さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 雑記。

2020年04月12日

未練。

洋ダンスを開けるとこれがぶら下がっている・・・。

かれこれ二桁の月日が流れているはず。これは買ったのではなく何かに
付いてきたキャラ。それがなんだったか記憶にない。そろそろ断捨離を
せねばいけないのだけれど、その気になった瞬間に捨てるのがもったい
ないになってしまう。かわいいからぶら下げた当時の気持ちを思い出し
ブレーキをかけるのだ。扉を開け閉めしていると、ほほをよせあう仲の
いいお二人さん。ある時はそっぽを向いた喧嘩中の二人だったり。その
時々で向きを変えて出迎えてくれるのだ。だからそっと開けたりわざと
勢いをつけて揺り動かしたり。な〜にやってるんだか旅烏は。そろそろ
奥にある使わないアイテムを加減片付けなくちゃいけません。その日が
いつくるのか、う〜む。むむむっ。唸っていてもやっぱり面倒くさいが
先に立ち、扉を閉めるのがいつもの習慣。だからこの日もホコリを払い
そっと扉を閉めたのだった。私には断捨離は無理っぽい?(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 07:14Comments(0)雑記。

2020年04月08日

縫う。

愛着が勝って捨てる気がしないのだ。

今履いているジーパンは相当年季が入ってボロっちい。でもさ、これが
由緒正しき正統派のジーパンの姿なのだよ...な〜んて言って自己満足に
酔いしれ、ほころびが目立つ個所を修繕してみた。このジーパンはエド
ウィン。旅烏のお気に入りはLeeなのだけれどよそ行きの時にしか履か
ないと決めている。そもそもジーパンによそ行きもクソもないのだけど、
身に染み付いた旅烏のこだわりがそうさせるのだ。(^^;)
その昔ライターを入れるためだけのポケットを自前で縫い付け、キーを
入れるポケットと分離させた。この効果は絶大で我ながらめっちゃ気に
入っていた。我年齢と似たように年を重ねるごとに傷んでくる。そこで
色の似た糸でほころびが目立たぬよう適当に縫い付けたのだ。これ以上
傷んできた時には廃棄処分になるだろう。それまで健気に耐えて旅烏と
一緒に出かけましょうね、Gパンくん。な〜んちゃって。たはは...。face03  


Posted by 北の旅烏 at 07:42Comments(2)雑記。

2020年04月04日

春色。

お散歩の途中で見つけた一輪のクロッカスの花・・・。

おまけに旅烏が大好きな黄色ときている。思わずしゃがみこんでお目を
近づけ、まじまじと見入ってしまった。枯葉がまだ多く無味乾燥とした
原っぱみたいな散策路。そこに「咲くのが遅れてごめんね」とでも言う
かのように、冷たい風にさらされながら枯れ草の中から顔をのぞかせて
いました。三寒四温といわれるような冷たい風が吹く日と暖かな太陽の
陽射しがまだしばらく交錯します。でも四月に入っていますので気温の
低下もわずかと思います。もうマイナス気温はいりません。空の神様...
意地悪しないでね。雪を降らせながら、したり顔でほくそ笑む顔なんて
見たくないから。さて自転車をいつ自宅へ持ち帰ろうかと思案中。なん
たって車庫内で整備点検をするのが一番だ。多少の汚れも間違って油が
落ちてもここだったら問題無し。だからとっても気持ちが楽になるんだ。
と言いつつ、ちょっとばかり面倒臭い思いもあるけどね...。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 10:43Comments(0)雑記。

2020年03月27日

順番。

旅烏の部屋はこの手のものでごちゃごちゃ・・・。(^^;)

そろそろお片づけしないといけないのだけれど、いつも目に付く場所が
閑散とするのが嫌で放ったらかし状態。ホコリが目立ってきたら刷毛で
払いのけている。だがそろそろケースに入れ冬眠させた方がいいかもと
思い始めてます。一番いい方法は、この場所に置く「これだ!」が見つ
かった時。でも大枚を払ってまで買いたいとは思わない。貧乏性なのか、
昭和生まれの性なのか。気にいったとしても即買いをしたことは今まで
ない。何度もお店に足を運んでは本当に買うのか自問自答する。即買い
してもいい安価な値段だったら別だけどね。今まで高い買い物といえば
カルチェのお財布と自転車。カルチェのお財布は買ってなん年になるの
だろう。う〜ん思い出すのも疲れるくらい昔のこと。自転車は約10年。
サビが目立ち始めたので廃棄するか、それとも乗れる限りこの自転車を
使うか迷っている。新車を買ったとしても、昔のように遠出するだけの
気力は薄れつつある年齢に入り始めているし。沈黙多々...。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 08:21Comments(0)雑記。

2020年03月24日

吹雪。

やっぱり来たか。最後のあがき雪?...なんちゃって。(^^;)

やや凍りついたような雪が降り始めると、辺りは一瞬にして真っ白けに
なった。長ぐつからスニーカーしたばかりの旅烏。また自宅に戻るのは
癪にさわるとそのまま隠れ家へと向かった。歩きながら思い出す過去の
すってんころりん事件。しかも同じ場所で2度も経験している。激痛が
ひざを襲いしばらく動けなかった。今でも凍りついた雪道を歩くとこの
嫌な記憶がよみがえる。油断大敵。なんとしても避けねばならない。
隠れ家では石油ストーブで暖をとっているが最近は点けても小一時間で
消すことが増えた。寒く感じたらカップ麺でお腹を温めるに限る。一度
消したストーブをまた点けるのは軟弱&ひ弱に思えてその気にならない
のだ。カーテン越しに外を見ると先ほどまで積もっていた雪がすっかり
融け、さらに雨上がりの風景のように日差しまで差し込んできた。さて
お昼頃自宅に戻ったら買い物に行くか、ふて寝を決め込むか。それとも
読書にするかを「あみだくじ」で決めましょう・・・。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 09:56Comments(0)雑記。

2020年03月22日

手袋。

昨夜、気になっていた毛糸の手袋を洗った・・・。

日ごとに雪が消えていく今日この頃。自室に置かれたままの手袋を洗う
ことにした。洗面台に行き、未だに捨てずにあった粉石鹸を一掴み入れ
手でもみ洗いをした。今では液体洗剤が幅を利かせているがこんな時は
とても重宝する。手で揉んでいくと一瞬でお湯が黒ずんできた。おほほ
気持ちのよいことこの上もなし。何度もお湯を替え、じゃぶじゃぶ洗い
進めていく。毛玉が目立つが旅烏にとっては大切な相棒。雪かきの時は
別の厚手の手袋を使い、これは外出用なのだ。この手袋は多分100円
ショップ買ったように記憶しているが、愛着というものは値段じゃない
のだ。気に入った時点でお宝にも?なるのだから。な〜んてね。乾かす
時はヒーターの上に置くのだけれど、直に置くより乾燥度を増す方法が
閃いた。それはトイレットペーパーの芯を半分に切り、それに被せると
熱が中まで通るので一石二鳥。そして洗ったあとの水滴が落ちる心配が
無いのだ。うんいいぞ!このアイディア。自己満足に酔いしれる旅烏が
しばらく振りに訪れたのだ・・・。(^^)  


Posted by 北の旅烏 at 07:26Comments(0)雑記。

2020年03月17日

あっ!

鉢植えの中からキノコが出てきた・・・。

う〜む。部屋の湿度は乾燥気味なのだが。毎日の水やりが原因かもしれ
ない。この鉢に植えているゴッドセフィアーナは適度な水だけでいいと
知っているが毎朝出がけについ水を与えてしまう。このキノコが食用で
あるなら文句なんて言わないのだけれどね。これからは水やりの曜日を
決めて週二回くらいにいたしましょう。ただ身に染み付いた習慣はおい
それと変えれるものじゃない。きっとまた明日になればケロっと忘れて
水を与えているだろうな。だからまたキノコが生えてくる可能性が大だ。
3月も後半戦に入ったけど、昨日は牡丹雪が降りました。まだまだ気を
引き締めていかねばなりません。いつなんどき雪との格闘をせねばなら
ないとも限りませんから。といいつつもう雪はごめんです。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 09:30Comments(0)雑記。

2020年03月09日

惰性。

マンネリ感が漂う情けない旅烏・・・。(^^;)

いかんな、これじゃ...と言いつつ同じことの繰り返しの毎日。どこかで
踏ん切りをつけなきゃいけないのだけれど身に染み付いたルーテーンは
甘い魅惑の心地よさが満載でして。これを変えるにはでんじろう先生の
実験室に出かけて電気ショック?を受けるのがよさそう...な〜んて思う
くらいの体たらく。雪融けが早まる3月。おっそうだ。この手があった。
久しぶりに遠い場所にあるごちゃごちゃ感が半端ない店に行ってみよう
かな。お天気も回復傾向。風も凪いでいる。ただ路面が顔を出した道を
長ぐつで歩くには恥ずかしさがあるかも。否々そんなこと言っていたら
ますます出ずらくなる。目をつむって心を開いて前進あるのみ。きっと
今日来てよかったよと言える何かがあるに違いない。そう思うだけでも
気が前向きになる。うん、これから出かけましょうか。メモに書かれた
あれこれと大好きなトミカコーナーもチラ見し、そしていつもなら手を
出さない車を買っちゃおう?な〜んてね。(甘い性格の旅烏。^^;)

  


Posted by 北の旅烏 at 08:20Comments(2)雑記。

2020年03月05日

厄介。

ため息ついても現実は変わりようがない。ああ〜悶絶&絶句。

雪かきをしなければならないことは重々承知していたが、湿り気が半端
ないこと最上級。おまけにショベルで一気に押せないこの重い雪にイラ
イラしながら悪銭苦闘がしばらく続いた。気温がプラスに上がった日の
雪はまるでコンクリートブロックをショベルで押しているような感じに
思える。やがて嫌気がピークになり、もう嫌じゃと逃げ出したくなった。
でもピンチに登場する代打なんて我が家にいやしない。旅烏はある時は
ピッチャー&野手。そして監督兼コーチ。なんならおにぎりや飲み物を
手渡すお手伝いさん。応援団に励まされながら、なんでもござれと格闘
する重宝なスーパーマンなのだ、な〜んてね。でもこれほど重たい雪に
出会ったらさっさと逃げるに限るのだけど、ここは実直&寡黙になって
耐えるしかないのだ。ああ〜神様仏様。信心がまるでない旅烏にどうか
御慈悲をくりゃれ。くれないのはわかっているけどお願い。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 08:59Comments(0)雑記。

2020年03月04日

愚痴。

目の前にこれがあると、つい手が伸びて口に入れそうになる・・・?

昨日ひな祭りが終わりました。昼過ぎに自宅に戻ったらいつもの居間に
戻っていることでしょう。今日は生憎の曇り空。風が無いのでお出かけ
には最適ですが灰色の空が通せんぼしているみたいに思えて気分がイマ
イチ盛り上がらない。そして背を押す一押しが近ごろ弱くなったみたい。

ところで話は変わりますが・・ウィルス蔓延のニュースが収まる気配が
ありませんね。日本中いや世界中に拡散している新型コロナウィルスの
脅威に不安だらけ。今は極力人混みを避けるべきかもしれない。万が一
にも感染したら自分一人だけでの話では済まなくなります。日本の高い
技術力と知恵をフル稼働させてこれに効くワクチンを一日でも早く完成
させて欲しいものです。否応なく外出する人にとっての人混みは恐怖と
隣り合わせなのですから・・・。
時計が12時を回りました。さて片付けが終わったら、そろそろ自宅に
戻りましょう。気温が高くアスファルトが顔を出しています。  


Posted by 北の旅烏 at 12:17Comments(0)雑記。