さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

ログインヘルプ


2016年05月16日

回想。

さて、癒し空間の中島公園から雑踏の中へ出ましょうか。  (最終章)

逃避行の帰り道、サイクリングロードや堤防から出る時決まって感じる
気だるさが押し寄せてきます。そして車道を走る緊張感と、車道わきの
小砂利を踏む振動が続くとパンクの心配が頭を持ち上げてくるのですね。
堤防の未舗装よりも都会の中の雑多な破片の方が要注意。なん度これに
泣いたかしれませんから。こればっかりは毎年変わることがないのです。
回想。
愚痴っても帰れませんね。のどかな新緑の木々を見て気持ちを入れ替え
ましょうか。このまま北上するのは面白くないと、行啓通へ入りました。
小中学校へ通っていた頃の懐かしい佇まいが今でも残っています。ただ
あらかたはビル群に変貌し、記憶の糸がからまりそう。(^^;)
回想。
石山通りに出る前に狭い道を進みます。南5条の生まれた場所まで来た
とき、さらに混乱してしまいました。工事中で道がふさがれていた性も
あったのですが、記憶の風景がさらに変わっていたのです。何度もぐる
ぐる回り道を繰り返す旅烏。でも行きあたらない。諦めようと違う道に
出たときでした。うん?これって小さい頃よく見たことがあったような
建物が目に入りましたよ。昭和真っ只中の木造家屋ですね、これ。今は
誰も住んでいないようです。この外観はうっすらと見覚えがある。何か
売っていたお店だったと。この近くにはミトキ会館なる映画館があった。
火事で焼失したが、その時は私はまだ小学校に上がる前。火の粉が家の
近くまで飛んできた記憶がある。石炭ストーブ全盛時代。純白の新雪が
翌日にはすすけて灰色になっていたな。今の某国となにやら似ています。
やがて石油ストーブに替わり、そして路面を削るスパイクタイヤが禁止
となって今のスタッドレスタイヤが生まれたのも健康被害のこのことが
あったから。マスク姿のサラリーマンをよく見たものです、この頃は。
回想。
時間がとうに過ぎている。この後石山通りに出ることにします。目的の
某スーパーへ行ってのお買い物が待っていますから。店内に入ると相変
わらずの混雑ぶり。あれこれ見繕うのをヤメて目的のものをカゴに入れ
即レジへ。この後は新川散策路に咲く八重桜をチラ見しながらご帰還と
相成りました・・・。face02
回想。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(自転車の旅。)の記事画像
思考。
花々。
帰路。
灯台。
海辺。
巡る。
同じカテゴリー(自転車の旅。)の記事
 思考。 (2016-05-26 08:02)
 花々。 (2016-05-25 08:24)
 帰路。 (2016-05-24 06:53)
 灯台。 (2016-05-23 07:25)
 海辺。 (2016-05-22 07:48)
 巡る。 (2016-05-15 07:31)

この記事へのコメント
今日は。
想い出がよみがえるようですね~~~
古き良き時代です。

お天気が悪くて、少し憂鬱ですよ。
明日からは、晴れの日が続くようです。
さて、何処へお出かけしますか??
Posted by 顔回 at 2016年05月16日 16:26
札幌の再開発は凄まじく、東京のように古い街並みを残さず
買収しきれなかった家一軒を残して周りが新しくなるような感じで
異様な雰囲気を感じるところも多い感じがします。
でも、所々に面白そうな古いお店なんかもあり
そんなところを巡ってみたい願望もあります(^_^;)
Posted by cooly85 at 2016年05月17日 06:27
☆おはよう、顔回さん。(^^)
昨日も大荒れの強風が吹き荒れましたね。街路樹が倒れて道を塞ぐ
騒ぎがあったり。近年の極端な天候不順は、将来の不安を一層掻き
立てられます。山鼻通りや行啓通り、そして石山通りと子供時代を
懐かしく想い出す名前です。当時の記憶の引き出しが消えかかって
いますが、懐かしさの残る建物に出会うと瞬時に記憶が蘇ることが
ありますね・・・。(^^)
Posted by 北の旅烏北の旅烏 at 2016年05月17日 06:32
☆おはよう、cooly85さん。(^^)
生まれた場所が故郷と呼ぶには似つかわしくないビル群に囲まれて
しまうと、もう別世界の感があります。その中に当時の木造家屋が
まだ残っていると懐かしさが生まれます。でも時代とともに昭和の
面影がさらに消えていくことでしょうね。残念ではありますが致し
方ない面もあったりして。(^^;)
札幌の市電通りを自転車でぐるりと回るのも面白いかもしれません。
今度実行してみようかと考えています。新しい発見があるかもしれ
ませんから・・・。(^^)
Posted by 北の旅烏北の旅烏 at 2016年05月17日 06:47
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
回想。
    コメント(4)