さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 妄想劇。

2017年02月08日

頂上?


吹き付ける突風に今にも飛ばされそうだ・・・。

ここは厳寒のロポッサの山頂付近。てっぺんに登っているのは子供の
ように見えるが大丈夫なのか。下方に仲間がいるようでかすかに声が
聞こえてくる。おおっ!な〜んと大胆な、三浦雄一郎ばりにここから
スノボで滑る気らしい。万が一転倒でもしようものなら谷底へと転げ
落ちる。やめるように声をかけるべきか一瞬迷った・・・
な〜んてね。もうおわかりですね。この雪山は某小学校の校庭にある
小高い山なのです。日曜日出かけた帰り道で逆光に照らされた雪山を
写真に収めていた時、偶然にもここで遊ぶ子供が視界に入ってきたの
です。ならばこの写真を使って妄想劇が書けると思ったのもつかの間、
妄想が膨らまない。たはは...。(^^;)
翌日は車でかみさんとお買い物。レジを済ませ出口へ向かっていた時
かみさんがフリージアの花がもう出ているよと。おっ!いいじゃない
買う買う!絶対買うとカートをとめた。いつもならカスミ草も一緒に
買うのだが今回は値段が折り合わず、だけど一輪じゃさみしいからと
つぼみが膨らみかけた元気なフリージアを二本購入。さっそく花瓶に
挿して甘い香りを毎日楽しんでいます。今朝方見るとつぼみが4つに
増えていました。写真のアングルが良くないと見えて、うすら寂しい
絵になってしまいましたが、この他にもまだ花が咲きそうなつぼみが
ありますよ。花があるっていいですね、ほんとに・・・。(^0^)
  


Posted by 北の旅烏 at 08:45Comments(7)趣味。etc...妄想劇。

2017年01月28日

遅延。

ジオラマ作りが進まない。いい加減、飽きたかな。でもここまできて
壊すには惜しい。ぼーっとできない旅烏。だからつい手が伸びちゃう。
机に置いて次の工程を思い浮かべる。でも出てこない。また元あった
棚にしまう。シーン。夕闇が迫る。シーン。また取り出す。(^^;)

この繰り返しを何度したか。と思いついたのが小物類の造作。そうか
その手があったかと目から鱗?満面の笑み。バイク屋さんの入り口に
ゴミ箱を設置。2センチほどのサイズ。厚紙を切って貼るを繰り返す。
フタは開閉できる。中は分別ゴミ用に二分割した。見えもしない事に
こだわる旅烏。なんか細か過ぎますな。このあとライターであぶって
汚れた感じを出す。この時、燃やしちゃいけんぞと細心の注意を払う。
次は地下室を作ろうと入り口を追加。あれれっ!室内に手が伸びない
からといってまた余計なものを。だって細々した作りの方が楽しいし、
アイディアがどんどん湧いてくるんだもん。地下には「借りぐらしの
アリエッティ」が住む世界を夢見ているのさ。補強のために張り巡ら
された天井を支える段ボールの梁が邪魔をするのだけれど、かえって
面白いじゃないかとね。でもこのまま進めていったらバイク屋さんが
消え去って、こっちの方が主流に成りそう。うんにゃこれこそが我流
旅烏の真骨頂。次々と方向が変わる、あっと驚くどんでん返しがたま
らんのよ。地下は別の台紙を用意して、そこに居住空間を仕上げよう。
ああ!早くアリエッティが喜ぶ顔が見たいなぁ〜・・・。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 07:38Comments(2)趣味。妄想劇。

2017年01月14日

展望。

ジオラマ作りからしばらく遠ざかっていた旅烏。雪に閉ざされ出不精に
なる冬が出番なのに。うんうん今からする...とかなんとか言っちゃって
いたくせに。そこで数日前から何を作ろうかと最重要検討会議に入った。
ただし一人だけど・・・。(^^;)

挙手者)議長!トミカの働く車を使ったジオラマ制作を待ち望んでいる
    方々がいますよ。例えば工事現場のダンプカー。クレーン車や
    そして怪我人を運ぶ救急車。あっ!この救急車だけはなるべく
    来ない方がいいですね。大型トレーラーが走る高速道も作りま
    しょう。ビル群も高く大きく、そしてオシャレにして...。
担当者)いやいや〜おっしゃる通り、そうなんだけどね。今まで何度も
    思いつきで始めようとしたんだが、いまひとつノリが悪くてね。
    設計図段階で手が止まってしまうのさ。妄想が広がり始めると
    見境なく、あれも...これも...それもと空想の世界から抜け出せ
    なくなって、考えているだけでお腹が空いて、飽きちゃうんだ。
出前人)お待ちどう!ラーメンお持ちしました〜。
出席者)「・・・だれか頼んだ?出前を」一同ざわめく。
出前人)うん?あっいっけね〜お隣さんだ。失礼いたしやした。(退場)
出席者)つべこべ言い訳を並べないで手を頭を動かしましょう。そうで
    ないと、うれし楽しの春がすぐそこまで来ちゃいますよ。
                  (一同そうだそうだと拍手喝采)
担当者)え〜そこまでおっしゃるのでしたら、今浮かんだ構想をお話し
    いたします。実は隠れ家に置かれたまま埃をかぶって寝ている
    「オートバイ」が4台あるのですが、これを使った『片田舎の
    バイク屋さん』はどうでしょう?部品を分解しゴミにまみれた 
    店先なんていいと思うのだけれど。

出席者)あんたね、バイク屋さんを愚弄するの?ゴミだの田舎だなんて。
    それにそもそもあんたはバイク屋さんの店に行ったことないで
    しょうが。自転車屋さんしか行ったことないあんたにバイク屋
    さんの店がどんなものか分かるの??
担当者)・・・おっしゃる通り詳しくは存じ上げませんが、妄想を膨ら
    ませて・・・否々実際に出かけて店の中を拝見しに行こうかと。
出席者)一同懐疑的な目で見る。そしてムリ無理、あんたにはできっこ
    ないよ...の声が高まる。
担当者)頬をつたう涙をぬぐいながら懇願するようにこう伝えた・・・
   「もうしばらくお時間をいただけたら幸いです。実を申しますと
    土台になるケースは昨夜完成しています。でもこれはトミカの
    働く車の駐車場を作る土台でして。某バイク屋とはちゃいます
    のんや。そやさかい、設計段階から変更となると期日まで間に
    合んのやさかい、ごっつしんどいやんけ...☆@∀?‰$?!」
あれ?都合が悪くなると大阪弁になるのね、何ゆうてんねんあんたはん。
    呆れた。よういわんわ。ちゃちゃっとやりなはれや!まったく。

な〜んてね。妄想劇に転じると止まりません。調べながら書いた大阪弁、
使い方がちゃうかもしれません...のこと。(暇人?浮遊飛来!^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 11:05Comments(3)趣味。妄想劇。

2016年11月03日

幻影。

まだまだ使いこなせていないマックOS-X。写真に文字を入れるための
ソフトを持ち合わせていませんので元々付いていた簡単なそれを使って
いるのですが、どうもぎこちない。ただ細かな操作は出来なくても使い
こなそうと少しづつ試しています。でもやっぱり専用ソフトにはかなう
訳もなく、すでにもう飽き始めていますが・・・。(^^;)

この写真どこで撮ったかお分かりでしょうか。厳寒の北極海。それとも
南極のオーロラ。はたまた夢に出てきた幻影?だったりして。丑三つ時
うなされながら必死の形相でカメラを向けた貴重な一枚かもしれません。
出かけるチャンスを逃しているので手元に残る写真も限られてきました。
苦肉の策?な〜んて言える代物ではないのですが自室のある場所で昨夜
面白そうと撮ってみたのです。イメージを膨らませることで、あること
ないことを書けないかな...と思ってね。妄想劇風に使えればこれからの
展開が膨らんできそうでもあったり。だからこの手のヘンテコの写真が
順次増える可能性がありますのこと。face03
答えは録画用のHDのライトを接写した光。ベッドで横になっていると
スイッチが入っているのか見づらくてね。これを置く下の木板を斜めに
加工しアルミ箔を貼ったのです。こうすることで録画している時に反射
する光がチカチカと見えるのです。ただ結構強めの明るさなので、こち
らを気にし出すと煩わしくなることもあります。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 10:52Comments(0)妄想劇。

2016年09月26日

凝視。

散策路を歩いていると、シラカバの幹にこちらをじっと見ている目に
出くわすことがある。笑っている目。睨んでいる目。眠たそうな目や
仏様のような物静かな目など。想像をたくましくするほどに話し声が
聞こえてくるようだ・・・。

ねぇ〜お兄さんったら。どちらまで行かれるの?ちょっと寄って行か
ない、今日限定の飲み放題があるのよ。おまけに色目であんたの心を
わしづかみしちゃうんだから。楽しいわよ。ほんとだから。うふふっ。

「するとその隣の木が眉間にしわを寄せ、ぼそっと耳打ちしてきた」

行かんほうが身のためだよ。ここでボッタクリが頻発しているという
噂が絶えないのさ。泣きを見るのは必定でね。息巻くお客に対しては
怖いお兄さんが登場するらしい。ほら隣の大木がそいつさ。腕に彫ら
れた桜吹雪の刺青を見せて、恐喝まがいでさらに金を巻き上げるんだ。

「すると色っぽくにこやかだった目が怒りに震えて言い放った・・・」

な〜に言ってるんだか、このおっさん。そんな訳ないじゃん。あんた
見たことあるのその現場。商売の邪魔ばかりしやがって。明朗会計と
評判なんだからうちの店は。そんなこと言うなら証拠を見せなさいよ。
さもなければ長老の柳の木に訴えてやるから絶対に。ぷんぷん。
ねぇ〜今日だけの特典もつけちゃうわよ。例えば獲れたて新鮮?鯉の
姿焼き。さらにウグイの煮付けやドジョウの刺身 ...うん?ドジョウが
この川にいたかしらん。いなけりゃ別の川で捕ってくるからさ。まっ
どうでもいいけど。それと帰りには、甘いキスマークもほっぺに付け
ちゃうわよ。大サービスでしょ。うっふ〜ん。

「お兄さん、早く行っちゃいな。なにされるかわからんぞ」

ああ!行かないで〜。待っておくんなまし。このお兄さんがわたしを
袖にしたって空に向かって大声で叫んで泣いちゃうわよ。うえぇ〜ん。

こうして難を逃れた旅人は、本来の目的である某スーパーへと向かい
お買い物を済ませましたとさ。お終い。な〜んちゃって。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 07:18Comments(6)徒歩散歩。妄想劇。

2016年09月06日

空港。

電話が鳴った。受話器から聞こえる内容に対応がおぼつかない・・・。

その一時間後か、私は車中の人となった。列車に乗るのは母の葬儀で
乗った一年前。車窓から見える風景は曇天の空と相まって、気持ちを
暗くするばかり。おまけに千歳空港へ向かうのは何十年振りかの遠い
過去の話。果たして無事に降り立つことができるのか...と不安が押し
寄せてくる。ほどなくして到着と、アナウンスが聞こえてきた。さあ
気を引き締めて一歩を踏み出さねばならない・・・。face07

列車を降り地上に出ると搭乗口が見えてきた。平日ということもあり
想像していた混雑振りはなかったが、それでも大きな荷物を手にした
人が右往左往していて心臓の鼓動が嫌が応にも高まる。落ち着け旅烏。
告げられたカウンターは一番奥。かなりの距離があった。でもここは
行かねばならない。人ごみを避けながら足早に歩を進める。ようやく
たどり着き、案内係りにここに来た説明をする相方。しばらくお待ち
くださいと奥へと消えた係りの女性。でもねいくら待ってもなかなか
出てこない。さすがに焦れてきた旅烏...と戻って来るなり窓口にある
引き出しの中から目的のものを取り出し、差し出すではないか。おい
おい!確認すべき引き継ぎが出来ていないじゃないかバカめ。旅烏の
眉間のシワが思いっきり険しくなったのである。でもとりあえず無事
荷物を受け取ることができた・・・。face02

実は受け取った相方はなにを隠そう、私のかみさんなのである。東京
から戻った到着ロビーでの荷物検査で思いのほか時間がかかったとの
こと。そして受け取らねばならない一つのショルダーバッグをあろう
ことか忘れたというのだ。ことの顛末はこれだったのである。ひとり
では不安があるだろうから補佐役として私も同行と相成った。この後
初めて見る空港内を散策。こちらとしてはワクワク気分?満載であれ
これ写真に収めた。やがて疲れも出始め早々に帰路に着いた次第。
ただ真面目に書いたら面白味が?ないと、ところどころ誇張しながら
妄想劇の世界へと引きづり込んで書いてみました。なははの、だはは。
いつもの旅烏の悪い癖、なんのこっちゃ〜ですな。(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 09:50Comments(3)etc...妄想劇。

2016年03月04日

番人。

あのハムスターは現在、金庫の守り番を仰せつかっています・・・。

金庫といってもコインと何かに使うかもねのお札が数枚程度。ピザの
宅配を頼んだ時に取り出すくらいで普段は眠ったまま...と言いたいの
ですが、時々ここから旅烏が借りることがあってね。缶に貼り付けた
メモ紙に借りた日付と返す予定日を書くことにしています。暮れから
お正月にかけて銀行へ行くのが面倒くさいと一枚、また一枚と借りて
いたものですから気づいた時にはウップス万円に。だからこのハムと
目が合うとじっと睨みつけるのですね・・・。
『旅烏さん、いつ返すの?』とでも言いたげでして。
よく見てごらん。毎月返しているんだよ。偉いでしょう。後生だから
利子なんてみみっちいことしないよね、ハムくんなら。あれっ?押し
黙っちゃった。ひょっとして付けたいんとちゃうの?それだけは勘弁
してね。時々だけど頭の上に溜まったホコリをきれいに取ってあげて
るでしょう旅烏は。落ちたら元に戻してあげてるし。間違っても踏ん
づけたりしてないよ絶対に。君はと〜ってもかわいくて大好きなんだ。
返済が終わるのが多分5月ころ。それまで借りないと決めているんだ。
・・・でも寒くて雪が降り止まない日なら、またここに手が行きそう。
早く春が来てくれたら、銀行へ歩いて行って下ろすことができるんだ
けど...と勝手な言い分を明後日の方角につぶやく旅烏なのでした。face03
  


Posted by 北の旅烏 at 10:56Comments(0)etc...妄想劇。

2016年03月02日

肘当。

スヌーピーちゃん、今夜も凹ませてごめんごめん・・・。
そういっちゃ〜なんだけど、お詫びのしるしにエビ味スナックをあげる
からね。これって昭和時代に売られていたお菓子のようで懐かしい味が
するんだよ。旅烏の子供の頃は、お菓子といえば「かりんとう」が中心
だった気がするな。もっと幼いときは『くず湯』といって、でんぷんを
お湯で湯がいて作ったものがあったんだ。これにたっぷりの砂糖を入れ
れば美味しいおやつの出来上がりなのさ。冬の寒い夜に石炭ストーブの
前で整列して早く早くとせがんでいたものさ。face02
旅烏がテレビを観るとき用に作った肘当ては、使うと凹んだままで元に
もどらない。そんなある日、ひょんなことから物置の奥に置かれた君を
見つけ、確かかみさんの所有物だった筈...と聞いてみたんだ・・・
「これ使ってもいい?」と。
そしたら二つ返事で快諾返答。そんでもってここに長期滞在。毎夜肘当。
凹多々。「ごめんね」でも今じゃ〜なくてはならない頼もしい相棒くん
なんだ君は。昨年からの左腕の筋肉痛は多分この姿勢でテレビを見続け
ていることで、血液の循環が悪くなっているからかもしれない。でもさ
マクラを高くして観ていると、うっかりタバコをくわえたまま寝入って
しまうと大変でね。肘をつけて半分起きた状態なら危険回避?ができる
のさ。うん?またまた言われそう。『禁煙せよ』な〜んてね。う〜ん...
考えておくね・・・。嘘くさいかも。face03  


Posted by 北の旅烏 at 08:45Comments(2)妄想劇。

2016年02月04日

緊急。

ピーガガガ...緊急指令発令......場所はテレビで人気を博した湾岸警察
近辺。消防隊員はただちに出動せよ。ピーガガガ・・・
青島刑事(織田裕二)から緊急に出動要請が入ったらしい。彼が言う
には、隣の石油備蓄タンクに時限爆弾が仕掛けられていて、その内の
一つが破裂したと言っていた。これはマズイことになった。現場付近
には秘密の(公安部署?)建物がある筈。さらに燃え広がると国家を
揺るがす事態になることも考えられる。いいか隊員。この異常事態を
なんとしても消さねばならない。肝に銘じて事にあたってくれ・・・。

はい!わかりました。行くぞみんな。おう!ダダダッ...おいそこの君、
消火剤を多めに入れろ。ガラガラ...(トビラが開く音)ウウウゥ〜ッ。
ウゥ〜ウーウ〜。ピーポォ〜ピーポー。前を行く車両、緊急事態です。
道路の端に寄って停車してください・・・おっあれはなんだ!(驚愕)
今まで見た事がない火柱が上がっている。こりゃ〜えらい事になった。
・・・隊員一同無言で(身震い多々)指差した方角を凝視。ひょっと
したら遺書なるものを書いた方がとある隊員がつぶやいた。何言って
るんだバカかお前たち。最前線の俺たちがビビってやらんでどうする。
いままでの厳しい訓練をここで出さんでどうする...。はい!わかりま
した。申し訳ありませんでした。(いつものキリリッ顔にもどる)
消防203から指令室へ。いま現場に到着。これから消火作業に取り
掛かります。了解203。他からも応援に向かわせている。怪我せず
焦らず取り掛かるように・・・

おい!あれは誰だ?一人でヤグラに登りバケツで水をまいている奴は。
おいおい、あの男は青島刑事じゃないか。まさか嘘だろう...(絶句)

そこにいたのは、まぎれもなく青島刑事。こちらに笑顔で愛嬌を振り
まきながら手を振っているのでした。な〜んちゃってね。漆黒の深夜、
出動する消防車を見ていたら、こんなシーンが浮かんできたのね。face03  


Posted by 北の旅烏 at 11:14Comments(4)趣味。妄想劇。

2016年01月27日

雑記。

無いの写真が。だから以前の写真を載せるしかないのね。ああ!絶句。
今朝降った新雪を後回しにして隠れ家へ直行。このところ不甲斐ない
出不精が当たり前になりつつあり、そうだ!北大へ行ってみようかな
...な〜んて思うだけで、本音は嫌じゃと呟きつつ朝を迎える旅烏。face03

棚に置かれている鉄人28号。粉な石鹸で洗って、きれいにしてから
写真に撮りました。自作の棚もホコリやタバコのヤニで色あせていま
すが、これはこれではるか遠き青春時代?否々中年後期を感じさせて
心が和む...いや、凹むが当たってるね。(^^;)あの頃からこれが
欲しくてね、チョコエッグの新作が出るたびに行けば必ず数個買って
いました。砕いたチョコはひとまず冷蔵庫に入れ後で娘やかみさんに
おすそ分けして食べてもらいました。だからもう買うのはヤメて〜と
言われても棚にはどんどんキャラが溜まる一方でして。やがて飽きて
くるとこれらに細工をしたりして(ろうそくであぶっては汚れを付け
たり...)いっときの喜び感に浸っていました。現在は箱に入れて保管
しています。出番があるのかは分かりませんがきっとジオラマ作りに
登場させるかもしれません・・・。
いろんなロケットも集めていましたね。これらも出番はあるのかな?
そうだ!はるか彼方に点在する星へと夢を膨らませれば時空を超えた
宇宙ジオラマを展開させるってのも有りかもしれない。だけどこれを
どう使えばお子ちゃま気分から抜け出せるのだろうか。空想の世界も
リアリティーがなければつまらないし。戦場を再現しようとして無理
やり戦車を焦がしたことがあったけど、今はそのまま放置しています。
でも夢は正夢?なんてね。新たなジオラマを考えましょうか。face02
  


Posted by 北の旅烏 at 12:17Comments(0)趣味。etc...妄想劇。