さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年04月27日

独食。

りんごの若葉が順調に育っています。ただそのスピードが余りに遅く
日々の水やりを怠りそうになってしまいますが・・・。(^^;)

背丈は30センチに達したかどうか...てな感じ。種を蒔いて葉が伸び
出してから1年以上経ちます。春の陽射しを目一杯受けていても隣の
柚子の木のスピードには追いつきませんのこと。柚子の木は、二度の
剪定をして上へ伸びるのを止めようとしましたが、めげずにどんどん
伸びるばかり。これでは数年後には天井に届いちゃうかもしれません。
きっと鉢の中は根の行き場所がもう無いはず。毎日水を与える旅烏に
反抗するばかりで言うことを聞かない、やんちゃ坊主の柚子の木なの
です。ただ外に植え替えたくてもその場所がござらんしね。face03
そうそう、今日カミさんと娘が帰ってきます。ここ3日間夕食献立に
頭を悩ませていましたが、それも終わります。スケジュールメモには
コンビニの弁当、そしてご飯を炊いてレトルトカレー。お次はそばを
茹でて...等々を書き連ねていましたが終わってみたら例のトマト味の
それだけで通してしまいました。(^^;)作る意欲が...というより
食べたいにならなかったことが一因かな。昨夜も残ってしまったので
鍋ごと冷蔵庫に入れています。下の写真は昨夜のそれ。改めて見ても
なんとも切な過ぎ。お恥ずかしい限りです。たはは・・・。face03
  


Posted by 北の旅烏 at 07:34Comments(4)etc...

2017年04月26日

夕食。

できることといえばペンネくらい。いま食べたい!ではないところが
チト厳しいのですが・・・(昨夕のお話。^^;)

いつものように冷蔵庫内を物色。期限切れ間近の鶏肉と豚のこま切れ、
そして白菜が無いのでキャベツを取り出し、ざく切りにする。玉ねぎ、
にんじんを細かく切り、オリーブオイルで炒め始めた。それにしても
肉がやけに多い。いつも使う小型の鍋ではあふれるかも...とやや大き
めの鍋にする。ただ困ったことに作っている段階からお腹が満たされ
始めた。ならば今回はトマト味のおかずといたしましょうか。足りな
ければ食パン一枚で充分である。
いつもの夕食時間に食べ始めたが、まだ明るい窓外に違和感を覚える。
さらに食卓の殺風景さに、お一人様の寂しさがひしひしと襲ってきた。
そこで昨日の残り「サバ缶」を取り出しテーブルに置き食べ始めるが
洗うのが面倒だとお皿に出さなかったものだから、ますます貧相さが
押し寄せ食欲が減退していくのであった。
なんだかな〜とつぶやきながら、大量に余ったこれを小さな鍋に移し
替え冷蔵庫に保管した。今日の夕食時に「これ食べたい!」になると
いいのだけれど。なるかな〜。ならないなら冷凍しちゃおうかしらん。
それともご飯を炊いて、一気に食らいつく「ぶっかけ丼」にいたしま
しょうか。今日が最後のお一人さま夕食なんだからと、気合を込めて
残さず食べてやるのだ。うんうん。そうしましょう?(^^;)  


Posted by 北の旅烏 at 07:19Comments(0)etc...

2017年04月23日

元気。

クリムゾンクローバーの葉っぱが大きくなってきましたよ。(^^)

毎日これを見るたびに元気をもらっています。昨日種が袋に残っていた
ことに気づき、全部土に返すことにしました。居間に来るたび霧吹きで
湿り気を与えています。植えてから数日で発芽したクローバー。小さな
説明書には赤い花をつけた写真が出ていますが私の場合、花が咲くこと
より緑の葉っぱが増えてくれれば御の字なのです。
ここ最近気温が低下中ですね。季節の後戻りが続くと身も心も不安定に
します。自室の暖房は一週間前に止めました。ただ換気のため窓を少し
開けていますので、セーターを着込まなければ寒くて仕方がありません。
だからといって一度ブレーカを落とした暖房を点けると冬に逆戻り感が
します。ここは耐えるしかありませんのこと。早く最低気温が二桁台に
上がることを願うばかりです。(^^;)
これから隠れ家の石油ストーブの梱包をしようと思っています。自室と
違って窓を開けていませんのでそれほど寒く感じません。青空が広がり
太陽が顔を出すと心も開放されます。早くその日が来て欲しいものです。  


Posted by 北の旅烏 at 08:04Comments(2)etc...

2017年04月12日

決断。

外は雨。風も強い。ううっ!寒い。ならばと早めの昼食、いや朝食を
兼ねてカップそばを食べることにした。お腹の中から温めなくちゃ〜。

嫌になりますね近頃のお天気。道内では看板が飛ばされたり、屋根が
吹き飛んだりと強風の被害が出たところも多々あります。ここ札幌は
それ程の被害はないものの、早朝ならパソコンを打つ指先がしびれて
きますから。隠れ家に出ても石油ストーブは先週から点けていません
...うん?一度だけ点けたかもしれません。でもその時は小一時間弱で
消しました。だってまるで冬が来たような感じで気が滅入ったのです。
我慢できなくなるとストレッチ...ほどではありませんが体を動かして
固まった筋肉を解きほぐしています。
今朝のカップソバは付いている天婦羅以外にポークソーセージ3本と
そしてお餅を入れて腹持ちをよくします。お餅を入れると食べた感が
半端ないのですね。いつも入れるソーセージは2本と決めていますが
この日は袋に3本あったので、ご褒美なのだと言い訳しながら丸ごと
入れることに。(なんのご褒美か、わからんけどいいのだ。^^;)
う〜ん温まる。お腹があっという間に満足至極と喜んでいます。旨し
偉大なり〜のお餅ちゃん。奮発して入れたソーセージを持て余すほど
なのだ。窓外から見える電線は、相変わらず上下左右に揺れています。
窓ガラスに滴る雨。予報では気温の低下と共に雪になると言ってます。
今は4月。冬の再来なんて嫌じゃ。お願いだから厚い雲を取っ払って
太陽さんが出ますように。お・ね・が・い・よ。face03  


Posted by 北の旅烏 at 10:13Comments(0)etc...

2017年04月08日

強風。

このおもちゃは農試公園内にある「トンカチ広場」横で売られていた
もの。これに色付けしようと考えてからなかなか手が出ず置き去りに
されていた。いつ頃だったか、暇を持て余しアクリ絵の具で塗ったは
いいものの、出来上がりの展望が見えず1度だけで放ったらかし状態。
桜が咲くお出かけ季節になるまで撮る写真が無く、お恥ずかしいので
すがここに登場させた次第でございます。(^^;)

カバさんは水中から見た景色。サイくんはアフリカの草原をイメージ
してみたのですが、頭で想像してもリアル感が今ひとつ出てきません。
やっぱり無理して載せない方がよかったようです。たはは・・。
今朝は強い南風が吹き荒れています。天気予報では風速が一日中10
メートルを超えるとか出ています。キャップを抑える手が自然と力が
入るくらい強いのです。窓外の電線の揺れが半端なく、外出は控えた
ほうがよさそうですね。過去に自転車逃避行で遠出した時の半端ない
向かい風が蘇ってきます。ペダルを漕いでも嬉々として進まない辛さ。
ああ!出かけるんじゃなかったと後悔しても後の祭り。これが追い風
ならどんなに良いかと空に向かって嘆き節が炸裂しましたから。でも
頑張らなくては家にたどり着けません。降りてはまた乗る苦行の時間。
やがて体力の限界が近づきつつあった先に見えた橋。遮るものがない
橋の上はさらに加速がついた風の洗礼を受けます。案の定体が左右に
揺られ危ないこと半端がありません。やもうえず自転車を降りて屈む
ように橋を渡ったものです。自転車で出かける時は向かい風に逆らい、
帰路の追い風期待が最高のご馳走。そう思いつつ出かけても、いつの
間にか風向きが変わることもよくありました。そんな時自分の行いの
悪さを呪ったものです。(^^;)
果たして今年は自転車に乗れるのだろうか。期待しつつも不安が入り
混じった混沌の4月...な〜んちゃって。まっここはゆるゆると走るの
なら問題ないかと思っています。遠出だけを目的にしなければもっと
楽しめるお出かけがある筈だと、そう考えるようにいたしましょうか。  


Posted by 北の旅烏 at 07:31Comments(2)etc...

2017年04月01日

融雪。

陽射しの強さが増してきて部屋の温度が夏日まで上がるとカーテンを
閉じて照明を点ける今日この頃。ただ窓を開けるには風がまだ冷たく
躊躇してしまいます。隣家の屋根からポタポタ落ちるしずくの勢いが
激しくなる昼下がりなどは、毎年思う長かった冬の終焉を実感します。
市街地を流れる川の南斜面ももう雪が消え枯れた雑草の中からふきの
とうが顔を出し始めました。

今日から4月。日陰に残った雪も日毎に融けて地面が顔を出すことで
しょう。月日の流れの早いことといったらないですね。昨日で一年の
四分の一がもう消えてしまいました。早く夏休みが来ないかなと思い
あぐねていた小学生に戻りたい。そんな気持ちが歳とともに膨らんで
際限がないのです。時間の無駄遣いの証拠でもありますが、こんな筈
じゃなかったと後悔しても時間は戻ってくれませんものね。face03
はてさて、じゃ〜どうするんだ旅烏...と自分に問いかけてもこれだと
言える名回答がある訳でもなし。できる限り体を動かし頭をフル回転
させて苦難を乗り切る強い体力を持つことと。ああ!こればっかりは、
ムリなんだい!うん?無理難題と書かなきゃいけませんでした。いや
どちらも当たっているか。お恥ずかしい限りです・・・。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 10:10Comments(4)etc...想う。

2017年03月30日

無し。

今年の出番はもう無さそうだ・・・。

買い物に行った先で手袋を忘れたことに気づき、お店で適当に選んで
買ったこの手袋。帰路に着いた時に使っただけで、お蔵入りの運命に
なりそうである。それまで使っていた赤い手袋が先日ほつれてしまい
廃棄処分にした。さぁいよいよ出番かと所定の場所にぶら下げてみた
ものの、雪融けが進み暖かくなった昨今素手でも問題なし。あれま!
である。それまで何度か使おうとしたが赤く色付けされた滑り止めの
使い心地がしっくりこなかった。重たい荷物を持ち替えようとしても
手から離れず、頑固一徹を貫き通すのである。ちょっとくらい滑った
方が着け心地がいいのにね。だから出番がなくなり、欲しくて買った
訳ではないよと言われ続けたこの薄幸な?黒い手袋。果たして出番が
くる日があるのだろうか・・・。
無理やり探すと一つだけあった。春先のまだ風が冷たい時期に自転車
逃避行に出かけた時などはハンドルを握る手が滑らない利点を目一杯
生かすことができる。そして指先が冷たくならずに快適走行が可能だ。
ただ大きな問題を抱えている。ペダルを漕いだ時、果たして両ひざに
負担がかからないのかと不安がよぎるのだ。遠方は無理でも海を見に
行くだけならなんとか出来そうにも思えるが、こればっかりは何とも
言えない。う〜む・・・。

4月を前にし、いつもなら旅烏2号の最終チェックをしている頃でも
あるが今年はそれをしていない。歯がゆさが重石となり失望感が増え
続けているのである。ああ!とほほ...。でもここで負けていては男が
すたる...ですね。次回の診察日は5月。その時に主治医に聞いてみま
しょうか恐る恐るでいいから。ダメ!と言わないでね。後生だからさ。
・・・・・・お・ね・が・い・よ。face03
ひざの具合は最近すこぶる調子が良い。階段の上り下りの時も痛みが
なくなりつつあります。このまま元気だった一年前に戻って欲しいと
願うばかりです。神様仏様。信心なき?旅烏を今回に限り救いたまえ。
あらあらかしこ。な〜んちゃって。(^^;)
  


Posted by 北の旅烏 at 08:04Comments(0)etc...

2017年03月26日

長短。

キーボードのほこり対策にラップで覆うことを始めて随分時が過ぎた。

私の使うパソコンの機種が古くなった性もあり市販のそれはもう売ら
れていない。ならば代案がないかとあれこれ調べ、この方法にたどり
着いた。ラップは安価で交換に手間がかからず、とても重宝している。
ただ耐久性は期待できない。頻繁に打つ箇所が数週間も経てば磨耗し
破けてくるのだ。交換が面倒臭い時にはセロテープを貼ってしのいで
いるが、それもやがてみすぼらしくなってくると新しいラップを巻く。
延々続くこの繰り返し。他に良い案があればそれにするが今のところ
見当たらない。パソコンの機種変更はハードディスクだけ。今使って
いるHDはOS X Yosemite。以前のパソコンは基盤に傷をつけ廃棄
処分にした。残るは付随する周辺機器なのだが、これがバカでかくて
捨てるに捨てられない。レーザープリンタや、ディスク本体。そして
難儀な22型ブラウン管モニター。旧プリンタがないところをみると
廃棄したようだ。もう忘れるくらい昔になりつつある。
機器がニューバージョンになると否応なく新しいそれに交換せざろう
得ない。動作が格段に速くなり、新しいアプリが使える利点があるの
だけれど、まだ現役で充分使えるそれが無用になるのは腑に落ちない。
でも一般ユーザーは嫌でも従うしかないのだ。ただね、利便性だけを
追求するのは如何なものかと常々そう思っている。メーカー側は保守
点検の義務はもう無いの...と明後日の方角を見るばかり。利潤を求め
ざろう得ないのは分かっていてもこの悔しさをぶつける手立てが無い
ことに苛立ちさえ感じてしまう。消費社会がますます進み使い捨ての
時代に突入している現代。果たしてこれが地球に優しいと言えるのか、
はなはだ首をひねるばかりなのですね。(愚痴のつぶやき多々^^;)

  


Posted by 北の旅烏 at 07:18Comments(2)etc...

2017年03月24日

ヤダ!

4月を目の前にして、もう雪かきなんて絶対ヤダ。ヤァ〜ダ〜ッ!face12

不安を押し殺し窓のカーテンを開ける。ウップス!なんだこの雪量は。
隣の車が雪に埋もれて真っ白け。その厚さたるや20センチをゆうに
超えていそうだ。朝刊を読むも心が滅入って記事が頭に入ってこない。
どうする旅烏。重い心と重い雪。ここは雪かきを先に済ませて、気を
楽にするのが得策ではないか。嫌な事は先伸ばしにせず片付けようと
外に出た...が思った通り水を含んで重そうな雪。ショベルを入れても
動かん。嗚呼この野郎。とりあえず雪山を作って融けることを願った。
体力が底をついたと言うより、頼りの気力が空っぽ。信心が無い旅烏
だからか、昨夜の神頼みは通じなかった。お赤飯も置かなかったしね。

隠れ家の階段周りも雪に埋もれ、ジャンプ台のスロープ状態。とりあ
えず長靴で雪を蹴飛ばし荷物を部屋に置く。そして小型のショベルで
階段の雪を退けて終了したが、また雪が降り出す始末。悪態どころか
遠吠えも出やしないのだ。プラス気温で雪融けが進んで、気が緩んだ
しっぺ返しの大量の雪。本当にこれが最後の除雪作業であって欲しい。
自宅の玄関に出したばかりのスニーカーは邪魔にならない場所へ移動
させた。来年まで出番が無いと思われた長靴くんだけが鼻息を荒くし、
頬を紅潮させている。そんなにテンション上げないでねお願いよ。face03
  


Posted by 北の旅烏 at 07:15Comments(6)etc...

2017年03月23日

失意。

降雪予報が当たる。窓外の雪まみれに...落胆失意。冬季到来。嗚呼!

やはり侮れない3月。これが2月なら諦めもつくが、もうすぐ4月に
入ろうというのにね。きっと重たいだろうな、この雪野郎めが...。face03
ふざけるのもいい加減にせい!などと悪態三昧。このまま見なかった
ことにして出かけようかなと思ったが、そうもいかずしぶしぶ雪かき
ショベルを手に外に出た。ほとんどが水じゃないか今朝のお雪さんは。
一度で退けれない重さが手に腰に伝わってくる。雪を押すのをやめて
切り分けて運ぶ。背を低くした雪山がまた、その標高を高くし始めた。
どんより暗い灰色の雲が立ち込め、雪が止んだり降ったりを繰り返す。
今冬の降雪量は思いの外少なかったのにね。ここにきて帳尻合わせを
する雪の神様。ああ!おねげ〜ですだ。堪忍してけろ。先日美味しく
食べたお赤飯が残っていたらお供えしたんだけれど、一粒残らず食べ
ちゃったし。お米に絵の具で桃色に染めて...否々ますます怒り心頭に
なって降り続くかも。ここはおとなしく様子見がよろしいようですな。  


Posted by 北の旅烏 at 07:07Comments(0)etc...