていたら体力が落ちる。
さらに脳の低下にもつながる。怠惰な時間は甘美魅惑が渦巻いているの
だけれど、これに歯向かう精神を弱めてはいけませんね。自戒の意味を
込めて己に叱咤激励しちゃうんだもん。でも誘惑に負けそうな?旅烏が
もう見えてきた。嗚呼!おばかさんの旅烏。なんちゃって。(^^;)


  


Posted by 北の旅烏 at 10:15Comments(2)雑記。

2017年11月18日

積雪。

とうとうこの日を迎えた雪の朝・・・。face07

ああ失意多々。遠吠えが虚しくこだまする。いつか来るとわかっていた
けれど現実を前にするとテンションが下がるばかりだ。べちゃべちゃの
雪をけ飛ばしながら隠れ家に出た。ううっ!寒い。石油ストーブを点火。
やがてほんのり暖かくなってきた。しかし指先はしびれたように冷たく
反応が鈍いときたもんだ。打ち間違えばかりするものだから今日一番の
癇癪が目を覚ます。てめ〜こんにゃろうと己を叱責するも同じ間違いを
するばかり。いったん席を外し冷静になれよと言い聞かせた。天気予報
では明日からの方が冷え込むようなので、ダウンジャケットを準備した
方がいいみたい。トホホ...の連発をしていないで、これが北国の宿命と
納得させ身体を冬仕様にさせなければいけません。ただ本格的な降雪が
来るまでは湿って重たい雪との格闘が続きます。その事を考えただけで
怒りの矛先をどこに向けていいのか思いつきませんのこと。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 08:07Comments(6)雑記。