さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

ログインヘルプ


 › 北の旅烏のひとりごと。 › 郷愁。 › 追憶。 › 好き。

2020年07月16日

好き。

スーパーのチラシに値段が安いバナナがあるとつい手が伸びる旅烏。
好き。
今でも思い出すのは子供の頃、熱を出して寝込んでいた時に母が買って
きてくれたバナナ。甘い香りが食感を通して身体中に染み渡るのを感じ
ながら一気に食べていた。この時ばかりは私には2本食べる権利があり、
熱を出すのもまんざらじゃないと笑顔になっていたように思う。
小学一年生の三学期の頃だったか、街中の木造の家から真新しい官舎に
引っ越して緊張しながら新しい学校へ通うことになる。学校が豊平川が
すぐ側にあり、放課後は川遊びに夢中になっていた。そして石に興味を
覚えたのもこの頃だ。きれいな石を拾い集めては家に持ち帰ると宝物と
して優越感に浸っていた。ある時石を割っていると葉っぱの模様が出て
きた。そうかこれが化石というものなのかと有頂天になった。それ以来
きれいな石だけじゃ飽き足らず、化石探しに夢中になった。だけど見つ
けたのはこれ一つだけ。まちがっても恐竜の化石など見つかる訳がない。
やがて飽きて川へ行く機会が少なくなった。自転車逃避行をしている時
川辺りで休んでいるとふと思い出す幼き頃の記憶。当時を思い出しては
クスッと笑う旅烏がいるのです・・・。(^^;)


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(郷愁。)の記事画像
故郷。
気配。
昭和。
綿埃。
同じカテゴリー(郷愁。)の記事
 故郷。 (2019-12-27 08:19)
 気配。 (2017-08-30 08:56)
 昭和。 (2017-06-10 10:09)
 綿埃。 (2017-05-25 07:30)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
好き。
    コメント(0)